還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 27日

台湾バードウォッチング旅行(7)

台湾の蝶
台湾旅行の最終ページは「蝶編」になる
もともと参加したツアーはバードウォッチングツアーで、鳥見を目的としたものであるが、過去の経験から海外でも鳥の多いフィールドには蝶が多く、良い写真が撮れることが多いと認識している
30年前にビジネスで台湾を訪問した時に、台北の街で初めて「ツマベニチョウ」を見て感動した記憶がある(当時は沖縄へも行ったことがなかったので南の蝶は未経験だった)
リタイア後に沖縄や石垣・西表などを訪問し、南国の蝶の豊富さを実感してきた
今回の旅行は5月であり、台湾の山へ入ればたくさんの珍しい蝶に逢えるだろうと大きな期待を抱きながら出発したものである
結果を見ると、意外に蝶との接点が少なく、若干の期待外れがあったが、それでも初めての種に出会い、写真も撮ることができた
よく考えてみると鳥の主な活動時間は早朝と夕方で、蝶の活動時間と微妙に異なる(BW旅行では蝶が活動する日中の暑い時間は移動に充てられることが多いようだ)
そんな悪条件の中では、成果があったほうと思って写真をご覧いただきたい

ルリモンアゲハ
手元に中国語の「台湾蝶図鑑」があるが、和名は載っていない
漢字名は「瑠璃紋鳳蝶」である ルリモンアゲハという訳は100%間違いないと思う
日本にはいない蝶だが、たしかマレーシアで見かけている
b0144049_1641115.jpg

ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハは東南アジアに広く分布する蝶で台湾では「大鳳蝶」という
日本にいるものと同一種だ
b0144049_16482238.jpg

モンキアゲハ
こちらも日本と共通種 台湾の蝶は日本と共通のものも多い 東南アジア全般にいる蝶だが、不思議なことに日本の八重山諸島では見かけない
b0144049_16545338.jpg

ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハも日本のものと同じで普通に見られた 拡大した飛翔写真できれいなものではないが参考までに掲載する
b0144049_18115517.jpg

タイワンモンシロチョウ
日本で普通のモンシロチョウはどちらかというと北方系の蝶で以前は沖縄にもいなかった
少しずつ南へ生息域をひろげ、今では台湾でも見られるようになった
スジグロ系のシロチョウもいないので、もともとはタイワンモンシロチョウの天下だったようだ
日本国内ではわずかに与那国島にタイワンモンシロチョウが定着している(この写真を撮るためにわざわざ与那国へ出かけてもいる)
裏面ではわかりにくいいが表面の後翅外縁にモンシロチョウにはない黒点列があり、飛翔写真では識別が容易である
b0144049_1723561.jpg

b0144049_17242794.jpg

タイワンヤマキチョウ
日本のヤマキチョウそっくりだが、別種で、当然学名も異なる
中国名は紅點粉蝶 後翅の褐色の点が日本のヤマキチョウより大きく、翅脈が太いように感じる
b0144049_17475645.jpg

紅邊黄小灰蝶
漢字名はわかっても和名がわからない そのまま訳せばベニベリキシジミとでもなるのだろうか
日本にはいない初めて見るシジミチョウである 後翅裏面外縁の赤い模様が美しく印象的だ
日本のカラスシジミに近いのではないかと思うが、学名は全く別である
今回の旅行では「収穫」の一つだ
b0144049_18203067.jpg

b0144049_18204983.jpg

b0144049_182196.jpg

蓬莱烏小灰蝶
こちらも日本にいない蝶で、間違いなくカラスシジミの仲間だと思う 烏小灰蝶はカラスシジミで蓬莱は地名ではないだろうか
b0144049_18273877.jpg

b0144049_18292184.jpg

シロウラナミシジミ
何年か前に西表島で出会ったシロウラナミシジミに台湾で再会した
表面が明るい水色の美しいシジミチョウだった
b0144049_22342331.jpg

ウラナミシジミ
こちらはウラナミシジミでも普通種のただのウラナミシジミ
台湾でも普通の蝶だが、会えば何となくうれしい
b0144049_22381452.jpg

ルリシジミ
台湾には何種類かのルリシジミがいるので、希少種かと期待したが、帰宅後の図鑑チェックではどうも普通種のルリシジミらしい
b0144049_22423999.jpg

ヤエヤマイチモンジ
ヤエヤマイチモンジはその名のごとく日本では八重山諸島に棲息する
オスがイチモンジチョウ、メスがコミスジに似る珍しい蝶だが、台湾をはじめ東南アジアでは普通種のようだ
この蝶は別種のタイワンイチモンジの可能性もあるが、翅表の写真が撮れていないので同定困難である
b0144049_2256254.jpg

リュウキュウミスジ
日本にいるコミスジとリュウキュウミスジは非常によく似ているが、分布域が異なる(コミスジは鹿児島以北、リュウキュウミスジは奄美以南)ので識別では苦労しない
ところが台湾にはこの両種が棲息しており識別が難しい
雰囲気的にリュウキュウミスジと判定したが、正確な同定のために翅裏の写真を押さえておくべきであった 反省している
b0144049_2342584.jpg

シロオビクロヒカゲ
日本にはいない蝶なので勝手に名前を付けたが、中国名は白條黒陰蝶という
クロヒカゲに雰囲気がそっくりだが、前翅裏の白線がくっきりと目立つ
b0144049_2325174.jpg

b0144049_23251868.jpg

クロコノマチョウ
こちらは日本と共通種 沖縄で撮影しているが今回のほうが名前の通り黒い
b0144049_2329379.jpg

ウラナミジャノメ
ウラナミジャノメは日本にもいるが、東日本には棲息しておらず静岡・福井より西の「西日本限定種」である
実は日本でまだウラナミジャノメの撮影ができておらず、今年は静岡か対馬で写真を撮る計画であったが、期せずして台湾でお目にかかることになった
東日本のヒメウラナミジャノメの後翅の蛇の目は五つ、西日本のウラナミジャノメの蛇の目は三つである
b0144049_23401154.jpg

タイワンアサギマダラ
日本ではアサギマダラは普通種だが、タイワンアサギマダラのほうは南西諸島でたまに採集される「迷蝶」である
台湾ではどちらも普通に見られるようで、写真判定によりタイワンアサギマダラと同定した
b0144049_23482548.jpg

b0144049_23483856.jpg

テツイロビロウドセセリ
谷関の公園でこの蝶に会った時、これはテツイロビロウドセセリだと直感した
日本では西表島などに定着が確認されている希少種である
後翅裏面の白点がポイントで、初めての出会いに少なからず感動を覚えた次第である
b0144049_23584974.jpg

b0144049_2359675.jpg


by mustachio | 2010-05-27 15:33 | Comments(2)
2010年 05月 23日

台湾バードウォッチング旅行(6)

台北植物園の鳥
最終日の土曜日に台北の植物園を訪問した
大都市の公園で、台湾人のバードウォッチャーも多く、散歩をしたり、太極拳を楽しんだりする老人や家族連れも多く見かけられた

ゴシキドリ
ゴシキドリは台湾の固有種として全島に棲息するキツツキの仲間で、台北でも世代交代を繰り返しているらしい
公園の通路の近くで巣作りを始めており、アップで撮影することができた
赤、黄、青、緑、黒と完全に5色で構成されているのが良くわかる
b0144049_20492925.jpg

クロエリヒタキ
台湾の低地に棲息する固有亜種 襟の部分に黒い線状の斑を持つブルーの小鳥 オスのほうは巣の中で抱卵中であった
b0144049_20581811.jpg

b0144049_210344.jpg

シロガシラ
頭が白いのでシロガシラ 日本でも南西諸島で見られる 今回のツアーでもあちこちで見かけたが、台北の公園が一番近かった
b0144049_2182327.jpg

ズグロミゾゴイ
ズグロミゾゴイも日本の南西諸島で見られる 台北植物園での世代交代は良く知られており、幼鳥も含め簡単に写真撮影が可能である
b0144049_21124987.jpg
b0144049_21132335.jpg


by mustachio | 2010-05-23 21:15 | Comments(0)
2010年 05月 23日

台湾バードウォッチング旅行(5)

台南県・官田「レンカク観察公園」の鳥
レンカクはたまに迷鳥として日本でも見られる美しい鳥だ (何年か前、茨城県の蓮田で写真を撮った)
台南に、このレンカクの生息地に観察舎を設営して常時観察できるようにした公園がある
鳥がちょっと遠いのであらかじめスコープにカメラをセットしたいわゆる一眼デジスコを準備して出かけ、十分写真を撮ることができた
台湾でも鳥の写真が盛んなようで、ウィークデイなのに500ミリ、600ミリクラスの長い玉(望遠レンズ)を持った人たちがたくさん来ていた

レンカク
私の写真は蝶がメインと考えているので、普通三脚は使わない 400ミリのレンズならファインダーに対象を入れるのは難しくないが、スコープだと対象を探すのが結構難しい
アップのレンカク、群れの写真等いろいろ撮ってみたので何枚か掲載する 最後のレンカクがアクビをしている写真(鳴いているのかもしれない)はおまけである
b0144049_17385760.jpg
b0144049_17391391.jpg
b0144049_17393916.jpg
b0144049_17395617.jpg
b0144049_17401139.jpg

タマシギ
タマシギは日本にも生息しているが、比較的出会いにくい鳥である ご存知の方も多いだろうが、カップルのうち、色彩の派手なほうがメスで、なんと巣作り・子育てはもっぱらオスが担当する
そんなわけで女性のバードウォッチャーにはタマシギファンが多い
b0144049_17503890.jpg

タカブシギ
日本でも春秋に普通に見られるシギ 台湾では冬鳥のようだ
b0144049_17533189.jpg

ムナグロ
これも日本で普通のムナグロ、手前も普通のバンだ レンカクと仲良く暮らしている
b0144049_17554940.jpg


by mustachio | 2010-05-23 17:59 | Comments(0)
2010年 05月 23日

台湾バードウォッチング旅行(4)

竹崎郷の鳥
阿里山から少し下ったところに竹崎郷がある ここの民宿は自然環境(珍鳥、蛍などの観察)をテーマに運営されていて、台湾人の野鳥愛好家が集まるところのようだ
狭い道を通り抜けていくため大型バスはアクセス不能だが、今回のツアーは少人数だったため一泊することができた
最大のイベントはブラインド(鳥を見るための目隠しシェルター)に入っての固有種観察で、2時間半ほど一言も話をせずに待機してサンケイとミヤマテッケイという珍しい固有種の写真を撮ることができた

サンケイ
とにかく印象の強い不思議な鳥である 写真を見ていただけば一目瞭然だが、鶏のとさかのような赤い肉片が目の周りについていて、しかもこれが菱形のアイマスクのようになっている (説明用として何枚か別アングルの写真を載せる)
全体的には濃紺地に純白のとさかと尾を持つ優美な雉の仲間で、マスクの赤との色彩バランスも悪くはない(メスは日本の雉や山鳥のメスに似た地味な容姿だ)
b0144049_16225564.jpg
b0144049_1623999.jpg
b0144049_16233865.jpg
b0144049_1624059.jpg

ミヤマテッケイ
ミヤマテッケイのほうは3時ごろブラインドにこもってから割とすぐに出てきてくれた コジュケイに似た比較t的小柄な地味な鳥だが、羽の模様はなかなか美しい
特につぶらな黒い瞳が印象に残った
b0144049_16372358.jpg
b0144049_16375640.jpg

チャバラオオルリ
先に、BW旅行(3)でキバラシジュウカラを紹介したが、今度は腹が茶色のオオルリである
大きさや背中の瑠璃色は日本のオオルリと同じで腹の色だけが違う 外国の鳥はこういうところが面白い
b0144049_16473314.jpg

カヤノボリ
ヒヨドリの仲間だがオリーブグリーン基調のきれいな鳥だ 白い首輪が特徴的で識別は容易である
b0144049_16514679.jpg

ミミジロチメドリ
チメドリの仲間で台湾固有種 写真が暗いのでちょっとわかりにくいが、目の周りに白い帯があり目立つ(耳が白いわけではない)
b0144049_1657106.jpg

シマキンパラ
東南アジアの鳥 マレーシアやスリランカなどあちこちで見かける
b0144049_175132.jpg

コシジロキンパラ
こちらも東南アジアでは普通種 子供のころに飼っていた飼い鳥の十姉妹はこのコシジロキンパラの改良種と聞く 最近では十姉妹など見かけないが、時代の流れなのだろうか
b0144049_179463.jpg


by mustachio | 2010-05-23 17:13 | Comments(0)
2010年 05月 23日

台湾バードウォッチング旅行(3)

阿里山森林遊楽区の鳥
阿里山地区に「国家森林遊楽区」という仰々しい名前の限定ゾーンがある 中に宿泊設備もある自然保護区で入り口にゲートがあり、しっかり入園料を取られるシステムになっている 2泊目の宿泊地がここだったので、朝、周辺で鳥の写真を撮った
ここも台湾固有種が多く、珍しい小鳥たちに出会った

ニイタカキクイタダキ
固有種のトップはニイタカキクイタダキ  和名に新高山のニイタカを持つだけに歴史のある種と勝手に考えた
日本にいるキクイタダキに似て、非常に小さい小鳥で、チョコチョコと動き回り落ち着きがない
b0144049_11182567.jpg

カンムリチメドリ
特徴のある容姿で、簡単に見分けられる こちらのほうが台湾固有種の趣があるようだ
b0144049_11281333.jpg

ヤブドリ
固有種の割には地味な鳥で「塔塔加」にいたキンバネホイビイに近い種類だ(地味という点ではヤブドリという名前もすごい)  目の下にある黄色い斑がチャームポイントになっている
b0144049_1140465.jpg

キバラシジュウカラ
姿も行動様式も日本のシジュウカラと同じだが、腹が真黄色で目立つ 近くまで来てポーズをとってくれる理想的なモデルだ
b0144049_11493238.jpg

タカサゴマシコ
タカサゴマシコも台湾の高地だけに棲む固有亜種 オスは全身が赤く白い眉を持つ美しい鳥だが、写真は撮れなかった 写真のメスは残念ながらあまりきれいではない
b0144049_120759.jpg

ミヤマヒタキ
東南アジアに広く分布する鳥で、台湾固有の鳥ではない
ヒタキ(フライキャッチャー)らしいヒタキで、表情がとてもかわいい
b0144049_1252434.jpg

ゴジュウカラ
日本にいるゴジュウカラと同一種 森林遊楽区でたくさん見かけた 胸をそらせて静止するポーズも日本のゴジュウカラと変わらない
b0144049_129331.jpg

カワビタキ
カワビタキは森の鳥というより河原の鳥で岩の上にチョコンととまっている姿が似合う たまたま宿舎の近くで撮影したので掲載した
b0144049_1213571.jpg


by mustachio | 2010-05-23 12:15 | Comments(0)
2010年 05月 22日

台湾バードウォッチング旅行(2)

阿里山・塔塔加の鳥
阿里山は台湾中央部の山岳地帯 塔塔加は台湾最高峰の玉山の麓に近い高地で標高は2600メートル程度になる ちなみに玉山は昔の新高山、われわれが生まれたころ日本の最高峰だった山だ
嘉義からマイクロバスで一路東へ走ったが、あまり標高差を感じなかった
この地区は台湾固有種が多いところで、ミカドキジ、アリサンヒタキ、キンバネホイビイなどに出会うことができた

アリサンヒタキ
阿里山の名前を冠する固有種 微妙な色の配合の美しいヒタキである
b0144049_2016868.jpg

b0144049_10165313.jpg

キンバネホイビイ
中国語で「金翼白眉」 眉と顎に白線があるチメドリ科の割と大型の鳥だ 羽の先端部分が明るい赤茶色でいわれて見れば金色にも見える
b0144049_20251348.jpg
b0144049_20254683.jpg

ミカドキジ
霧が出てきたところでバスの中からの撮影だったので、画像がいまいちでトップに載せなかったが、ミカドキジは台湾の固有種でしかも台湾の国鳥である
1000台湾元(日本円で概略3000円相当)のお札にもデザインされている 現地では高額紙幣で、すぐ手元から消えてしまい、このお札は日本には持ち帰れなかった
b0144049_20352227.jpg

ズアカエナガ
怪傑ゾロの覆面をつけたような変わったデザインのエナガ  中国の大陸にも広く分布するようだ
b0144049_20422138.jpg

タカサゴウソ
タカサゴの名前を冠するウソ 台湾固有種ではなく固有亜種だそうだ (種のレベルでは普通のウソと同じらしい)
b0144049_20464038.jpg

ミヤマウグイス
こちらも台湾の固有亜種  日本の鶯と良く似ているが、尾が短く、ヤブサメに近い印象だ 動きが速く、写真は難しい
b0144049_20515384.jpg

ヒガラ
日本のヒガラと同一種で珍しい鳥でもないが、台湾のヒガラは頭がベッカムスタイルで、冠状になっている
b0144049_20561798.jpg


by mustachio | 2010-05-22 20:57 | Comments(0)
2010年 05月 20日

台湾バードウォッチング旅行(1)

b0144049_17323984.jpg


2010年、5月11日から5月15日まで家内と台湾へ旅行しました
バードウォッチングに特化した旅行社にお世話になったもので参加者7名、それに日本のバードガイド1名、現地のバードガイド1名という小グループの旅行でした
台湾は現役のころ、ビジネスで何回も訪問した国ですが、その時は台北、高雄、新竹など都会地主体で、蝶や鳥などネイチャーとはまったく縁のないものでした
リタイア後の台湾旅行は2回目で、春から夏にかけてのベストシーズンの旅行は初めてだと思います

大雑把なスケジュールは
5/11 成田発台北着後、台中県の「谷関」へ移動、夕方ヤマムスメなど観察
5/12 午前中「谷関」でBW、その後高速道で嘉義県へ移動し阿里山の「塔塔加」でもBW
5/13 午前中は阿里山森林遊楽区等で観察、午後は竹崎地区へ移動して夕方台湾固有種のサンケイとミヤマテッケイを観察
5/14 台南へ移動 レンカクなど観察 夕方新幹線で台北へ移動
5/15 午前中台北の植物園でBW 夕方成田へ
といったものでした
タイトルに使った写真は阿里山地区にある台湾少数民族のご主人が経営するレストランで部族(ソウ族)の民族衣装をお借りして撮影したものです

台湾はとにかく近くて皆さんが親日的でとても楽しい国だと思います
問題は言葉です 30年前、仕事で訪台していたころは、40代、50代の普通の人が普通に日本語を話してくれました
今は中国語(北京語)オンリーで、蝶や鳥の多い山間部では英語も通じません
言葉さえ通じれば、個人的に滞在して自然を満喫したいのですが、中国語を勉強するにはちょっと遅すぎるので、これからも旅行会社に依存することになりそうです

以下5~6回に分けて地区別の「鳥」の写真と全体の「蝶」の写真を掲載していきます

谷関の鳥
谷関は台中の東部にある渓谷沿いの温泉地だ 日本の山奥の温泉地と共通の雰囲気があり、入浴するだけでも十分楽しむことができる
鳥の多いところだが、目玉は台湾固有種の「ヤマムスメ」 前に烏来地区で観察したことがあるが、その時は満足な写真は撮れず、今回がリターンマッチとなった

ヤマムスメ
日本のカケスに似た大型の鳥 ウスムラサキ色と黒がベースで目が黄色、嘴や脚がオレンジ色で目立つ
高いところにいることが多く望遠レンズでの撮影が主体となるが、さすがに台湾の「看板ムスメ」で近くの看板に止まってくれた
b0144049_2110491.jpg

b0144049_10142691.jpg

b0144049_21104080.jpg


タイワンオナガ
日本のオナガとは亜種のレベルで異なるようだが、だいぶ雰囲気が違う 大きさや行動様式は変わらないようだ
b0144049_21182492.jpg


ヒメマルハシ
東南アジアでは日本にいない「チメドリ科」の鳥に出会う  行動範囲が狭い種類が多いそうで個性の強い鳥が多い このヒメマルハシも嘴が丸く湾曲しているので丸嘴というらしい
b0144049_2125113.jpg


ベニサンショウクイ
この鳥も前に烏来で出会っている その時は川をはさんだ対岸の撮影で、今回は少しは寄ることができた
色は一応写っているが、表情がなく、満足な写真ではない
b0144049_2134593.jpg


クロヒヨドリ
日本で普通に見られるヒヨドリは日本の固有種だが、こちらのクロヒヨドリのほうは分布域が広い 前にスリランカでも観察している
b0144049_21374375.jpg


セグロコゲラ
コゲラよりはコアカゲラに似たキツツキの仲間 アジア地域に広く分布しているようだ
b0144049_21435087.jpg


タイワンメジロ
日本の目白と亜種が異なるだけで、基本的には同一種のようだ  環境が異なるせいか、だいぶ雰囲気が違うように感じる
b0144049_21464224.jpg


by mustachio | 2010-05-20 18:21 | Comments(0)
2010年 05月 10日

2010 早春の撮影行(4)

早春の花図鑑(白馬撮影行)
4月中旬の新潟と同様、ゴールデンウィークの白馬撮影行も我が家の定例行事だ
最大の目的はヒメギフチョウの撮影で例年は連休の早い時期つまり4月下旬に出かける
群馬の山荘から高速を使わずに2時間で、連休中でも渋滞に合わない
今年は新潟のギフチョウに完全に振られたので(実は4/29に再チャレンジしたがこの日は新潟方面が雨でまたも失敗に終わった)白馬ではリターンマッチと5/5の連休最終日に家内と出かけた
晴天で気温も高く絶好の撮影日和だったが、例年ヒメギフやギフチョウが舞うどのポイントでも蝶の姿が見当たらない
目的の同じ同好の方も多く見受けられたが、皆さん不満そうな顔だった
連休前の天候不順でペースが狂ったのだとは思うが、今年の蝶の発生はタイミングが大混乱のようである
ギフチョウもヒメギフチョウも写真のストックは十分あるのでダメージはないが、何となくすっきりしない蝶シーズンの幕開けとなった
そんな訳で、白馬撮影行は満開の「春の花シリーズ」へ方針転換 花のほうは例年通りベストタイミングであった

姫川源流の春
b0144049_21595010.jpg

カタクリ
b0144049_2203927.jpg
b0144049_2205539.jpg
b0144049_221812.jpg
b0144049_2212614.jpg
b0144049_2213880.jpg

キクザキイチゲ
b0144049_225396.jpg

b0144049_22162695.jpg
b0144049_22164324.jpg

サクラスミレ
b0144049_22172530.jpg

ザゼンソウ
b0144049_22181877.jpg

スミレサイシン
b0144049_2219284.jpg

ニリンソウ
b0144049_2220515.jpg

フクジュソウ
b0144049_222044100.jpg

フッキソウ
b0144049_22241675.jpg

ミズバショウ
b0144049_2225721.jpg

ユリワサビ
b0144049_22255392.jpg

リュウキンカ
b0144049_22263299.jpg


by mustachio | 2010-05-10 22:29 | Comments(2)
2010年 05月 10日

2010 早春の撮影行(3)

軽井沢の鳥
連休中の軽井沢は車の渋滞で動きがとれない
されどその近辺では、脚を使って移動すれば、いくらでも自然に溶け込むことができる
5月4日は軽井沢の別荘地で家内や友人とバードウォッチングを堪能した
イカル
イカルは渡り鳥ではないが、国内での季節による移動はするようだ
軽井沢の一画にイカルの集まる森があって、この季節はうるさいほどの彼らの合唱を聞くことができる
b0144049_17272356.jpg

b0144049_17281447.jpg

b0144049_17283623.jpg

キジ
キジはけして珍しい鳥ではないが、アップで見ると色使いの激しい派手な鳥だと思う
b0144049_17325860.jpg

キビタキ
お粗末な(平凡な)写真で恐縮だが、この日はこれしか撮れなかった
群馬県のわが山荘にも毎年来るキビタキがいて今年も姿を見ることができた
b0144049_18233548.jpg

コゲラ
最近は普通の鳥で、東京でもコゲラは良く見かける
軽井沢のコゲラはペアで飛び回っていた
b0144049_17541649.jpg

コサメビタキ
夏鳥で見る機会が少ない可愛い小鳥だ
写真は「枝かぶり」になったが、撮影機会が少ないので掲載する
b0144049_1759573.jpg

コムクドリ
これも夏鳥 蝶は「季節もの」の典型だが、鳥にも季節があり、人間は年をとると特に季節を意識するようになる
b0144049_1854325.jpg

b0144049_1821053.jpg

b0144049_1823281.jpg

ヒガラ
鳥の識別は不得意分野でコガラとヒガラの識別にも自信がない
家内や鳥に詳しい友人がいるので、鳥に関しては名前は気にせず、きれいな写真を撮ることに専念している
b0144049_1830687.jpg

ヤマガラ
色が違うので(日本国内であれば)ヤマガラの識別は簡単である
最近はよく見かけるような気がするが、環境が改善されているのだろうか
b0144049_18415263.jpg


by mustachio | 2010-05-10 18:13 | Comments(0)
2010年 05月 10日

2010 早春の撮影行(2)

連休の桜
毎日が「連休」の年金生活者にとっては、5月の連休は道路と行楽地が込むだけの単なる迷惑週間でしかない
したがってリタイア後は、毎年の連休は必ず「東京脱出」を図ることにしている
たまたま群馬県に山荘があるので、ここをベースキャンプとして群馬・長野・新潟・山梨などで遊ぶことになる(友人を呼んでアウトドア料理を楽しんだり、友人の別荘を訪ねたりするが、ゴルフはこの時期高いので敬遠する)
毎年この時期は山菜採りなどのシーズンと重なるが、今年はまさに「花見」と重なって、どこへいっても桜を楽しむことができた

長谷寺のしだれ桜
信州真田の長谷寺 例年連休時は葉桜だが今年は満開だった
b0144049_1457397.jpg

つつじと桜
北国では梅と桜が同時に咲くといわれるが、春が遅れるとどこでも同じような現象が起きるようだ
b0144049_1511924.jpg

ルリタテハ
桜に越冬したルリタテハが来て吸密していた 桜とルリタテハの組み合わせは初めて観察した
b0144049_15104315.jpg

ミヤマセセリ
ミヤマセセリは早春の雑木林のシンボルである
友人と遊ぶ時には長いレンズのカメラは持たないことにしているが、最近はコンパクトデジカメも性能が良くなり簡単に蝶の写真が撮れるようになった
b0144049_1581191.jpg

白馬の桜
連休の最後は白馬を訪ねた こちらもタイミングがピタリで花を楽しむことができた
b0144049_15162356.jpg

b0144049_15164360.jpg

b0144049_15165512.jpg

b0144049_15171175.jpg


by mustachio | 2010-05-10 15:18 | Comments(0)