<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 25日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その6)

6月21日甲州市、22日秋ヶ瀬 いずれも成果なし

正直に言うと「連戦連敗記」は「その5」で終わらせるつもりだった
梅雨の晴れ間に車で動いてみたが、ブログにアップするような写真は撮れなかった

たまたま今日、ワールドカップのデンマーク戦まで待ち時間ができたので「その6」を追加することにした   といっても何の変哲もない写真ばかりで申し訳ない

6月21日は車で奥多摩湖の奥まで足を伸ばした もしかするとツマジロウラジャノメが出るかもしれないと期待したが、全く気配なし
ヤマキマダラヒカゲが佃煮にするほどいたが、他にたいした蝶は出なかった

22日は昼過ぎから、車で30~40分の秋ヶ瀬公園へミドリシジミを見に行った
例年この時期はミドリシジミに出会えるのだが、例によって今年は空振り
捕獲禁止の看板だけがやたら目についた

リタイアして6~7年、一念発起の蝶の写真もここへ来てペースが落ち、スランプ気味である
もともと、他人に頼らず独力で始めた「日本の蝶」撮影だが、単独では情報量が不足で限界を感じている
さらにこの1~2年、環境破壊のスピードが加速しているような印象がある
去年良い写真が撮れたフィールドに蝶が全く出ないといったケースが多い(関東近辺に限らず、南西諸島でも北海道でも傾向は変わらない)
野草や野鳥でも同じで、自然観察という楽しみは10年以内に日本から消えてしまうのではないかと心配している

野鳥は捕獲禁止が徹底しているが、野草や昆虫は実体として採集が野放しになっていると思う
自然愛好家が率先して自然環境保護の活動を行うべき時期が来ているようだ

ヤマキマダラヒカゲ
甲州市の林道に群れていた 年を経るとともに数が増えるような種もあるようだ
b0144049_3251972.jpg

b0144049_3254661.jpg


ミスジチョウ
ミスジチョウの仲間も生命力があるようだ 数が減っている印象はない
b0144049_3273750.jpg


ミドリシジミ捕獲禁止の看板
看板だけが目立ったが、肝心のミドリシジミの姿は見えなかった
数年前は蝶も多かったが、長竿のネットを持った採集者も大勢いた
b0144049_330514.jpg


ここまでアップしたところで午前3時半となり、TVを見始めたところ日本代表チームがデンマークに快勝した
連戦連敗だった日本チームもムードが変わってきたようで、長いトンネルを抜けた印象だ

2010年春の「蝶探訪」連戦連敗記はここでおしまい
明日から家内とガラパゴス諸島に遠征する 「携帯」技術など「日本のガラパゴス化」が問題視されているが、比喩の対象となったガラパゴスの実態を自分の目で確かめたいと思っている

by mustachio | 2010-06-25 03:32 | Comments(0)
2010年 06月 25日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その5)

6月17日新城遠征 ウラナミジャノメも空振り

好天に恵まれた6月17日、家内と東名高速を西へ走った 東名を降りたのは三ケ日IC、すぐ近くで悪天候によりボートが転覆した日の前日である
昨年、知人からウラナミジャノメのポイントを教えていただき、今年は是非と期待していた「未撮影種」への挑戦である
ヒメウラナミジャノメが全国区の普通種であるのに対し、ウラナミジャノメは西日本にしか棲息しない関西系の蝶だ
それほど希少種ではないが、関東の人間にとっては未知の蝶となる もっとも個人的には既に台湾でこの蝶に出会い、写真も撮影しているのだが、ホームページ掲載は一応「日本産の蝶」と限定しているのでどうしても日本で撮影したかった

行った先は静岡から愛知へ入り込んだところの林道 なかなかいい環境のフィールドだったが、結論から言うとまた「空振り」
実は後からいただいた情報によれば、確かにその日、その場所にウラナミジャノメは発生していたようで、空振りはこちらの探索不足だったようだ
全くの思い込みであるが、ウラナミジャノメとヒメウラナミジャノメは棲み分けが成立しているものと予測していた
つまり、生息地にいけばヒメウラナミジャノメのような蝶はすべてウラナミジャノメであると無意識に考えていた
現地に行ってみると、この種の蝶がたくさんいるのだが、カメラのファインダーをのぞくとすべての蝶が普通種のヒメウラナミジャノメ(翅裏の眼状紋の数が異なるので静止した状態なら簡単に識別できる)
今年の天候不順による発生時期異常が頭にあって、タイミングを誤ったと勝手に判断してしまったのが敗因だった
この蝶は9月にも第2化が発生するはずなので、改めて再チャレンジを予定している

ところで、遠隔地には行ってみるもので、昔野草の写真をやっていた頃には出会えなかった花を撮影することができた
蝶よりも、こちらのほうが貴重なので紹介しておきたい

ヒメウラナミジャノメ
東京近郊でも簡単に見られる普通種
後翅裏面の眼状紋はウラナミジャノメが3個に対し、こちらは5個
後翅表面の紋は、ヒメウラナミは2個(写真の個体は3個)あるが、ウラナミジャノメは1個しかない
b0144049_0114717.jpg

b0144049_012267.jpg


ヒメヒカゲ
このヒメヒカゲは関東甲信越ではかなりの希少種である
こちらのほうは撮影済だが、過去に発生場所探索に苦労し、2回ほど空振りをした経験がある
今回の写真はすべてオスで、前翅裏面の眼状紋が1個しかないが、メスには3個ありオスよりインパクトがある
b0144049_026171.jpg

b0144049_0262131.jpg

b0144049_0264421.jpg


ムラサキシジミ
b0144049_030386.jpg


ミドリヒョウモン
b0144049_0315722.jpg


コキマダラセセリ
b0144049_032499.jpg


オオチャバネセセリ
b0144049_0335046.jpg


ササユリ
葉が笹の葉に似ていることからササユリ シーズン的にはピッタリでたくさんの株が美しい花を咲かせていた
b0144049_0422529.jpg

b0144049_0424161.jpg


シライトソウ
初めて見た花だが、名前はすぐわかった どこにでもある花ではなく、野草図鑑の写真も愛知県新城市で撮影したものだった
b0144049_04953100.jpg

b0144049_050921.jpg


カキラン
野生蘭の1種「柿蘭」 分布は全国的のようだが、10年以上前、野草の写真を撮っていた頃はいくら探しても見つからなかった
アップで見ると非常に色彩バランスの良い上品な花である
b0144049_0564921.jpg

b0144049_057511.jpg


by mustachio | 2010-06-25 00:37 | Comments(0)
2010年 06月 23日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その4)

6月12日 チョウセンアカシジミも空振り

1日おいて6月12日、関越道を走って新潟の見附へ行った
リタイア後は高速が渋滞するので、原則的に土日を避けることにしている
ただこの日は土曜日だが群馬県の山荘が起点だったため、渋滞の影響なしで千円高速のメリットを享受できる
タイミング的には少し早すぎるのを覚悟の上で、昨年6月10日にチョウセンアカシジミを撮影したポイントを訪れたが、今年は影も形もなかった(やはり今年は発生時期が遅れているのだろうか)

実をいうと今回の狙いはチョウセンアカシジミよりもウラキンシジミとウラクロシジミで、こちらを期待していた
このポイントの近くでは一昨年ウラキンシジミを撮影しており、その時に1メートル以内の至近距離で静止したウラクロシジミを目撃している
たまたまその時に400ミリレンズのカメラを持っており、スペース的に、後退して最短撮影距離を確保することができず撮影に失敗してしまった因縁の場所である
(その後、飛んでいるウラクロシジミは何回も確認しているが、いまだ未撮影種のリストに残ったままである)
そんな訳でウラクロシジミとの再会に胸を膨らませていたが、韓国ドラマのように再会を果たすことはできなかった
良く考えてみれば前に出会ったのは6月下旬でありその時はチョウセンアカシジミの発生の後だった
今年はチョウセンアカシジミのシーズン前だったように思うので、時期的にいないのは当然かもしれない

チョウセンアカシジミが見られなかったことで一つ気になることがある
この蝶の食樹はデワトネリコであるが、民家や耕作地の周辺に生える木である
シーズンになるとネットやカメラを持った「よそ者」が車で乗り付け、おそらく現地農業従事者の不興を買っているのだと思う
幸いデワトネリコは切り倒されず、例年通りだったが、殺虫剤等で意識的に駆除されてしまった可能性もなくはない
今年の出会い失敗はこちらのタイミングミスであることを祈るのみである

ところで見附での唯一の収穫はアサマイチモンジであった
写真がないとさみしいブログとなるので、アサマイチモンジの写真を掲載する

アサマイチモンジ
イチモンジチョウは東京近郊にも多い普通種だが、そっくりなアサマイチモンジのほうは私の誤解(認識不足)かもしれないが、希少種である
今までに長野県の東御市で一度出会っただけであった
相違点は前翅白帯を構成する上から4番目の白班が大きいこと、前翅表面基部の白班が目立つこと等で飛翔中の個体では識別が難しい
今回は2枚飛翔写真を撮ったが、識別ポイントが割と明確に写っている
b0144049_18202978.jpg

b0144049_18204331.jpg

b0144049_18205599.jpg


イチモンジチョウ
比較対照のためにイチモンジチョウの写真を載せる
同日、同一場所で撮影したもので、両種が混棲しているのが面白い
b0144049_1830292.jpg


他には大した蝶の写真が撮れなかったので当日撮影したトンボの写真をアップしておく

オオカワトンボ
b0144049_18324398.jpg

コサナエ
b0144049_18331447.jpg

ハラビロトンボ
b0144049_1833509.jpg
b0144049_18335949.jpg


by mustachio | 2010-06-23 17:53 | Comments(0)
2010年 06月 23日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その3)

6月10日 大町 クモマツマキ敗退

6月10日前後は群馬(長野原)の山荘に滞在していたので、晴天の日を選んで北アルプスの麓の沢へ出かけた
目的は5月に見損なったクモマツマキチョウ
5月初旬に出る鬼無里は例外で、普通は5月下旬から6月上旬の発生だと思う
メスの写真は上高地で撮影できており、ホームページにも掲載しているが、オスのオレンジ色の翅の写真が撮れず何年かが経過している
タイミングさえ合えば上高地のポイントはわかっているのだが、結構きつい沢歩きが必要なので、今年は大町のほうをトライしてみることにした
結果は、またも惨敗で「オレンジ」は来年持ち越しになってしまった

帰りに大峰高原と山荘近くの群馬県バラギ高原に寄ってそこそこの写真が撮れたが、蝶は平凡な種類ばかり、また花屋さん(野草写真)に戻ってしまったようだ

ウスバシロチョウ
大峰高原でウスバシロチョウの写真を撮った
珍しい蝶ではないが、交尾のシーンを撮影できた(あまり動かないので写真は撮りやすい)
b0144049_12481328.jpg

b0144049_12484015.jpg


クモガタヒョウモン
クモガタヒョウモンは初夏の蝶
ヒョウモンチョウの仲間は基本的には夏の蝶だが、夏眠する種類もいて晩夏に多いように思う
クモガタヒョウモンは発生時期が早く、5月6月にしか見ていない
b0144049_12564293.jpg


モンキチョウ
ただのモンキチョウだが飛翔写真を狙ってみた
キャノンのマクロ100ミリはかなり性能がいいが、オートフォーカスでジャスピンは難しい
置きピンで相手がゾーンに入って来るのを狙ったほうが結果がいいようだ
b0144049_132478.jpg


オオタチツボスミレ・ニョイスミレ
大町の沢にあった花はすみれ程度 クモマツマキの食草であるミヤマハタザオは花期を過ぎていたのか見つからなかった
b0144049_161259100.jpg
b0144049_16131396.jpg


レンゲツツジ
群馬県側に戻ってくるとレンゲツツジが咲き始めだった
b0144049_1614597.jpg


クリンソウ・サクラソウ・シロスミレ
群馬県嬬恋村のバラギ湖畔は30年前からマイフィールドとして通っているが、オートキャンプ場ができてからすっかり荒れてしまった
それでもクリンソウやサクラソウ、シロスミレなどは昔ながらの清楚な姿を見せてくれている
b0144049_16202038.jpg

b0144049_16204031.jpg

b0144049_16205326.jpg


by mustachio | 2010-06-23 13:04 | Comments(0)
2010年 06月 23日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その2)

6月1日 埼玉蝶ツアー
昔、在籍していた会社の創立記念日は6月1日だった(最後の数年は会社合併により変更となったが)
当時は創立記念日が休日になっていたので、ウィークデーで休める数少ないチャンスだったが、実質的にはその日が社内(部内)のゴルフコンペになってしまい、まともに休んだ記憶はない
リタイア後は毎日が日曜日なので日付を意識しなくなったが、今年の6月1日は他に用事もなく、越生、嵐山、所沢(東京都武蔵村山を含む)方面へ春の蝶の探索に出かけることにした
もともとターゲットを意識したわけではないので、成否が問われるわけではないが、未撮影種や希少種に出会ったわけではなく、平凡な結果に終わった

アカシジミ
埼玉ツアーの収穫はアカシジミ
特に珍しい蝶ではないが、5月末から6月初めごろ限定で出現する
少年時代は小田急の向ヶ丘遊園や生田まで採集に出掛けたが、シーズンになるとこのオレンジの蝶が雑木林の周辺で乱舞していた
このアカシジミの仲間にカシワアカシジミ(キタアカシジミ)というのがいて未撮影になっている
今年は7月中旬に北海道遠征を計画しているので出会いを期待している
b0144049_10202461.jpg
b0144049_10204287.jpg


サカハチチョウ
サカハチチョウはまだ春型だった 夏型への切り替わりの時期だと思う
b0144049_10284777.jpg


キタテハ
蝶が少ないといわれながら、普通種のこの蝶はいたるところで飛び回っている
b0144049_1032231.jpg


イチモンジチョウ・コミスジ
里山の基本種であるこの2種も数は減っていないようだ
b0144049_10345124.jpg

b0144049_103512100.jpg


クロヒカゲ
里山に普通にみられる蝶
類似種のヒカゲチョウとの識別は後翅裏面の暗紫色帯の形状
もう一つの類似種であるクロヒカゲモドキのほうは未撮影で今年の課題となっている
生息地情報があればぜひ教えていただきたい
b0144049_10501052.jpg


コジャノメ
類似種のヒメジャノメのほうは前翅裏面の白線が直線に近い
コジャノメは良く見かけるが、ヒメジャノメのほうは最近出会いが少なくなった
b0144049_10553691.jpg


ヒメウラナミジャノメ
全国区の普通種
西日本固有のウラナミジャノメや南西諸島の固有種は後翅裏面の眼状紋が3個だが、ヒメウラナミは5個ある
b0144049_113327.jpg


ヒメキマダラセセリ
春の草原を飛び回るセセリチョウは形状が似たようなものが多い
スジグロチャバネセセリとヘリグロチャバネセセリ、コキマダラセセリとヒメキマダラセセリなどである
シーズンになると図鑑をみて頭に識別点をたたきこむがすぐ忘れてしまう
b0144049_11102628.jpg


モンシロチョウ
平凡なツアーの写真の最後は最も平凡なモンシロチョウ
農薬に追われ、一時はスジグロシロチョウに政権奪取されたようだったが、ここのところ復権の気配がみられる
b0144049_11142730.jpg


by mustachio | 2010-06-23 10:37 | Comments(0)
2010年 06月 22日

2010年春「蝶探訪」連戦連敗記(その1)

春のギフチョウとヒメギフの撮影が不調に終わったことはすでにご報告済みだが、5月下旬から6月中旬まで相変わらず不調が続いている
プロ野球なら監督が進退伺を出すようなレベルの敗戦続きである

今年はホームページ(還暦からの蝶200種)を「蝶230種」位に改題しようかと意気込んでいたが、あまりの不調続きにブログへの投稿も億劫になってオンシーズンなのに1か月もブランクができてしまった

たしかに今年の春は天候が不順で、蝶も野草も1~2週間出現時期が遅れたようで、撮影に出かけるタイミングの選定は難しかった
個人的にいうなら6月中旬までに発生する蝶は、種類としてはほとんどが撮影済みなので、できるだけきれいな写真を撮って既存のものと差し替えるくらいしかモティベーションがなかったことは否めない
しかし、毎年のように出かけ毎年何らかの収穫のあるフィールドに出かけても、目的の蝶の姿が見えずがっかりして帰宅することが続いた

もちろん緑がいっぱいのアウトドアーで一日遊んでくるので、それだけで十分意義があるとは思っているが.....どうもすっきりしない

釣りでいうと外道の写真ばかりとなるが、今年の春の「撮影行」を整理しておきたい

5月21日 鬼無里

長野県の鬼無里へ「クモマツマキチョウ」を狙いに行った
このポイントは発生が早く例年は連休ごろから姿を見せるのだが、今年は2週間遅れと読んで出かけた
撮影者は何人かおられたが、蝶は姿を見せなかった
しようがないので撮影対象を鳥と花に切り替え、戸隠を中心に歩いてきた


アカハラ
戸隠森林公園はミズバショウがオンシーズン 群落の中でアカハラが遊んでいた
b0144049_2232689.jpg


サンショウクイ
ヒリヒリという声はよく聞くサンショウクイだが、割と近くに姿を見せてくれた
b0144049_2253775.jpg


ゴジュウカラ
台湾で見たゴジュウカラと種のレベルで同一種 木の幹に止まって横へ首を突き出すしぐさもまるで同じだった
b0144049_2291785.jpg


エゾノタチツボスミレ
普通のタチツボスミレより一回り大きく存在感がある
b0144049_22195298.jpg


ニリンソウ
平凡な白い花だが季節感はある 鬼無里の林床を美しく飾っていた
b0144049_2224444.jpg


ラショウモンカズラ
それほど珍しい花ではなく裏高尾などでもよく見かけるが、タイミングを合わせるのは割と難しい
b0144049_2226253.jpg


ヤマエンゴサク
割と平凡な野草 久しぶりに出会った気がする しばらく野草から遠ざかっていたので、ジロボウエンゴサクとヤマエンゴサクの識別があやしくなっている(ウスバシロチョウの食草のムラサキケマンならすぐわかるが)
b0144049_22542319.jpg


ミズバショウ
50歳代のころは土日しか休みが取れなかったので、花の写真が主体だった 当時はリバーサルフィルムの時代だったが、このミズバショウの写真はいやというほど持っている
デジタルに変わりメディアの制限がなくなったので、季節になるとどうしてもレンズを向けてしまう
b0144049_22385520.jpg


リュウキンカ 
同時期、同一場所に咲くため、どうしてもミズバショウとセットになる 白と黄色の組み合わせは苦労せずに「絵」になってくれる
b0144049_22421025.jpg


キクザキイチゲ
戸隠森林公園ではタイミング的にカタクリの少し後 ミズバショウと時期が重なることが多い
b0144049_22451091.jpg


ミヤマスミレ 
赤紫のすみれ 名前の通り深山に咲く(といっても道路の発達した現在では高山はあっても深山がなくなってしまった)
b0144049_22484215.jpg


by mustachio | 2010-06-22 23:00 | Comments(2)