<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 21日

夏の高原2011(野草編その2)(蝶編)

b0144049_14504410.jpg

夏の高原2011(野草編その1)からの続きとなります

シラヤマギク
キク科の植物は種類が多く同定が難しい
特に「野菊」と呼ばれる菊らしい菊は似たものが多い
写真は茎が赤茶色で花弁が不ぞろいであることから間違いなくシラヤマギクだと思う
b0144049_1502942.jpg

シロヨメナ
こちらはさらに同定が難しい
紫色のヨメナに近いのでシロヨメナとしたが、違っているかもしれない
異種交配も多いそうなので種名など堅苦しいことは忘れて花の美しさを愛でることとしよう
b0144049_15124680.jpg

ソバナ
「蕎麦菜」ではなく「杣菜」  杣(そま)とは植林・林業を表す言葉のようだ
確かにソバナは林道で見る花である
b0144049_15273116.jpg

ツガザクラ
コケモモと同じ所に生えるツツジ科の植物
こちらも実になっていたが、実の色はけしてきれいな色ではない
果実酒にしたら飲めるのだろうか
b0144049_15323394.jpg

ツリガネニンジン
ソバナに近い植物だがこちらは日当たりのよい草原などに生える
山の尾根などでもよく見かける
b0144049_15343053.jpg

ツリフネソウ
キツリフネと同じような場所に生えるがツリフネソウの赤はちょっと毒々しいイメージがある
距は豚の尻尾のようにゼンマイ状になっている
b0144049_15371755.jpg

トモエソウ
珍しく巴の形をしたトモエソウに出会った
タイミングが悪いと花びらが欠落したりしていてなかなか巴にならない
最近、数も減っているように思う
b0144049_15401820.jpg

ナギナタコウジュ
薙刀香薷  薬用植物だそうだ
花が花穂の一方に偏って付くのが面白い
b0144049_15461223.jpg

ノコギリソウ
ノコギリソウの識別は葉で行う つまり葉が鋸状かどうかで判断する
花のアップを写真にしてみると特徴があり、葉を見なくとも判別ができそうだ
b0144049_15491422.jpg

ハキダメギク
可哀そうなネーミングだが命名者は牧野富太郎さんらしい
歯抜け爺さんのような花は一度見たら忘れない
b0144049_15525181.jpg

ハクサンフウロ
ハクサンがつく植物はやたら多いので白山は高山植物のメッカのようになってしまった(確かに植物相が豊富なことは登って確認した)
しかしこのハクサンフウロの花は関東甲信越のどこでも見られるように思う
なぜハクサンというネーミングなのだろうか
b0144049_15581861.jpg

ハンゴンソウ
ブログの植物編ではキオンが優勢だったがハンゴンソウが登場した
写真には葉が写っていないが羽状複葉の幽霊のような葉はキオンと区別するのにわかりやすい
キオンのほうが少しだけ花期が早いようだが、すぐハンゴンソウに追いつかれてしまった
b0144049_1634629.jpg

ヒルガオ
昔は都会地でも普通に見られたと思うが、ヒルガオの花は少なくなった
東京近郊以外でもそうなのだろうか
b0144049_1616412.jpg

フシグロセンノウ
個人的には根っからのアンティジャイアンツなのでオレンジ色は好きではない
しかしこのフシグロセンノウのオレンジにはなぜか魅かれるものがあり、見つけると必ずシャッターを押す
今回のフシグロセンノウはなぜか花が非常に大きく見事だった
b0144049_1622161.jpg

ママコナ
花の中に米粒のような白い部分が二つあり、飯(まま)子菜の名がついたという
確かにピンクの中に米粒が二つ見える
b0144049_1626342.jpg

マルバダケブキ
植物の名前は「名は体を表す」ような単純なものが覚えやすくていい
フキのような黄色い花で丸い葉が付いていればマルバダケブキ
結構カラスアゲハなどが吸密に来る
b0144049_16302449.jpg

ヤナギラン
この花も今年何回も出会っている
変化を求めて風景写真風に撮影した
b0144049_16334335.jpg

ヤブジラミ
名前も悪いし、地味で特徴もないセリ科の花
小型の植物図鑑にはまず登場しない
せっかく写真にしたので掲載させていただく
b0144049_16391532.jpg

ヤマホタルブクロ
ホタルブクロやヤマホタルブクロも今年は出会いが多い
両者の区別ポイントは萼の部分なのであえてアップにした
b0144049_16424425.jpg

ヤマルリトラノオ
紫色の穂状の花はクガイソウかヤマルリトラノオのどちらかだと思う
クガイソウのほうがポピュラーなはずだが今年はヤマルリトラノオのほうが目につく
クガイソウは葉が段々に輪生するので九階草 区別は簡単だ
b0144049_16483711.jpg



植物編は以上です
蝶については特に珍しい種類も撮れませんでしたが、少しだけアップさせていただきます

ミヤマモンキチョウ
種類的にはたいへんな希少種
ただこの撮影ポイントは数が多く、監視の目も行き届いているので十分保全されているようだ
シーズンは7月なので会えると思っていなかったが、2~3頭がしぶとく残っていた
b0144049_16563563.jpg

ウラギンヒョウモン
夏の高原にはさすがにヒョウモンが多かった
ミドリヒョウモンが圧倒的だが久しぶりにウラギンヒョウモンに出会った
b0144049_16592846.jpg

アカセセリ
アカセセリは山のセセリ
今年は初見だと思う
b0144049_170403.jpg

キベリタテハ
今年はキベリタテハがやたら多い
芳ヶ平の山小屋では何頭も周辺を飛び回っていた
b0144049_1754593.jpg

b0144049_1761319.jpg

b0144049_1771851.jpg


by mustachio | 2011-08-21 17:10 | Comments(0)
2011年 08月 20日

夏の高原2011(野草編その1)

b0144049_16372916.jpg

個人的な事情からいえば、代々東京出身の我が家にはお盆で帰省する先がない
墓も都内にあって墓参りも7月に新暦で済ませているので、お盆には暑い東京を脱出して群馬県の山荘にこもることを慣習としている
仕事現役のころは往復の高速の渋滞に悩まされたが、リタイア後はその悩みからも解放された
今年も渋滞の高速を避けながら一般道を利用して長野・群馬両県の高原で遊んだ
この時期の蝶はほとんど撮影済で大きな目標がない しいて言えばヤマキチョウのきれいな写真が撮りたくて、野辺山・佐久穂方面と草津の芳ヶ平などを探索してみたが、ヤマキチョウはおろかスジボソヤマキチョウにも出会わなかった
どちらかというとボタニスト(植物屋)転身だが、季節の移り変わりを肌で感じながら高原の花を楽しむことができた

アカバナ
小さくて地味なアカバナだが、写真のほうはまだ開花前でさらに地味になってしまった(花をアップで撮るとそれなりに面白いのだが)
b0144049_1710210.jpg

アキノキリンソウ
名前の通り秋の花だが、8月にはもう咲き始める
北海道と同じように信州の高原も初夏からすぐ秋に跳んでしまう傾向が強い
b0144049_17131218.jpg

イタドリ
芳ヶ平では荒れ地に多いイタドリが勢力を奮っている
写真は雄花のほうだが、赤い花と白い花が混在して楽しい(ピンク色のロゼもあってワインのようだ)
b0144049_17185533.jpg

イヌゴマ
イヌゴマは葉が対生で各段の葉が90度回転した直角の位置にずれて生えるようだ
写真にしてみて初めて気がつくことも多い
b0144049_1725657.jpg

イワショウブ
湿原の花
白く清楚なイワショウブに何年振りかで出会った
b0144049_17284711.jpg

オオマツヨイグサ
富士山によく似合うといわれる月見草
外来種なのであまり写真は撮らないのだが、きれいな花があるとやはりシャッターを押してしまう
b0144049_17341517.jpg

オトギリソウ
今年は良く見かけるオトギリソウ
晴れているときれいに花弁を開くが、曇って来ると閉じてしまう傾向がある
b0144049_17361280.jpg

オニアザミ
図鑑で見るオニアザミは枯れた花が雁首を垂れているものが多い
そのほうがわかりやすいのだが、写真としてきれいではないので、枯れていない小さな花を写真にした
b0144049_17385273.jpg

オミナエシ
まさに秋の花の代表のイメージがある
都内でも8月には咲き始めるのだが
b0144049_17404318.jpg

オヤマリンドウ
この花は草津に多い
シーズン的にはこれからなのだが、実はオヤマリンドウの花はこの程度しか開かない
b0144049_17432191.jpg

カラマツソウ
植物写真としては失格かもしれないが造形的に切り取ってしまった
繊細な花はアップにしたほうが雰囲気が出るように思う
b0144049_17454782.jpg

カワラナデシコ
この花もアップ向き
ナデシコは地味な花とのイメージがあるようだが、色彩的には結構派手な花だと思う
b0144049_17491724.jpg

キキョウ
花屋で売っている花
お月見の花はススキとキキョウのような固定観念が出来上がってしまっている
それでも山で自然のキキョウに会うと感動する
b0144049_17543890.jpg

キクイモ
アメリカ原産の栽培種が野生化したもの
根にできる芋が食用になるといわれるがまだ試していない
b0144049_17584116.jpg

キツリフネ
植物の生態写真としてツリフネソウ類を写す時は距(花の尻尾に当たる部分)まで入れるのが本筋だと思う
植物学者ではなく写真屋が撮っているのでご容赦願いたい
(ツリフネソウの距はゼンマイのように丸まっているがキツリフネの距は垂れ下がる程度)
b0144049_18104528.jpg

キンミズヒキ
花を穂状に付ける植物は結構多いが、黄色の穂は珍しい
キンミズヒキはすぐ見つかるし、名前も忘れない
b0144049_13442429.jpg

クサフジ
クサフジの花も路傍に多い
近似種にツルフジバカマがあるが、こちらはなかなか見つからない
b0144049_13474121.jpg

クルマバナ
花が車状に付くのでクルマバナ
歳をとると植物の名前もすぐ度忘れするが、わかりやすい名前の花はありがたい
b0144049_13502719.jpg

ゲンノショウコ
腹痛に効く薬草ですぐ効果が現れるから「現の証拠」  もちろん試したことはない
関東で普段見るのは白い花だが、西日本では赤い花がほとんどである
こういうことは住んでみないとわからない
b0144049_13571899.jpg

コオニユリ
これも今年よく見る花
ツマジロウラジャノメがこの花の花粉で真っ赤に染まっていたのを思い出す
b0144049_13594047.jpg

コキンレイカ
高原ではあまり見かけないが、秋の登山道に多い花
黄色の群落の中を歩くのは爽快である
b0144049_1423341.jpg

コケモモ
こちらはもう花が終わって実になっていた
この実の赤い色は中途半端ではない
果実酒にするときれいでうまいのだが、なかなか作っている暇がない
b0144049_1416254.jpg

サワギク
白い綿毛が目立つのがサワギクの特徴
よく見ると花弁(キク科の花なので花弁ではなく花びらが花そのものなのだが)が不ぞろいであり、そこが可愛い
b0144049_14402493.jpg

シキンカラマツ
写真では十分表現できていないが、シキンカラマツの花には日本画的な美しさがある
薄紫と黄色の配色はなかなかまねのできないセンスだ
b0144049_1444172.jpg


蝶や鳥と違って植物は種類が多く写真の整理が大変です
このへんでページを変えます 夏の高原2011(野草編その2)へ続きます

by mustachio | 2011-08-20 18:11 | Comments(0)
2011年 08月 14日

ムモンアカシジミ

b0144049_15301978.jpg

子供のころはムモンアカシジミの存在すら意識しなかったと思う
リタイアして蝶の写真を始めてから憧れの蝶のひとつだった
初対面は3年前、山梨の明野ではるか遠い木の上に静止しているのを見つけ、望遠レンズで何とか記録に残すことができた
この蝶は普通のアカシジミより発生が遅く8月に出現するので、その後は毎年挑戦してみるが狙ったポイントで出会ったことがない
今年はあるガイドブックの情報を頼りに長野県の諏訪に出かけた

ムモンアカシジミ
ムモンアカシジミは栗やクヌギなどのホストツリーを中心に生活し、午前中吸蜜のため地上に降りてくるという
9時ごろにフィールドに到着し朝日の当たっているヒメジオンの花を入念にチェックするがまったく姿が見えない
10時過ぎにあきらめて帰ろうとするところに捕虫網を持ったおじさんが登場した
話をしてみると地元の人で「このポイントにはまだたくさんいる」という
ただ気温が上がらないと活動しないようで、彼は「昼ごろ出なおしてくる」と帰ってしまった
その後30分、もうあきらめて帰ろうとする直前、オレンジの光が空から舞い降りてきて目の前の葉に静止した
ムモンアカだ
以前ウラクロシジミを撮りそこなった時のように動転することはなく、落ち着いて400ミリで撮影し、続けてマクロでアップを抑えることに成功した
吸蜜ではなく時間的にはほんの1~2分で飛び去ってしまったため、残念ながら左向きの写真しか撮れなかったが、クリアな写真が撮れたのでいずれホームページの写真は更改したい
b0144049_16184892.jpg
b0144049_16185998.jpg
b0144049_16191023.jpg

キベリタテハ
ムモンアカシジミが撮れたので後は余裕
そろそろ出始めたはずのヤマキチョウを狙って蓼科方面へ転戦した
蓼科では新鮮なキベリタテハを見つけ、しばらく遊んだ
b0144049_16281433.jpg
b0144049_16282622.jpg

コミスジ
ごく普通種のコミスジ
ムモンアカを探している時に2頭で戯れていたので撮影してみた
b0144049_16304485.jpg

スジボソヤマキチョウ
狙ったヤマキチョウは結局見つからなかった
もしかしてと望遠で撮影した蝶はどうもスジボソヤマキのようだ
b0144049_16341117.jpg

トラフシジミ
こちらもムモンアカを探している途中で撮った夏型のトラフシジミ
夏型なのにすでに翅が痛んでいる
b0144049_16362043.jpg

ヒメキマダラヒカゲ
今年、よく出会う蝶だ
この固体は薄紫のアクセントがあり、なかなか渋い
b0144049_16401425.jpg

ミドリヒョウモン
蓼科の林道にはミドリヒョウモンがやたら多かった
遅れて発生するメスが目立ってきたようで、オスはやつれて見える
b0144049_16434587.jpg
b0144049_1644838.jpg

メスグロヒョウモン
メスグロヒョウモンはそれほど珍しい蝶ではない
蝶の写真を始めてから比較的早い時期に東京の野山北公園で交尾写真が撮れているのであまり意識していなかったが、その後どこで出会ったか記憶がない
蓼科ではオスメスが戯れているシーンがあったので何枚も写真を撮ってしまった
(蝶に詳しい方には余計なことだが、白と黒のデザインの蝶はこの豹紋蝶のメスである)
b0144049_16574886.jpg
b0144049_1657578.jpg
b0144049_1658859.jpg
b0144049_16581832.jpg
b0144049_16583047.jpg


by mustachio | 2011-08-14 17:01 | Comments(2)
2011年 08月 13日

野反湖の花

b0144049_21185085.jpg

野反湖をご存知の方はそれほど多くないと思う
群馬県北部にある湖でここを水源とする魚野川は信濃川に繋がり日本海に出る
つまり日本列島の中央部分に位置するわけで車によるアクセスは群馬県側の長野原からということになる
長野原自体が高速道路から遠いので観光地としてはメジャーではないが、その分、広大な自然が残されていて気持ちの良いスポットである
我が家のアウトドアベースである草津の山荘からは1時間以内の距離なので、8月6日、家内と二人カメラを持って散策に出かけた
野反湖周辺は比較的山草が多いのだが、蝶は平凡で希少種は期待できない
そんな訳でカメラは400ミリを持たず、100ミリマクロ1台で歩いたため、アップする写真は植物主体(掲載アイウエオ順)となる

イブキトラノオ
野反湖にはイブキトラノオの群生地があり幻想的な群落を見ることができるが、1ヶ月遅かったようで白いブラシのような花穂は1,2本しか残っていなかった
b0144049_22151589.jpg

ウスユキソウ
エーデルワイズの仲間
あまり美しい花ではないが、咲いている環境が美しいのでイメージとして得をしている
b0144049_22202289.jpg

オオウバユリ
個人的にはオオウバユリは箱根に多いという印象がある
野反湖のオオウバユリは盛りを過ぎていて名実ともにオオウバユリだった
b0144049_2226129.jpg

オオマツヨイグサ
マツヨイグサの仲間は基本的に外来種だと思う
人里はなれた山奥の湖にどうやってたどり着いたのだろうか
b0144049_22313814.jpg

オカオラノオ
平凡な花だが清楚なイメージが好きで結構写真が多い
b0144049_22344872.jpg

オトギリソウ
あちこちの登山道に咲いている黄色い小さな花 
「弟切草」というネーミングがすごい
b0144049_22411066.jpg

キオン
キオンとハンゴンソウは良く似ている
キオンは普通の葉だが、ハンゴンソウの葉は羽状に裂けて幽霊の手のように見えるので、葉を見て識別する
もっとも開花時期もだいぶずれてキオンのほうが早いようだ
b0144049_2247353.jpg

コウゾリナ
手元に資料がないが、漢字はたしか「剃刀菜」だったと思う
茎に剛毛が生えて剃刀をイメージするからだろうか
b0144049_22542683.jpg

コオニユリ
それほど数は多くないが、野反湖を代表する花のひとつ
b0144049_2302735.jpg

コバギボウシ
今年はオオバギボウシをよく見たような気がするが、野反湖のギボウシは小葉のほうだった
オオバギボウシより花の紫色が濃い
b0144049_2332972.jpg

シモツケ
緑の中にあるとシモツケの花はよく目立つ
花の名前は下野(栃木県)に由来するのだろうか
b0144049_23145126.jpg

センジュガンピ
明るい場所には出ず暗い木陰に咲くことがほとんどだが、純白の花はかえって目立つ
大和ナデシコはこちらのイメージかもしれない
b0144049_23293880.jpg

ソバナ
次のツリガネニンジンと同じキキョウ科の花
こちらのほうが花がでかく、インパクトがある
b0144049_2335814.jpg

ツリガネニンジン
ソバナが林縁に咲く花であるのに対し、こちらのツリガネニンジンは草原の明るい太陽の下に咲く印象が強い
b0144049_23392529.jpg

トモエシオガマ
最近、登山の頻度が減ったので、シオガマに出会う機会が少なくなった
トモエシオガマは久しぶりのご対面だと思う
b0144049_23423175.jpg

ニッコウキスゲ
野反湖の花として最も有名なのはこのニッコウキスゲである
湖の周りを黄色のニッコウキスゲが埋め尽くす様は圧巻だ
ただ8月に入ると実の季節になってしまい、花が残っているのは1~2本だった
b0144049_23475073.jpg

ノアザミ
野反湖にはアザミも多い
アザミには蝶も集まるが、ベニヒカゲは発生前だった
b0144049_23505298.jpg

ハクサンフウロ
ここは群馬県だがフウロ草はアサマフウロではなくハクサンフウロ
アサマフウロは浅間山周辺に限定されるようだ
b0144049_00053.jpg

ハコネギク
キク科の花は同定が難しい
ここの菊は「箱根菊」と地元の人がそういえば、そう信じるしかない
この花も湖畔の草原に多い
b0144049_085440.jpg

ハナイカリ
遊歩道でたまたま見つけた地味な花
こちらも久しぶりのご対面
b0144049_0111241.jpg

ホタルブクロ
今年はあちこちでホタルブクロを見るが、野反湖では少なかった
アップした写真はあまり美しい花ではない
b0144049_0142235.jpg

ヤナギラン
こちらは8月の花
ちょうどハイシーズンを迎えたところで、咲き誇っていた
b0144049_017440.jpg

ヤマハハコ
山の花としてはポピュラーな存在
高山植物とまではいえないように思うが、愛着のある山の花だ
b0144049_0222931.jpg

ヨツバヒヨドリ
この花もどこの山でも見られる
どちらかというと夏の終わりを感じさせる花だ
b0144049_0251844.jpg

ワレモコウ
秋の花のひとつ
一見「実」のようで、あまり花という感じがしないがアップで見ると小さな花の集まりだ
b0144049_0283010.jpg

エルタテハ
エルタテハの割ときれいな固体がいた
100ミリマクロしかもっていないので被写体に近づく必要がある
蝶の写真はまず望遠で遠距離から写真を確保し、次に(相手が逃げなければ)マクロやワイド系でアップを撮るのが基本だと思う
b0144049_11425732.jpg

オオチャバネセセリ
姿かたちがよく似たイチモンジセセリにはよく出会うが、オオチャバネセセリは久しぶりだ
後翅の白点列はイチモンジセセリほど整然としていないが、少し大きくて迫力がある
b0144049_1149167.jpg

キベリタテハ
今年の(越冬ではない)キベリタテハが発生していた
数は少ないが、野反湖ではキベリタテハに出会うことが多い
キャンプ場のテントで夏を楽しむように太陽の光を浴びていた
b0144049_1155173.jpg

ギンボシヒョウモン
ギンボシヒョウモンは本州では山地性の蝶だ
北海道に数が多いので、個人的には北海道の蝶のイメージが強い
b0144049_12112247.jpg

コムラサキ
遠距離から大型のタテハを見つけた
一瞬オオイチモンジかと思ったがどうもコムラサキのメスらしい
400ミリレンズがなかったので証拠写真程度の画像しか撮れなかった
b0144049_1218451.jpg

ツマグロヒョウモン
我が家の庭にもいる蝶なのであえて写真にするまでもないのだが、シャッターを押してしまった
もともと南国の蝶が寒冷地まで勢力を広げている
b0144049_12231240.jpg

ヒメキマダラヒカゲ
この季節に上信越の山を歩くと必ず会える蝶
地味な概観だがよく見ると結構味のあるデザインの蝶だ
b0144049_12314943.jpg

ヒメシジミ
野反湖は高原なのにヒメシジミの仲間をほとんど見ない
会ったのはメス1頭だけだった
b0144049_12345827.jpg

ヒョウモンチョウ
ヒョウモンチョウとコヒョウモンの識別は難しい
個人的には一応、前翅表面後端外縁の黒点を識別ポイントにしているので1枚はその部分が写るように意識している
b0144049_1244286.jpg


by mustachio | 2011-08-13 00:28 | Comments(0)
2011年 08月 05日

富士山外周撮影行

富士山外周撮影行
タイトルに「富士山」をつけたのだが、別に富士山を撮りに行ったのでもなければ高山植物を撮りに行ったわけでもない
唯一の意図は愛鷹山山麓のキリシマミドリシジミの撮影であった
こちらの撮影が午前中に終わってしまい、時間があったので朝霧高原、本栖湖を経由して帰ることにした
行きは東名、帰りは中央高速で時計回りに富士山を回ったことになる
朝霧高原も1年ぶりだったが、しばらく見かけなかったホソバセセリを多数見ることができた
すでに秋の気配を感じさせる高原の植物も堪能することができたので写真で紹介することとしたい

キリシマミドリシジミ
この蝶は西日本系の蝶で少年の頃はまったく縁がなかった
それでも箱根より西に行けばチャンスがあるためリタイア後は何度か挑戦した
ただ、ゴルフの帰りに植樹のアカガシをチェックする程度のいい加減さだったので結果は伴わず、長い間未撮影のままであった
実は1週間ほど前この蝶の探索を試み、アカガシの樹冠に飛翔するところを確認したのだが、あいにくの雨で断念し、今回は満を持しての再挑戦となった次第である
ポイントがわかっていたので写真はすぐ撮影することができた
ただ非常に動きの速い蝶で停止するのははるか頭上の葉の上ということなので、表現的にはいまいちになってしまったが、十分、種の確認ができる写真となった(400ミリに1.4倍のリヤコンバーターをつけてのMF撮影である)
b0144049_1320138.jpg
b0144049_13201390.jpg
b0144049_13203837.jpg

ウラギンシジミ
キリシマミドリを見つける前にテリトリーを張っている白い蝶がスクランブル(急発進で他の蝶などを威嚇する行動)をするのを見つけた
最初キリシマミドリかと喜んだが、写真で確認するとウラギンシジミのオスだった
この蝶は地面で給水するなどじっとしていることが多く、スクランブルは初めて見たような気がする
b0144049_13205899.jpg

クロアゲハ
周りを飛んでいたクロアゲハが休止のため藪に入ったのでシャッターを切った
560ミリ相当の望遠で撮る蝶でもなかったのだが
b0144049_13211872.jpg

ホソバセセリ
特に珍しい蝶とも思えないのだが、このところ数が激減してほとんど出会いがなかった
今までは左向きの姿勢しかシャッターチャンスがなく、ぜひ右向きもと思っていたので、今回は前後左右から十分撮影を楽しむことができた
b0144049_13213517.jpg
b0144049_1322842.jpg

ジャノメチョウ
草原の中でジャノメチョウを見かけると真っ黒な蝶に見える
しかし、写真に撮ってアップで見ると意外に赤みが強い
枯葉の色ときれいなコーディネートができていることを発見した
b0144049_13223542.jpg

ヒメウラナミジャノメ
いつも見る五つ星
要するに後翅裏面の蛇の目が5個ある普通のジャノメチョウだ
実は蛇の目3個のウラナミジャノメが未撮影で気になっている
愛知県まで遠征すれば撮影できるのだが今年も見送ってしまった
実を言うと9月に家内の鳥撮影につきあって対馬遠征を計画しており、その時に三ツ星が撮れる予定になっている
b0144049_13232152.jpg

キタテハ
蝶のシーズンに標高の高いところばかり歩いているとキタテハよりスリムなシータテハを見ることが多い
キタテハは完全な普通種だが、よく見るとシータテハにはない後翅の青燐班が美しい
b0144049_13234024.jpg

コキマダラセセリ
コキマダラセセリには今年初めて会ったような気がする
近縁種のヒメキマダラセセリが5~6月、8月と年2回発生なのに対し、こちらは確か年1回の7月発生だと思う
ピークを過ぎて翅が少し痛んでいる
b0144049_13235542.jpg

キチョウ
ヤマキチョウ撮影を狙って本栖湖に寄った
こちらは空振りで悔し紛れに普通のキチョウを撮影した
b0144049_13334896.jpg


朝霧高原・本栖湖の花
咲き乱れるほど多くはないが、富士山麓は結構野草が多く楽しい
コメントは省略させていただくが種名と写真をご紹介したい
チダケサシ
b0144049_13275022.jpg

イヌゴマ
b0144049_13381526.jpg

タチフウロ
b0144049_13384366.jpg

コオニユリ
b0144049_1339275.jpg

オミナエシ
b0144049_13394770.jpg

ヒメトラノオ
b0144049_1340148.jpg

クサフジ
b0144049_1342277.jpg

クサレダマ
b0144049_1343394.jpg

メマツヨイグサ
b0144049_13432323.jpg

コマツナギ
b0144049_13434939.jpg

カワラナデシコ
b0144049_13441147.jpg

俗称ナデシコ
ナデシコジャパンのナデシコはこの花だ
ワールドカップはライブで中継TVを見た 優勝および国民栄誉賞おめでとう

by mustachio | 2011-08-05 13:34 | Comments(1)