還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 29日

6月26日 中越(見附・三条・長岡)散策

b0144049_11391015.jpg

突然で恐縮であるが、ムジナをご存じだろうか
「同じ穴のムジナ」という表現に使われるあのムジナである
動物学的にいえばイタチ科アナグマ属アナグマの別名、姿形が狸によく似ているので狸と混同されるがタヌキはイヌ科タヌキ属の動物で穴は掘らない
ただアナグマが掘った穴をタヌキが利用することがあるようで、たまに同居することもあり、そこから「同じ穴のムジナ」という言葉が生まれたようだ

そのムジナ(アナグマ)に長岡市の桝形山で突然出会った
時刻は夕方、夜行性のムジナが狩に出かける時刻である
一瞬にらみ合いとなったが、カメラに動じることもなく、悠々と歩き去った
生まれて初めての野生のアナグマとの出会い、貴重な体験であった
b0144049_121263.jpg


さて、タイトルの「ムジナと油揚げ」であるが、油揚げは私の大好物
特に新潟・栃尾の油揚げは厚揚げのように分厚いのが特徴で、わざわざ買いに出かける価値のある逸品と思っている(もっとも栃尾の油揚げは都内のデパートでも買うことができるのだが)
ここ数年、年に一度くらい栃尾(現在は長岡市の一部)に出かけているが、正直に言うと「蝶探索」が目的で、油揚げはついでの楽しみということになる

中越(長岡・見附・三条)に出かけるのはチョウセンアカシジミ、ウラキンシジミ、ウラクロシジミなど希少なシジミチョウに出会うためで、昨年は6月9日に探訪している
例年だとチョウセンアカシジミは6月10日前後、ウラキンとウラクロは6月20日頃がベストシーズンかと思うが、今年は海外旅行の関係もあり満足に日程がとれず、6月下旬の探訪となった
実をいうとチョウセンアカシジミとウラキンシジミはこの地域で撮影済みで、ウラクロシジミだけが未撮影になっている
昨年のブログでも触れているが、1メートルの至近距離に静止状態のウラクロシジミを確認したものの、400ミリのレンズしか持ち合わせがなく、スペースの関係で最短撮影距離以上のディスタンスが撮れないまま逃げられてしまったポイントがあり、毎年リベンジに出かけるのだが、残念ながら今年も目的を達せられなかった

栃尾に寄って油揚げを買い、帰宅後の酒のつまみにしたのは例年通りである

チョウセンアカシジミ
時期的に遅いかと思っていたが、予想に反してチョウセンアカシジミが残っていた
翅が少し痛んでいたが長時間モデルになってくれた
b0144049_12312298.jpg
b0144049_12321640.jpg
b0144049_1233625.jpg

ウラナミアカシジミ
昔ウラクロシジミを撮りそこなったポイントにウラナミアカシジミがいた
平地性のゼフィルスで普通種なのだが、最近東京近郊ではめったに見られなくなった
b0144049_13472710.jpg

アカシジミ
こちらも普通種
ただアカシジミは5月末ごろから発生するので、6月末にはかなり翅が傷んでいる
b0144049_13495072.jpg

ミズイロオナガシジミ
もう一つ平地性のゼフィルス
ホームページ「還暦からの蝶230種」でも触れているように、リタイア後東京の狭山湖周辺で多数のミズイロオナガシジミを見つけ、撮影を楽しんだことがあった
ところがその後同じ場所ではほとんど見かけなくなってしまったのだ
季節限定の蝶なので場所は違っても出会えるとホッとする蝶である
b0144049_1431380.jpg

ルリシジミ
長岡・見附・三条と車で移動しながら蝶のポイントを探索したが、ルリシジミ(それもメス)がやたら多かったように思う
大きさが少し違うのだがゼフィルス仲間のウラゴマダラシジミに似ていて紛らわしい
b0144049_14201728.jpg

トラフシジミ
もう一つシジミチョウの仲間
トラフシジミは鮮明な春型だった
b0144049_14232572.jpg

スジボソヤマキチョウ
夏の蝶のイメージが強いがスジボソヤマキチョウが栗の花で吸密していた
b0144049_14255865.jpg

ヒオドシチョウ
こちらは6月によく見かけるヒオドシチョウ
夏場は休眠に入るので見かけなくなる
b0144049_14305757.jpg

ミドリヒョウモン
これからシーズンを迎えるがミドリヒョウモンは本年初見
今年もあちらこちらで出会うことになるはずである
b0144049_14431842.jpg

メスグロヒョウモン
メスグロヒョウモンはオスメスそろっての登場である
活動時期は10月ごろまでと長い(ヒョウモン類は夏の暑い時期に夏眠の習慣があるが)
b0144049_14482581.jpg
b0144049_14491655.jpg

その他の蝶たち
珍しい蝶ではないので写真だけアップするが当日撮影したその他の蝶は順にイチモンジチョウ、テングチョウ、クロヒカゲ、オオチャバネセセリである
b0144049_1452473.jpg
b0144049_14532230.jpg
b0144049_14541080.jpg
b0144049_14545666.jpg

中越地区のトンボ類
蝶と同様にトンボも大好きな昆虫である 蝶の撮影の時にトンボが出れば自然にレンズを向ける
トンボは精悍で写真写りがいいし、撮影のタイミングも結構難しいので挑戦し甲斐のある被写体だ
ただ蝶のいるサイトとトンボのいるサイトは微妙に異なるのでトンボの写真の数はそれほど多くはない
6月26日のサイトは蝶もトンボも多い所で昨年の訪問時もトンボの写真を撮っている
一応去年のブログ(ホームページ「古希からのネイチャーフォトライフ」 http://mustachio/justhpbs.jp/ の「日本の自然(2011年版)長岡の春」参照)をチェックしてみたら意外なことに気がついた
撮影したトンボの種類が全くずれているのである
無作為にというか目にしたトンボを場当たり的に撮影しただけなのに重複した種類はコサナエだけだった
(ちなみに昨年のブログの掲載種はムカシヤンマ、コサナエ、ハラビロトンボ、ウスバキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ミヤマカワトンボ、オオカワトンボである)
モノサシトンボ
b0144049_1695962.jpg

オオイトトンボ
b0144049_16141268.jpg

カワトンボ
b0144049_16151261.jpg

コサナエ
b0144049_1616792.jpg

ノシメトンボ
b0144049_16173775.jpg

アキアカネ
b0144049_16185167.jpg

体系的に勉強していないのでトンボの同定は蝶の同定より難しい
詳しい方がおられて間違いを見つけられたら是非ご指摘いただきたい
シモツケソウ
野草ではシモツケソウのピンクが目についた
b0144049_16251429.jpg

ウツボグサ
紫のウツボグサも咲き始めた  夏の到来だ
b0144049_1631499.jpg

ホタルブクロ
ホタルブクロは赤紫系の花が多いのだが当日に見たのはすべて花の白いタイプだった
b0144049_16431081.jpg

オオバギボウシ
オオバギボウシは昨年のブログにも載っている
撮影時期が半月ずれているので、撮影対象の花も微妙にずれてくるようだ
b0144049_170145.jpg

ミゾカクシ
田んぼのあぜ道などに多い地味な野草
対称系でない花の形が特異で好きな花の一つなのだが写真にするのは難しい
b0144049_175141.jpg

ノアザミ
6月26日撮影記の最後はノアザミ
この花は去年も咲いていた  アザミ類は秋の花で春に咲くのはノアザミくらい(なのでノアザミと認定した)  イージーな同定方法で申し訳ないが、春秋に富む年齢ではなく勉強する時間も限られているのでご容赦願いたい
b0144049_17111449.jpg


by mustachio | 2012-06-29 12:36 | Comments(0)
2012年 06月 24日

6月の嬬恋村(2)

b0144049_1115118.jpg


嬬恋村の蝶
蝶の写真を始めてから感じたことだが、長野県や山梨県と比べて群馬県は蝶が少ないような気がする
確かに中部地方より関東地方のほうが開発の進み方が速いのかもしれないが、納得できない
個人的な着想だが、群馬県は「林道」がほとんどないような印象がある 道路がほとんど舗装されており、公道でダートの道はあまり記憶にない そのあたりが群馬県に蝶の好産地が少ない理由だろうか
それでも自然が豊富な嬬恋地区にはまだまだ山地性の蝶が残っており、楽しみは残されている

ただ、嬬恋村は標高が高いので季節が遅い
6月ではまだ夏の蝶が出てこない 山地性のゼフィルスなど7月にならなければ姿を見せない
特に珍しい蝶にも出会っていないのだが、当日撮った写真をアップしておきたい

レンゲツツジとミヤマカラスアゲハ
草津に山荘を建てて40年になるのでレンゲツツジとの付き合いは長いのだが、この花に蝶が吸密している姿にほとんど記憶がない
普通のツツジにアゲハ類が多いのは少年時代からの「常識」で、実際にアゲハ類の写真をチェックしてみるとツツジがらみのものが多い
一方、湯の丸山などの名所で見るレンゲツツジはその強烈なオレンジ色のせいか、普通のツツジとは別個のものという思い込みができてしまっていた(オレンジ色の新緑との対比は風景的には非常に美しいが)
この日の探索でレンゲツツジ(目立たない場所のツツジだったが)にもアゲハが吸密に来ることを改めて認識し感動を覚えた
そんな訳でミヤマカラスアゲハの写真を多数載せることになったが、色彩的なバランスがどうもピンとこない
ミヤマカラスアゲハは「世界で最も美しい蝶」の一つにランクアップされる極彩色の蝶なのだが、どうも赤に近いオレンジとのマッチングが悪い
強烈な個性がお互いに殺しあっているような印象は単なる個人的な感覚の問題なのだろうか
b0144049_1156514.jpg
b0144049_11565476.jpg
b0144049_11563970.jpg
b0144049_11572425.jpg
b0144049_1157414.jpg

ウスバシロチョウ
普通の感覚ではウスバシロチョウは5月の蝶だ
東京郊外の奥多摩方面では連休あけごろから数が増える
群馬県北西部は1ヶ月季節が遅れていて6月が最盛期となる
ところで、この日面白い事件に出会った
木の周りを飛んでいた昼行性の蛾(ウメエダシャク)にウスバシロチョウが襲いかかったのである
もちろん蝶(成虫)が肉食性であるわけはないが、あたかも蛾を捕食するような行動であった
下の3枚の写真でも推察されるように、ウメエダシャクを交尾相手のメスと勘違いしたらしい
盛んに求愛動作を繰り返していたが、当然思いがかなうはずもなく、悲しい別れとなったことはいうまでもない
b0144049_1220333.jpg
b0144049_12205191.jpg
b0144049_12211050.jpg
b0144049_12213247.jpg
b0144049_122151100.jpg
b0144049_12221345.jpg

キアゲハ
アゲハチョウ科ではキアゲハを見た
写真は撮れていないがこの蝶もレンゲツツジに訪花することを確認した
(今までにキアゲハがツツジ系の花に来るのは見たことがない)
b0144049_13413854.jpg

モンキチョウ
マニュアルフォーカスの400ミリ望遠で撮影したもの
ピントが甘いのが残念だが躍動感のある好きな写真だ
b0144049_13434741.jpg

ベニシジミ
ゼフィルスやヒメシジミ系の発生はまだのようでシジミチョウはベニシジミだけ
まだ春型である
b0144049_13485175.jpg

キベリタテハ
越冬した去年のキベリタテハが生き残っていた
ここまで傷んだ翅を見ると生々しい「生への執着」が感じられる
b0144049_1351833.jpg

コミスジ
他にタテハチョウ科はコミスジだけ
そろそろヒョウモン類が現れてもいい頃なのだが
b0144049_13531973.jpg

ヤマキマダラヒカゲとヒメウラナミジャノメ
ジャノメチョウ科も普通種代表格の2種だけだった
b0144049_13583063.jpg
b0144049_1358241.jpg

コチャバネセセリ
コチャバネセセリが出始めたようだ
これからの季節には山道で何度もお目にかかる蝶だが、シーズンの初めには新鮮な印象が強い
b0144049_1415416.jpg

ギンイチモンジセセリ
開翅の写真を見ると味も素っ気もない地味な蝶だが、後翅裏面の銀一文字はチャームポイントだ
ススキを常食とする草原性の蝶で草原の衰退とともに数を減らしている
撮影した場所では一時自然の草原がマレットゴルフ場になってしまい、銀一文字の存続が危ぶまれたが、幸か不幸かマレットゴルフをやる人が少なく、草原が復活して蝶の生存環境も復元したようだ
b0144049_1412921.jpg


by mustachio | 2012-06-24 11:57 | Comments(0)
2012年 06月 23日

6月の嬬恋村(1)

b0144049_17393970.jpg

6月の嬬恋村(植物編)
嬬恋村は群馬県北西部にある大きな村だ
我が家の山荘が草津町、長野原町、嬬恋村の境界付近にあるので、嬬恋村がマイフィールドになっている
キャベツ生産で有名な村だが、おそらく農薬使用が原因なのか風光明媚でも生物相はそれほど豊かであるとは思えない
それでもバラギ湖(昔は自然の豊かな素晴らしいフィールドだったが、オートキャンプ場ができて俗化してしまった)や鹿沢高原、湯の丸高原など自然観察に適した地域はかなり残っており、定期的に探索を行っている
6月15日は曇り日だったが、家内と二人、特にターゲットのないカメラ散歩に出かけた
ブログのほうは植物編と昆虫編に分けて掲載することとしたい

レンゲツツジ
6月の群馬を代表する花はレンゲツツジ
バラギ湖でも湯の丸高原でも濃いオレンジの花が満開を誇っている
確か、毒性があって牛が食べないとので生存を保っていると聞いた記憶があるが、間違いだろうか?
b0144049_17595298.jpg

ズミ
ズミも群馬・長野に多い6月の花 標高の低いところでは5月に咲くところが多いが、湯の丸高原あたりでは蕾状態の木が多かった
ズミという名前は地元では一般的ではなく、コナシとかコリンゴで通用するところが多い
b0144049_187748.jpg
b0144049_18723100.jpg

サワフタギ
とりあえず名前を出したが、同定にはまったく自信がない
もともと木本の植物の名前は覚えにくく、覚えてもすぐ忘れてしまう
長い雄蕊を多数持つ白い花ので正確な名前がお分かりなら教えていただきたい
b0144049_18131576.jpg

クサボケ
木本でもこちらの名前は覚えられる(70になるとそろそろボケの心配もあるが)
レンゲツツジと競り合っても負けない派手な色の花だ
b0144049_18161589.jpg

ヒオウギアヤメ
草本の植物で6月の花というと、何となくアヤメを思い浮かべる
バラギ湖では盛りだったが、湯の丸では花は見られなかった(確か花期は7月だったと思う)
b0144049_18192961.jpg

クリンソウ
バラギ湖は周辺が湿原状態でクリンソウが多く、毎年楽しみにしていた
今回は1~2本が確認できたくらいで寂しい思いをしたが、タイミングが悪かったのだろうか
盗掘の被害にあったとも思えないが(来年を期待したい)
b0144049_18233044.jpg

コイワカガミ
こちらは数が多く盗掘の心配はまずないと思う
ピンク色も淡いピンクではなく、存在を主張するような濃厚なピンクで目立つ野草である
b0144049_18294232.jpg

マイヅルソウ
マイヅルソウも咲き始めていた
登山道で良く見かけるが地味な存在なのであまりカメラを向ける機会がない
それでも群生状態のところは面白い写真になるようだ
ちなみにマイヅルの由来だが、花の形ではなく、葉脈のイメージから来ているという
b0144049_18383814.jpg

ツマトリソウ
こちらも登山道の花の代表格
清楚な花でカメラは向けるのだが、いつも同じような写真しか残らない
b0144049_18403513.jpg

ワタスゲ
湿原の植物
風景写真のポイントになる花だがアップでは面白くない
b0144049_18423922.jpg

スズラン
草原でスズランを見つけた
ほとんど目立たない花で最近はあまり見かけなくなった
出会うとうれしくなる花の一つである
b0144049_18452238.jpg

ナルコユリ
同じユリ科のナルコユリ
似たような花にアマドコロというのがあって、アマドコロのほうは茎が角ばっている
写真は茎が円柱状なのでナルコユリなのだが、野外ではどちらがどちらか思い出せず、帰宅してからの図鑑に頼ることになる
b0144049_18515471.jpg

シロスミレ
最近見かけなくなった花の一つ
湯の丸高原のキャンプ場で見つけた
良く似た花に平地性のアリアケスミレがあるが、こちらの方もほとんど見られなくなってしまった
b0144049_18544297.jpg
b0144049_18551096.jpg

オオヤマフスマ
ナデシコ科のハコベの仲間
ハコベの仲間は好きなのだが、なかなか名前が覚えられない
b0144049_18564872.jpg

ミツバツチグリ
こちらはどこでも見かける普通の野草
似た種類にキジムシロがあってチェックしてみるが、こちらは少ない
チャマダラセセリという蝶の食草なので、忘れることはない
b0144049_1905682.jpg

ウマノアシガタ
普通に見られる黄色い花で別名キンポウゲ
漢字名は金鳳花でいかにも重厚な名前である
10年ほど前、野草写真を撮っていた頃認識したのだが、キンポウゲ科の花は春の初めや高山に咲くものが多く、写真の数が多い
イチゲ類、ミスミソウ、オキナグサ、リュウキンカなど魅力的な花が多いのだが、本家のキンポウゲだけはあまりインパクトがない
それでもミヤマキンバイやミヤマキンポウゲなど高山の黄色いお花畑を連想させるので、普通のキンポウゲにも愛着は感じている
b0144049_16534623.jpg

コナスビ
日本全土に分布するがそれほど数が多いわけではなく、出会う機会が少ない
そのためか特徴のある花なのに名前が思い出せないことが多い
歳をとると記憶力に支障が出てくるが、努力して忘れないようにしたい
b0144049_1659462.jpg

ニガナ
黄色い花つながりで次はニガナ
キク科で似たような黄色い花は多いが、茎が細く繊細なイメージを感じる花だ
b0144049_1743671.jpg

ヤマオダマキ
黄色い花の締めはヤマオダマキ
ヤマオダマキは花(萼片)が紫色なのだが、キバナノヤマオダマキと呼ばれるものもかなり目にすることが多い
花が筒状に下向きに咲くためスカートを連想させるのか、下から煽り気味に撮った写真が多くなってしまう
b0144049_1713846.jpg

フタリシズカ
普通に見られる花  東京の我が家の庭にも自然発生している
白い花は2本(二人)限定ではなく、1本のケースも5~6本のケースもある
b0144049_1719166.jpg

マムシグサ
花のイメージがないためかマムシグサが載っていない野草図鑑がかなりある
山に行けばどこにでもあるように思うが不思議なことに花が暗紫色のものと緑色のものがあり、同じような場所に両者が生えていることも多い
亜種が違うのか、後天的な変異なのか  この疑問は私の中で長い間解決されないままになっている
b0144049_17341577.jpg
b0144049_17351853.jpg


by mustachio | 2012-06-23 17:47 | Comments(0)
2012年 06月 18日

ベニモンカラスシジミ

b0144049_219675.jpg

6月15日長野県南部遠征
5月23日から野鳥撮影で海外遠征をしていたため、ブログに1カ月の穴をあけてしまった
3週間の写真撮影枚数は天文学的な数字になり、整理に時間がかかるのでブログアップにはさらに時間を要することになる
そんな訳で逆順になるが、国内での撮影を先に披露することになる

6月15日は家内と二人で片道300キロの遠距離を走ってベニモンカラスシジミの撮影に出かけた
ベニモンカラスシジミは絶滅危惧の希少種で、日本でも限定されたポイントでしか見ることができない

詳細な撮影ポイントもわからず、勘だけを頼りの撮影行だったがなんとか目的を達することができた

ベニモンカラスシジミ
この蝶の活動時間は午後3時~4時前後との情報は持っていた
そのため現地では予備調査を行う余裕があり、ウツギの花の所在を確認してターゲットを絞り、午後3時前に無事対面を果たすことができた
現物はカラスシジミより少し小型だが裏面の斑紋は非常に良く似ている
発生時期が少しずれるので、撮影日時と撮影場所から一応の同定は可能である
本当は翅表のオレンジの斑紋を撮りたかったが、最後の写真では透かした状態のオレンジが確認できるので一応納得できる成果ということだろうか
b0144049_21294223.jpg
b0144049_2130125.jpg
b0144049_21301467.jpg
b0144049_21302924.jpg
b0144049_21304365.jpg

スジグロシロチョウ
ウツギ(イボタウツギ?)の花にはいろいろな蝶が集まる
スジグロ系の蝶も多く吸密していた
b0144049_2136626.jpg

キチョウ
b0144049_2138555.jpg

サカハチチョウ
サカハチチョウはまだ春型が残っていた
b0144049_21391851.jpg

ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメもウツギで吸密していた
もしかするとウラナミジャノメと期待したが後翅裏面のリングは3個ではなく5個だった
b0144049_21415495.jpg

アサギマダラ
アサギマダラもウツギに来ていた
秋に多い蝶なのでウツギでの吸密写真は初めてだと思う
b0144049_21432145.jpg

ヒメキマダラセセリ
セセリ蝶は本種とアオバセセリが来ていた
スジグロチャバネセセリ、ヘリグロチャバネセセリと本種を翅裏だけで区分するのは難しいのだが、大ベテランのダンダラさんからご指摘を受けたので訂正させていただいた
b0144049_21471873.jpg

オオミスジ
ウツギには来なかったが近辺でオオミスジを良く見かけた
ミスジ系の中では図体が大きいので迫力がある
b0144049_21485894.jpg


by mustachio | 2012-06-18 21:30 | Comments(2)