<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

ニュージーランドの鳥(2)

b0144049_16243612.jpg

1000年前、ニュージーランドは「鳥の天国」だったらしい
当時(海洋性動物を除けば)ニュージーランドには哺乳類が棲息していなかった
例外は蝙蝠だそうだが、ずるい蝙蝠のことだから「私たちは鳥の仲間です」といって鳥として暮らしていたのだと思う
天敵がいない世界では進化は面白い方向に進んでいくようだ 飛ぶ必要がなくなって翼が退化した鳥も多い
キウイやタカヘなどはその典型である
もっとも飛べない鳥が大きくなりすぎて、移住してきたマオリ族に食べられてしまって絶滅したのがモアで、全長が3メートルもあったという
固有種のうち一部は絶滅寸前で人為的に保護されているものもいるが、今回のツアーでは優秀なガイドさん(Mr. Richard Ryall)のご尽力により自然状態の鳥を多数観察することができた
ミヤマオウム(KEA)
現地マオリ語でキーア オウムの1種である
山岳地の駐車場などに出没し、人を恐れず車の上にとまったりする
頭脳が発達していて猿やイルカより知能が高い動物だそうだ
オリーブグリーンの地味な色をしているが、腰の部分に派手なオレンジ色が配色され、飛ぶ姿はたいへん美しい
b0144049_16544273.jpg
b0144049_16545681.jpg
b0144049_1655984.jpg

カカ(KAKA) 
こちらもオウムの仲間
キーアより希少種で自然の状態で見るのは無理かと思っていたが原生林の中で出会った
それもわれわれより数メートルの距離の真上で枝をかじっていて、撮影時にはかなり焦ってしまった
b0144049_1745545.jpg
b0144049_175746.jpg

タカヘ(TAKAHE)
キウイとともに有名なニュージーランド固有種の飛べない鳥
かって絶滅したといわれたが、1948年に再発見され、手厚い保護を受けて少しずつ数を増やしている(推定250羽)
といっても、自然状態で簡単に見つけるのは不可能で、野鳥保護センターに保護されているタカヘを撮影した
オーストラリアや東南アジアに棲むセイケイの仲間で、1千万年ほど前にニュージーランドへ飛来したセイケイが進化したものといわれているが、繊維質のかたい植物タソクを常食していたためかクチバシが異常に発達し凄味がある
b0144049_17251796.jpg
b0144049_17252558.jpg

オオハシインコ(RED-CROWNED PARAKEET)
ついでといっては申し訳ないが、野鳥保護センターで撮影した鳥を2種
一つはカラフルなインコの仲間 数が少ないが南島よりさらに南のスチュアート島では見られるらしい
ちなみにスチュアート島では自然状態のキウイも見られるというが完全な夜行性で写真は難しそうだ
b0144049_17314391.jpg

ニュージーランドアオバズク(MOREPORK)
もう一つは固有種のアオバズク
檻の中で飼われていたが真っ暗な小屋に隠れていてまともな写真は撮れなかった
もっとも、この鳥の鳴き声はミルフォードサウンドのプレファブ宿舎で真夜中に聞いた
イギリス人はこの鳴き声をMORE PORK(もっと豚肉をくれ!)と聞きなしたようだ
b0144049_17383060.jpg

ニュージーランドバト(NEW ZEALAND PIGEON)
固有種の鳩だがとにかくでかい 普通のドバトの2倍はある(色はレインボウカラーで美しい)
食欲旺盛な鳥のようで飛べなくなるほど食べ過ぎることもあるらしい
写真の個体はスマートな方だが、まんまるいメタボの個体も見かけている
b0144049_17485679.jpg
b0144049_1749772.jpg

リュウキュウツバメ(WELCOME SWALLOW)
ツバメは日本でも南西諸島(沖縄県)に定着しているリュウキュウツバメだった
東南アジアからオーストラリアに分布するツバメでいわゆる渡り鳥ではないようだ
もちろん人為的に移入された鳥ではなく、自力でオーストラリアから渡ってきたのだろう
b0144049_1757451.jpg

ハイムネメジロ(SILVER EYE)
ネイティブではあるが、オーストラリアから渡ってきた種のようである
アイリングがくっきりしていかにもメジロという顔をしている(頭がオレンジ色なのは蜜を吸うときに花粉がつくからだ)
b0144049_1841998.jpg

ハイイロオウギビタキ(FANTAIL)
個人的な感覚でいうとオウギビタキは南太平洋の鳥だ  サイパンのゴルフ場で良く見かける
ニュージーランドの鳥類図鑑でも単純にFANTAILと記述されているので、サイパンのFANTAILと同一種かどうか定かではない
昆虫類を常食としており、割と平気で人間の近くを飛びまっわていることが多い
b0144049_18185499.jpg
b0144049_1819935.jpg

ニュージーランドセンニョムシクイ(GREY WARBLER)
世界中のムシクイの仲間と同じで茂みの中をちょろちょろと飛び回り、声はすれども姿は見えずという鳥だ
特にAFの望遠レンズを使うフォトグラファーには苦手な被写体だと思う
幸か不幸か私の400ミリは古いマニュアルフォーカスなのだが、個体数が多い割にはまともな写真が撮れなかった
b0144049_1826457.jpg

エリマキミツスイ(TUI)
被写体が遠かったので鮮明さに欠けるが、喉の部分の白い雪洞のようなエリマキがお分かりになるだろうか
エンデミック(地域固有種)で、特徴がある小鳥は見るだけで胸の高鳴りを覚える
b0144049_18362927.jpg

ニュージーランドコマヒタキ(NEW ZEALAND ROBIN)
ヨーロッパコマドリに雰囲気が良く似た可愛い小鳥
色はモノトーンだが目が愛くるしく、脚が細く長いのが印象的だ
もちろん固有種で数はそれほど多くはない (考えてみればヨーロッパコマドリは移入されなかったのだろうか あるいは定着しなかったのかもしれない)
b0144049_18425061.jpg
b0144049_1843157.jpg

ミドリイワサザイ(RIFLEMAN)
山の鳥の最後はニュージーランド固有種の中の一番小さい鳥 ピンポン玉くらいの大きさで尾羽も短く最初の写真で見るようにまさに小さなボールのイメージ
ブッシュの中を敏捷に動き回る鳥だが、運が良かったせいか結構アップのショットを獲ることができた
b0144049_2162514.jpg
b0144049_2163830.jpg
b0144049_2165098.jpg


by mustachio | 2012-11-30 16:55 | Comments(0)
2012年 11月 28日

ニュージーランドの鳥(1)

b0144049_1521591.jpg

先に述べたように200年前、ヨーロッパからニュージーランドへ移住してきた西洋人はヨーロッパの文化をそのまま持ち込んでしまった
家畜だけならまだしもハンティング用のターゲットも生活の一部である周辺の小鳥たちも故意に輸入してしまったのだ
確かにニュージーランドという土地はヨーロッパと南北が反対になるだけで緯度も地形も良く似ていて、動植物まで持ち込めばヨーロッパと同じ環境ができてしまう

ニュージーランドの人口の3分の2はヨーロッパ系白人で、言葉は英語  太陽が北にあって左から右ではなく右から左に移動することに慣れれば生活はヨーロッパと全く同質になる

ヨーロッパの野鳥が定着したのはバードウォッチング好きな英国人の努力のたまもののようだが、とにかく街のなかにヨーロッパ原産の鳥が飛び交う様は、我々外国人から見ると異様である

クロウタドリ(BLACK BIRD)
個人的にヨーロッパのイメージが強い鳥はこのクロウタドリ
観光旅行でフランスやスペインを歩いても、どこの町でもこの鳥に出会った
ニュージーランドでもどこへ行ってもこの鳥がいて、街の雰囲気によくマッチしていた
b0144049_1547642.jpg

ウタツグミ(SONG THRUSH)
今年の春フィンランドを旅した時には多数のノハラツグミとワキアカツグミに出会った
ウタツグミも見ているのだが数が少なく写真は撮れていない
ヨーロッパでも自然環境が悪化していて、100年後にはニュージーランドだけにヨーロッパ原産のウタツグミのような野鳥が存続するといった事態が起こるかもしれない
b0144049_1693994.jpg

ホシムクドリ(STARLING)
ヨーロッパの鳥だが、印象としては北アメリカの鳥というイメージが強い
カナダのバンクーバーなどでは都会の真ん中にこのムクドリが群れをつくって餌をとっている
ニュージーランドでも群れを見かけたが市街地より草原に多かったようだ
b0144049_16172520.jpg
b0144049_16173640.jpg

ズアオアトリ(CHAF FINCH)
フィンランドで初めて会った(と思う)小鳥
色彩的にきれいな鳥で追いかけまわして苦労しながら写真を撮った
そのズアオアトリがニュージーランドにたくさんいた 予想もしなかった再会である
1枚目はオス、2枚目がメスの写真だ
b0144049_16243541.jpg
b0144049_16245151.jpg

ヨーロッパカワラヒワ(GREEN FINCH)
日本のカワラヒワと区別するために和名ではヨーロッパがつくが、英語ではこちらがGREEN FINCHで、アジア産はORIENTAL GREEN FINCHと説明つきになる
日本のほうがはるかにニュージーランドに近いのにこちらにはカワラヒワはいない
b0144049_1637194.jpg
b0144049_16373378.jpg

ベニヒワ(COMMON REDPOLL)
ヨーロッパ・北アメリカでは普通種
6月の北欧では希少種のコベニヒワ(ARCTIC REDPOLL)のほうの写真が撮れたがベニヒワは撮れなかった
同行者の方が早朝ベニヒワの大群に出会ったそうだが、こちらは寝坊したせいで会いそこなった
b0144049_16481432.jpg

ゴシキヒワ(GOLD FINCH)
これまでゴシキヒワとの出会いは一度しかなかった オーストリアのノイジードラーの街中である
イギリスなどヨーロッパには広く分布するが北欧にはいない
赤・黄・茶に白と黒を加えて日本名「五色鶸」  個性的なデザインの鳥で楽しい再会だった
b0144049_16553444.jpg

ヒバリ(EURASIAN SKYLARK)
英名にEURASIANを付けたが現地の図鑑ではただのSKYLARK
要するにヨーロッパアジア共通種で日本のヒバリと同じ鳥だ
わざわざニュージーランドまでヒバリを連れてくるなど英国人も酔狂なことをするものだが、遠く離れた南の島でヒバリのさえずる声を聞くと確かに故郷(日本)にいる気分になれるものだ
b0144049_1755170.jpg
b0144049_1755782.jpg

イエスズメ(HOUSE SPARROW)
スズメは故意に連れてきたというより、貨物船に紛れ込んで来てしまったのではないか
とにかくこのヨーロッパの普通種が北米・南米にも南アフリカ・オーストラリアにも住みついているのだ
ただ日本のスズメとは顔つきも異なるので、あくまでも外国の鳥だ
ちなみに日本のスズメは英名TREE SPARROW といってヨーロッパでは希少種で、英国人バードウォッチャーは日本のスズメを見れば目の色を変えて追いかけることになる
b0144049_1717231.jpg
b0144049_17173056.jpg

カササギフエガラス(AUSTRALIAN MAGPIE)
スズメといえばカラスとくるが、現地ではカラスを見かけなかった(移入種ではあるがミヤマカラスはいるらしい)
英名から判断してもこの鳥はカササギだが形状・行動はカラスそのものだった
カラスは真っ黒というのは日本人の思い込みで外国に行くと灰色や白が入ったデザインのカラスは普通である
このカササギフエガラスはヨーロッパからではなく隣のオーストラリアから入ってきた鳥である
b0144049_17255441.jpg

コウライキジ(PHEASANT)
南アルプス山麓地方でキジを見つけた
日本のキジではなくグローバルなコウライキジである コウライキジは名前のように朝鮮半島のキジではなく、広くユーラシア・北アメリカに分布している
ニュージーランドには狩猟のターゲットとして持ち込まれたものだろう
b0144049_17325198.jpg

マガモ(MALLARD)
現地の鳥類図鑑によるとヨーロッパからの移入種となっている
渡り鳥なので自力で渡ってきてもよさそうなのだが、やはり狩猟目的の移植なのだろうか
もし渡りをするなら冬は暖かい北へ渡ることになるのか興味深い
b0144049_17413776.jpg
b0144049_1742956.jpg

コクチョウ(BLACK SWAN)
北欧のイメージがある中部山岳地方の湖は白鳥が似合うのだが、残念ながら出会いはなかった (移入種だがコブハクチョウは一部の地域にいるらしい)
多かったのはコクチョウのほうでこちらは完全に定着していた
2枚目の親子連れは海のクルーズで撮影した写真である
b0144049_17525248.jpg
b0144049_1753322.jpg

シジュウカラガン(CANADA GOOSE)
外来種最後は大型の鳥カナダガン
ヨーロッパにもいることはいるのだが、名前の通りカナダの鳥だと思う
カナダガンが道路わきで遊んでいると自分がバンクーバーにいるのではないかと錯覚してしまう
こちらはアメリカ人(カナダ人)が連れてきたのだろうか
b0144049_17585422.jpg


by mustachio | 2012-11-28 15:49 | Comments(0)
2012年 11月 26日

ニュージーランドの動植物

b0144049_17511483.jpg

先入観というのは恐ろしいもので今回の旅行に出かけるまで、ニュージーランドの動植物はオーストラリアの動植物とほとんど変わらないと思い込んでいた
オーストラリアの動植物はパプアニューギニアやインドネシア・マレーシア(ボルネオ)とよく似ていることは経験的に理解している(有袋類は特別だが)
世界地図で見るとオーストラリアとニュージーランドはすぐ隣同士の国なので生物環境も似たようなものだと勝手に想像していた
ところが両国の距離はなんと3000キロもあるのだという
ガラパゴスが南米大陸から1000キロ離れていてあれだけ固有種が多いのだから、3000キロは生物環境で別世界を形成するのに十分な距離なのだ

1000年ほど前にマオリ族がニュージーランドに住みつく以前はクジラやオットセイのような海洋生物を除くと哺乳類は蝙蝠くらいしか棲息していなかったという つまり完全なガラパゴス的環境が保持されていた
昔のニュージーランドでは天敵のいない世界で鳥類が勢力を持ち、逆にキーウィやペンギンなど飛ぶ能力を放棄してしまった鳥も多い

様相が変わったのはイギリスの植民地になってからで、羊をはじめとする家畜類が大量に導入され、ハンティング用のウサギやキツネなども移入されたため生態系ががらりと変わってしまった
現在ではニュージーランドの固有動植物の保護が徹底されて、希少種も少しずつ増えているようだが、もともと哺乳類がいなかった世界なので鳥以外の動物では貴重な存在といわれる種はいないようだ


ニュージーランドの哺乳類
家畜を除くと出会った哺乳類は種類が少ない
数が多かったのはFUR SEAL,つまりオットセイで、ひところは毛皮を取るために乱獲されて絶滅の危機に陥ったこともあるようだが、現在は手厚く保護されて海岸でのんびりと暮している
野生の哺乳類としてはイタチやオーストラリアから渡ってきた有袋類のオポッサムが多いようだが、夜行性で写真撮影のチャンスはなかった(野兎だけは写真を撮ったが)
b0144049_18284682.jpg
b0144049_1829034.jpg
b0144049_1829542.jpg
b0144049_18291974.jpg
b0144049_18292613.jpg
b0144049_18293959.jpg


ニュージーランドの昆虫
何回か自己紹介をしているが、私のネイチャーフォトのメインテーマは蝶である
ただ海外に蝶を見に行くツアーなどは聞いたことがないので、家内のお伴でバードウォッチングツアーに参加し、これを利用して外国の蝶の写真を撮っている
今回もそれを期待していたのだが、現地へ行ってみて「ニュージーランドには基本的に蝶がいない」ということがわかった
蛾は結構いるようだが、1週間で見かけた蝶はわずか3頭  モンキチョウのようなシロチョウ系が2頭とヒメアカタテハのようなタテハ系が1頭だけだった
さすがのイギリス人もヨーロッパから蝶を連れてくることはしなかったらしい

昆虫で特筆すべきものといえば観光地ミルフォードサウンドのブヨ(ブユ)の大群
18世紀から人類の敵として君臨していたようで、キャプテンクックの名言が大きく展示されていた
b0144049_18561828.jpg


ニュージーランドの植物
ヨーロッパに変貌してしまったニュージーランドであるがオリジナルの植物も残っていないわけではない
特に山岳地では原生林が良く保存されているが、標高の低いところはほとんど牧草地でポプラなど欧州原産の樹木が点在する世界だ
キャプテンクック以前のニュージーランドは次の写真にある枯れ草の塊のような植物が一面に生えていたらしい(この植物は名前を現地語でタソクといい、絶滅危惧鳥類であるタカヘがこのタソクを食べていたようだ)
b0144049_9482714.jpg

原生林のメインの樹木はブナに似た植物 林床に苔とシダが繁茂する森が基本のイメージである
特にシダはニュージーランドを代表する植物でニュージーランド航空やラグビーのオールブラックスのシンボルマークとなっている
b0144049_956985.jpg
b0144049_9562253.jpg
b0144049_9563673.jpg
b0144049_957199.jpg
b0144049_9571657.jpg

海岸地方に多いソテツのような植物も固有種 ニュージーランドにはヤシの木がなかったのでマオリ族の人々は住居建築用にこの繊維質の植物を常用したという
b0144049_9595953.jpg

「花」についていえば、ニュージーランドにはもともと派手な美しい花が存在しなかったようだ
基本的に花の色は白で、蝶がいないため蛾が花粉を媒介する世界では夜に目立つ白色が種族保存のポイントだったという
南アルプス山麓では「マウントクックリリー」という白い美しい花に出会った
イメージとしては日本の高山植物であるサンカヨウに近いが、キンポウゲ科で最近では名前もキンポウゲを表す「マウントクックバターカップ」に変更されつつあるようだ
b0144049_10104147.jpg
b0144049_1011164.jpg
b0144049_10114550.jpg

原産種の美しい花をもう一つ  ラージマウンテンデージーという山の花だ
b0144049_1013598.jpg

スミレなども白い目立たない種で写真にはなりにくい ヨーロッパの派手なスミレが街にあふれるのはやむを得ないかもしれない
b0144049_10161844.jpg

次の二つは白い花ではなくピンクの色つきである
野生植物だがオリジナルか外来種かは確認できていない
b0144049_10174715.jpg
b0144049_10181297.jpg

最後に外来種繁殖の問題
一つはルピナスで海岸付近の低地には黄色いルピナス、山岳地には紫系のルピナスが勢力を張っている
マウントクックを背景にしたルピナスは写真の素材としては良いのだが、生態系には悪影響が出ていて、駆除の方向で活動が行われている
b0144049_102684.jpg

もっと問題が大きいのがエニシダ
垣根などに使う目的でヨーロッパから持ち込まれた植物が野生化してしまい、到る所にエニシダが茂っている
旅行したのが春のシーズンだったので全山まっ黄色の山があちこちにあり「イエローアイランド」の印象が強く残った
こちらも駆除活動を進めているようだが、セイタカアワダチソウのように生命力旺盛でコントロールができないらしい
今、ニュージーランドではオリジナルの動植物の保存に多大な労力を費やしているようで、200年前のヨーロッパ化という自然環境破壊が「負の遺産」として現代の負担となっているようだ
b0144049_104195.jpg


by mustachio | 2012-11-26 18:29 | Comments(0)
2012年 11月 25日

南半球のヨーロッパ・ニュージーランドへ

b0144049_1684381.jpg

今度はニュージーランドへ行ってきました
オーストラリアは経験済ですがニュージーランドは初めてです
11月6日から14日まで、往復にそれぞれ1日かかりますので実質1週間の滞在でした
(ニュージーランドなど近いようですが、直行便でも片道11時間くらいはかかります)

一言でいえば「風光明媚」  比較的天候にも恵まれ、十分「観光旅行」を楽しんできました
タイトルを「南半球のヨーロッパ」としましたが、率直な印象は「ヨーロッパのコピー」  まさに英国(ヨーロッパ)が再現された感覚です

旅行の目的は例によってバードウォッチングなのでおいおいニュージーランドの鳥について触れていくことになりますが、イギリス人はなんとヨーロッパの野鳥までニュージーランドへ連れて行ってしまったのです
羊の牧場やワイン用の葡萄畑などは前もって予想されましたが、ヨーロッパの野鳥が普通に飛んでいるのにはびっくりしました

シリーズ第1回は概略予定のご紹介と風景写真のご披露となります

南島北部カイコウラ周辺
ニュージーランドは南島と北島にわかれていますが、観光地は南島がメインのようです
直行便の到着は南島のクライストチャーチ、そこから車で北部東海岸のカイコウラへ向かいました

ニュージーランドには鉄道もありますが主として貨物用で旅客用は1日1本程度の運行とききました
移動の途中でワイン畑(ではなくて葡萄畑)の続く中を汽車(ディーゼル車)と並走するシーンがありました
b0144049_16475128.jpg


カイコウラは近海で暖流と寒流がぶつかりあうため海の栄養価が高く、クジラ・イルカ・オットセイなど海洋生物の観察で有名なスポットです
海岸の町ですがすぐ近くに雪を残した山脈が連なっており、素晴らしい景観です
私たちはボートで沖に出てアホウドリなど海鳥を観察しました
b0144049_1701782.jpg
b0144049_1703189.jpg
b0144049_1704660.jpg


南島中央部山岳地方へ移動
次はニュージーランド南アルプスと呼ばれる山岳地方へ移動しました
全体としては氷河の浸食により形成された山脈が連なり、森と湖の国です
有名な湖の一つにレイク・テカポがあり、湖畔には観光スポットである古い教会があります
南アルプスの最高峰はキャプテンクックにちなんで命名されたマウントクックで、富士山より少し高いくらいですが険しい山のようです
山麓にはニュージーランドの登山家ヒラリー卿の銅像があります(もちろん、子供の頃映画を見てあこがれた世界で初めてのエベレスト登頂者です)
b0144049_17214134.jpg
b0144049_1721385.jpg
b0144049_1722333.jpg
b0144049_1722098.jpg
b0144049_1722324.jpg


ダニーデンとオタゴ半島
南部東海岸のダニーデンは1860年ごろゴールドラッシュがあり、スコットランド人が多く入植して作り上げたミニスコットランド
近くにオタゴ半島があり、シロアホウドリやペンギンの観察地があります

ニュージーランドの国内移動はどこへ行っても羊の群れにぶつかりました
かって1憶2千万頭といわれた羊の数は現在7千万頭くらいということでした(人口は420万人くらいです)  化学繊維(フリース)の力にウールが苦戦しているようです
b0144049_17433978.jpg
b0144049_1743533.jpg
b0144049_1744248.jpg


ミルフォードサウンド
旅程の最後は西海岸のミルフォードサウンド
氷河が造ったフィヨルドが素晴らしい景観で有名な観光地で日本人の観光客も多い所です
ティアナウ湖からミルフォードランドへつながるミルフォード・トラックは世界で最も美しいといわれる人気のトレッキングルートですが、現在はトンネルが開通して比較的簡単にアクセスできます
ただ現地に宿泊施設がほとんどない(トレッカー用のロッジと仮設住宅程度の一般用宿泊設備のみ)ので、観光客はティアナウやクイーンズタウンからの日帰りになります
さすがに「絶景」が多く、撮った風景写真の数が膨大になってしまいました
b0144049_18233069.jpg
b0144049_18232871.jpg
b0144049_18235732.jpg
b0144049_18235571.jpg
b0144049_18242551.jpg
b0144049_18242842.jpg
b0144049_18245732.jpg
b0144049_18245415.jpg
b0144049_1825284.jpg
b0144049_18252527.jpg

ニュージーランド旅行のイントロは以上です
以下(VOL.2以降)、動植物とメインの鳥の観察記録が続きます

by mustachio | 2012-11-25 16:36 | Comments(0)