還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 25日

南アフリカの花04

b0144049_17192396.jpg

前号(南アフリカの花03)でカルー(乾燥)地帯の花を取り上げたが、トウダイグサやアイスプラントなど多肉植物が主体だった
カルー地帯でいろいろな植物(花)を撮影する機会があったが、必ずしも多肉植物ばかりではなく普通の植物も多い
特に日本でも見られる園芸植物のオリジナルのような花も多く、南アフリカの花園を十分堪能することができた

CAPE MARIGOLD
現地の植物図鑑によればこの花はCAPE MARIGOLD なのだが、調べてみるとマリゴールドはカーネーションに似た形状のオレンジや黄色の花でもともとはアメリカ大陸系の花のようだ(同じキク科の花だがまったく似ていない)
カルー地帯で見たCAPE MARIGOLDは純白のキク科の花で、乾燥した大地から健気に立ち上がる姿は印象的だった
b0144049_17404490.jpg
b0144049_17404872.jpg
b0144049_1741256.jpg


FELICIA
ノコンギクのようなキク科の花はフェリシア
植物としての背丈は小さく葉もほとんどないのに花は大きく非常に目立つ
花が大きいのは生物として生き残るための手段なのだろうか
b0144049_17545842.jpg
b0144049_17551735.jpg
b0144049_17552034.jpg


YELLOW GAZANIA
全く野生の(自然の)花なのだが、西洋庭園の花壇に植栽されたような存在感のある花だった
こちらも砂地から花が直接立ち上がっているような印象だ
b0144049_1843164.jpg
b0144049_1844113.jpg
b0144049_1844766.jpg
b0144049_1845665.jpg


EURYOPS
黄色いガーベラのようなおとなしいイメージの花
野草の雰囲気はこちらの花に軍配が上がる
b0144049_189230.jpg


COTULA
英名(俗名)BUTTONS 要するにボタン(牡丹ではなく釦)のことである
日本の花でいえばアザミの仲間に球状の花を持つものがあるが、こちらは真っ黄色の球の集団だ
写真のようにそれが野原一面に拡がる様はまさに壮観である
b0144049_1823539.jpg
b0144049_18242471.jpg
b0144049_18241479.jpg


NAMAQUALAND DAISY
ナマクアランドというのは南アフリカの地名 それも最大規模の原種植物の生育地で「神々の花園」として知られる有名なポイントである
植物写真家には聖地と呼ばれるところで日本からもツアーが出ているのだが、今回はフラワーウォッチングではなかったので残念ながらナマクアランドへは行けなかった
このDAISYはその名前を冠しているので花の写真だけはアップしておきたい
b0144049_1853330.jpg


その他のキク科の花
前にも触れたように現地で WILD FLOWERS OF SOUTH AFRICA という植物図鑑を買ってきたが、1冊の写真図鑑で植物を同定するのはいささか無理がある
キク科と思われる花が他にもあったが名前はわからない
b0144049_1857350.jpg
b0144049_18571265.jpg


GERANIUM
植物は日本の野草が手いっぱいで海外の野草まではとても手が回らない
園芸植物も苦手な分野なので植物の英名は覚えきれない
最近になって英語のゼラニウムが日本語のフウロソウと同じであることに気がついた
ゼラニウムもアフリカ起源のものが多いようだ
b0144049_21452497.jpg


DESERT PRIMROSE
植物の英語名に弱いといいながらPRIMROSEがサクラソウであることくらいはわかっている
この黄色いサクラソウの英語名はDESERT PRIMROSEで、砂漠のサクラソウということらしい
外観では特に乾燥地対応のようには見えなかったが
b0144049_21543975.jpg


GLADIOLUS
グラジオラスなら子供のころから知っている
図鑑によればこの名は野生のグラジオラスの1種のようだ
球根で育てるグラジオラスとは少しイメージが違うような気がするが.....
b0144049_2233055.jpg


GRASS LILY
6弁の花だったので撮影時からユリ科の花と睨んでいたが、図鑑によるとグラスリリーということだった
日本のアマナに似た雰囲気がある可愛い花である
b0144049_22202069.jpg


NAMAQUA RIVER LILY
こちらもユリ科の花
オレンジ色なので日本でいえばキツネノカミソリに近いと思うがもっと淡色で上品なイメージだった
英名にナマクアが付くので南アフリカの固有種だと思う
b0144049_22225816.jpg


CHRISTMAS BERRY
図鑑の写真を片っ端からチェックして一番似ていると思われる植物がこのクリスマスベリーだった
花弁の隙間から萼が覗いているところはイチゴの花に似ているがピンクのイチゴ(の花)は見たことがない
このタイトルは全く自信がないので参考にしていただかないようお願いする
b0144049_22464597.jpg


GHOST ORCHID
蘭の仲間
エビネに似た雰囲気はある
b0144049_22493781.jpg


ORCHID
こちらも蘭の仲間だと思うが図鑑ではぴったりの写真が見つからなかった
b0144049_22504423.jpg


TRITONIA
名前はギリシャ神話のトリトンから来ているのだろうと思う
色彩的なイメージはアヤメに結び付かないがIRIS FAMILY(アヤメ科)の花だ
b0144049_2303146.jpg


CYANELLA
CYANELLAは学名 英名はLADY'S HANDというらしい
どこが女性の手に似ているのかさっぱり分からない
b0144049_2375539.jpg


KAROO VIOLET
時期は南半球の春だったのにアフリカではスミレの仲間を見なかった
唯一の例外がこのカルーバイオレットで鳥の現地ガイドがこれは乾燥地固有のスミレだと教えてくれた
色彩的にはバイオレットなのだが形状的にスミレのイメージがないので、教えてもらわなければスミレだとは思わない
b0144049_14264999.jpg


LARGE BLUE SAGE
そういえばシソ科の植物もほとんど見なかったように思う
この花は典型的なシソ科の花で、ノスタルジアを感じさせた
b0144049_14365848.jpg


ユキヤナギ
日本の花を感じさせる花をもう一つ
種名等は不明だがまずバラ科の花だと思う まさにユキヤナギそっくりの花だった
b0144049_14414022.jpg


ツルニチニチソウ
日本の固有種ではなくむしろ外来種として日本に定着しているツルニチニチソウと思える花を見つけた
後で調べてみるとツルニチニチソウはヨーロッパ系の花でアフリカ原産ではない
西洋人がアフリカに持ち込み、帰化植物となったものだろうか
b0144049_14471558.jpg


アツケシソウ
乾燥地植物の最後はアツケシソウモドキ
花ではなく植物全体が赤いのだが、群生して赤い絨緞のように広がっていた
アツケシソウは塩湿地の植物なのだが、こちらの赤い絨緞はカルーの乾燥地帯とベストマッチの印象を受けた
b0144049_1513490.jpg
b0144049_151585.jpg


by mustachio | 2013-11-25 17:41 | Comments(0)
2013年 11月 23日

南アフリカの花03

b0144049_1736418.jpg


「カルー」という言葉を70歳を過ぎて初めて知った
アフリカ南西部に拡がる半砂漠気候の土地がカルー(KAROO)と呼ばれる地域で、半砂漠地帯とでも訳しておけばいいと思う

実はこの地域はカルー植物群系と呼ばれる世界的に珍しい固有の植物が多く見られる貴重な場所なのだ
南アフリカにはバードウォッチングツアーで出かけたため植物については全く予備知識なしの旅行だったが、たまたま花を見るためにもベストシーズンに当たったようで、美しい花の姿を鑑賞し、撮影することができた

植物については手元に資料がほとんどないので専門的な説明はできないが、美しい花の写真集として見ていただきたい

EUPHORBIA
カルー植物群の基本的な特徴は「多肉植物」であることだ
もちろんそうでない植物も多数存在するのだが、まずは多肉植物系の写真からスタートしたい
EUPHORBIAというのはトウダイグサのこと
日本で多肉植物というとまずベンケイソウ科の植物をイメージするが、南アフリカのトウダイグサは立派な多肉植物だった
b0144049_183254.jpg
b0144049_1825573.jpg
b0144049_1834698.jpg


白いアイスプラント
日本ではアイスプラントと呼ばれる野菜があるようだが、英語のICE PLANTはザクロソウ科の植物のようだ
図鑑で見る限りキク科の花とそっくりの植物だが、DAISY FAMILY とは全く別のJCEPLANT FAMILYを形成している
花の名前はLAMPRANTHUSかCONICOSIAではないかと思うが、あくまでも推定である
b0144049_18203885.jpg
b0144049_182186.jpg
b0144049_1820541.jpg
b0144049_18212439.jpg

b0144049_1440526.jpg


黄色いアイスプラント
こちらは黄色いアイスプラント  種名の候補はCHEIRIDOPSISかJORDAANIELLA
かたい地面からけなげに立ち上がって花を咲かせていた
b0144049_18342734.jpg
b0144049_1834056.jpg


ピンクの花
ピンクというより赤紫という表現のほうが正しいかもしれない
灌木というほどではないが比較的背が高くまとまっているので、目立つ花だった
図鑑で見るとやはりICEPLANT FAMILYではないかと思えるのだが、ぴったりの名前が見つからなかった
b0144049_1840172.jpg
b0144049_18405115.jpg
b0144049_18402086.jpg
b0144049_18411249.jpg
b0144049_18404252.jpg


カルータンポポ
どう見てもタンポポの花
現地で求めた図鑑(WILD FLOWERS OF SOUTH AFRICA)には該当する写真が見つからず名前はわからない
花はキク科の花だが、花から下は多肉植物そのもの日本の植物に見慣れた目には違和感がある
b0144049_18524079.jpg
b0144049_1852162.jpg


カルーボケ
カルータンポポなどというタイトルを冗談で勝手に作ってしまったついでにもう一つカルーボケを命名した
手に入れた植物写真図鑑には木本の花がほとんど載っておらずこの植物の種名は不明である
乾燥地の植物の特徴に棘という特性がある  サボテンはまさにその典型だがマダガスカルなどのサバンナの植物も棘があるものが多かった
日本でもカラタチなど柑橘系の植物に棘が多いが、カルーで見た白い花は木の形がボケそっくりでまさに「カルーボケ」そのままの印象だった
b0144049_20373421.jpg
b0144049_20382991.jpg
b0144049_2038035.jpg


by mustachio | 2013-11-23 18:03 | Comments(0)
2013年 11月 07日

南アフリカの花02

b0144049_16451327.jpg

ツアーの2日目はロックジャンパーという希少種の鳥を探しにルイエルス地区を歩いた
ケープタウンより少し東寄りになるが、それでも大西洋とインド洋を分ける最南端の岬よりは西側で、一応大西洋岸といえる地域だ
ただ鳥を探して歩いたプロムナードは海岸からかなり離れた石灰岩の多い比較的乾燥した草原のような環境である
道のわきには自然の花が咲き乱れ、清楚なイメージでなく派手な(ゴージャスな)色彩の野草が多く、印象的なフィールドだった

以下に掲載する写真はすべて現地で撮影したものであるが、コメントに使う花の名前は全くの素人の推定で専門的知識に依存するものではない
同定が間違っていてもお許しいただきたい

GORDON'S BAY PINCUSHION
タイトルバックにも使用したが、現地で割と多く見られた花
日本の花ではコデマリに近い印象だが、良く見るとサボテンの雰囲気もある(分類的にはピンクッションの仲間らしい)
この地域の植物は多肉質の葉を持つものが多いようだ
b0144049_17213892.jpg
b0144049_1721466.jpg


SPIDER HEAD
「蜘蛛の頭」という植物 どこが蜘蛛に似ているのかは分からない
遠目には沈丁花だが葉の形は針葉樹  日本の植物とは比較できない
b0144049_17281391.jpg
b0144049_1728415.jpg


GNIDIA TOMENTOSA
図鑑(WILD FLOWERS OF SOUTH AFRICA)から名前を推定した
分類的には DAPHNE FAMILY というので沈丁花の仲間らしい
b0144049_17373534.jpg


BRUNIA
図鑑ではぴったりの写真が見つからなかったが、どうもBRUNIAという植物に近いらしい
花よりも葉のほうに雰囲気がある
緑から黄色へのグラデーションは素晴らしい
日本の植物では紅葉にグラデーションが見られるが、フレッシュな葉のグラデーションはまず見られない
b0144049_1755974.jpg
b0144049_17552192.jpg


CONE BUSH
植物学的に「花」を定義するのは結構難しい
花と思われる部分が萼であったり苞葉であったりする  つまり花びらと思われる部分が花ではなく葉であったりするのだ
写真の植物もどこが葉でどこが花かよくわからない
3枚目の松ぼっくりのような実も同じ(あるいは近似の)植物の実だと思われるが詳しくはわからない
b0144049_18123397.jpg
b0144049_1813612.jpg
b0144049_18125352.jpg


シソ科?キキョウ科?
ぴったりの植物は図鑑では見つけられなかった
筒状花で花柱が飛び出している
少なくともこのような形状でピンクの花は日本の野生植物にはない
b0144049_21484371.jpg
b0144049_21484544.jpg


またウメモドキ
ウメモドキと勝手に命名した花に再会した
和風イメージの花である
b0144049_2155875.jpg


松葉菊
最近見かけなくなったが、子供の頃家庭の庭に普通の園芸種としてマツバギクという植物があった
小さい背丈で多肉質線状の葉を持ちいろいろな色の花が咲いていた
南アフリカで見たこの植物はまさに松葉菊の雰囲気で何となくノスタルジアを感じた
b0144049_22444391.jpg


INK PEA
見ての通りマメ科の花
マメ科は英語でもPEA FAMILYと呼ばれるらしい
日本でいえばセンダイハギに似た植物だった
b0144049_22522822.jpg


CAPE GORSE
和名はハリエニシダ
針のような葉を持ったエニシダである
日本の植物分類ではエニシダは当然マメ科なのだが、英語ではGORSE(エニシダ)はPEA FAMILYではないらしい
以前ニュージーランドを訪問した時ヨーロッパから移入したエニシダが到る所に繁茂していてびっくりしたが、こちらはケープ地方のオリジナルのようだ
b0144049_2321357.jpg


ヒヨドリジョウゴ系の花
勝手にヒヨドリジョウゴと表現したが、色も雰囲気も全く似ていない
要は花の形状が似ているだけのことである
図鑑の中に似たような花が見つからず、正体不明の花だ
b0144049_2381152.jpg


PINK PLUME
セージ・サルビアに近い植物だと思う
ところでサルビアは何科の植物だったろうか シソ科のような雰囲気もあるがとにかく園芸植物は苦手である
b0144049_23175843.jpg


FORGET-ME-NOT
図鑑では確認できなかったがこれはワスレナグサだと思う
内陸部の乾燥地帯でもこの花を見かけた
b0144049_2321434.jpg


ICE PLANT
当然キク科の花かと思ったが、DAISY FAMILYと別にICE PLANT FAMILYというのがあった
図鑑には菊のような花がICE PLANTとはっきり載っているのだが、日本でいうアイスプラントはどうも食用野菜の1種のようで繊細な花をつける植物とは違うようだ
b0144049_23294952.jpg
b0144049_23303023.jpg


DAISY FAMILY
最後に残ったのが菊の仲間
ケープ半島と同じようにこの地域もデージーファミリーがたくさん咲いていた
日本で野生の菊がピンクだったりすると違和感がありそうだが、南アフリカの環境ではどんな色でも自然に感じることができる
b0144049_23392513.jpg
b0144049_2339372.jpg
b0144049_23394784.jpg
b0144049_23392472.jpg
b0144049_2340928.jpg
b0144049_23395086.jpg
b0144049_23403576.jpg
b0144049_2340144.jpg


by mustachio | 2013-11-07 17:22 | Comments(0)
2013年 11月 06日

南アフリカの花01

b0144049_20565646.jpg

「南アフリカの鳥」の連載を終えてからしばらく間が空いてしまった
鳥以外の写真の整理はある程度進んでいたのだがどのようにブログにアップしたらよいかイメージが湧かない
もともと植物は得意分野ではないのだが、リタイヤ前の一時期花の写真をやっていた期間があり日本の花なら一応の心得がある  つまりたいていの花の名前はわかると思っている
ところが海外の植物となるとさっぱりで英語名などチンプンカンプンである
園芸植物に詳しい方ならある程度植物の英語名もご存じだと思うが、園芸種の花にはあまり興味がないので基本ができていない

ただ今回の南アフリカ旅行では季節がよかったせいもあって自然の中でたくさんの花を見、写真を撮る機会があった
南アフリカはまさに「花の国」で園芸種のオリジナルに当たる種類も多いという

花の写真は数多く撮影したが、分類など体型が頭に入っていないのでどのように整理したらよいかイメージが湧かなかったということである

ただ美しい写真がたくさんあるのにWEBに載せないのも心苦しいので、ネイチャーフォトという制限から離れてただ美しい花を紹介することとしたい
説明なしの花の展覧会ということでご了承いただきたい

デージーファミリー
日本流では「キク科の花」ということになると思うが正確かどうかは分からない
喜望峰周辺の海岸地帯にはキク科の花が多かった
色も白、黄色、ピンク、紫などキクそのものなのだが、葉や茎の状態は全く違う
木本であったり、肉厚の葉があったりで日本の菊のイメージとはかなり差があった印象は強い

b0144049_21255398.jpg
b0144049_21254683.jpg
b0144049_2126192.jpg
b0144049_21261431.jpg
b0144049_21264614.jpg
b0144049_21263727.jpg
b0144049_21271064.jpg
b0144049_2127044.jpg
b0144049_21273127.jpg
b0144049_21272236.jpg

b0144049_213214.jpg
b0144049_2132967.jpg
b0144049_2132262.jpg


ワニグチソウ
無責任な話で申し訳ないが、蕾が二つずつぶら下がっているので勝手に鰐口草を連想した
この植物が何という名前なのか現地人のガイドに英語で教えてもらったのだが、年のせいか思い出せない
(ぶら下がっているのが蕾かどうかも定かではない)
b0144049_221497.jpg


ピンクッション
この花の名前はガイドから教えてもらってよく覚えている
ピンクッションという名前は日本でもかなりポピュラーなようで、園芸に詳しい女性はかなりの確率でご存じのようだ
ちなみにピンクッションにもいろいろな種類があり、この花はレウコスペルムム・クネイフォルメという名前らしい
余計な説明かもしれないがピンクッションとは日本名なら針山のことである
b0144049_2283581.jpg
b0144049_2284585.jpg


ウメモドキ
もっともらしくウメモドキと表示したが、ただウメに似た花という意味で自分勝手なネーミングであることご容赦願いたい
日本の梅の花はもう少し清楚なイメージだ
b0144049_22141130.jpg


JAMES・BRITTENIA
空港で購入したWILD FLOWERS OF SOUTH AFRICAという本で名前が確認できた
JAMES BRITTENというイギリスの植物学者が命名したらしい
b0144049_22214416.jpg


ナデシコの仲間
ナデシコは日本の専売特許かと思っていたがそうでもないらしい
分類的にはカーネーションに近い種類のようだ
b0144049_22372565.jpg


マメ科の花
マメ科は英語では PEA FAMILY でいいと思う
前述のWILD FLOWERS OF SOUTH AFRICAをチェックしたがぴったりの種名はわからなかった
b0144049_22472941.jpg


フウロソウ
どう見てもフウロソウだ
英語ではフウロソウをGERANIUMだということを今回勉強した
ゼラニウムは日本語としても定着している
b0144049_22511522.jpg


アガパンサス
日本名「紫君子蘭」
図鑑で確認した 名前は間違いないと思う
b0144049_22544384.jpg


TRACHYANDRA FALCATA
図鑑にぴったりの写真が出ていたのでこの名前で良いはずだ
アロエの仲間のようである
b0144049_2304098.jpg


ヤリズイセン
英名IXIA この名前は普通の英和辞典に「イキシア属 南アフリカ産の観賞植物」と載っていた
イメージとしてはキバナノアマナに近い印象 ユリ科の花ではないかと勝手に推測している
b0144049_2353140.jpg


by mustachio | 2013-11-06 21:27 | Comments(0)