還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

タイ北部の自然04

b0144049_14395198.jpg


ここからは「タイの蝶」シリーズになる
すでに何回もコメントしているのだが、日本で海外の蝶を見に行くツアーというのは聞いたことがない
採集目的のほうはマレーシア・ランカウイなどに出向くツアーあるようだが、個人的に採集に関してはネガティブなので詳細は知らない
そこでバードウォッチングツアーに便乗して海外の蝶を見に行くというのが自分のスタンスである
今までに東南アジア(台湾、マレーシア、ボルネオ、バリ、スリランカ、インドなど)へ出かけそれなりに成果を上げているのだが、今回のタイ旅行でも結果的に数多くの蝶を観察し写真を撮影することができた
バードウォッチングツアー参加の皆様には変わり者がいてご迷惑をおかけしたと思うが、平にお許しをお願いしたい

海外での蝶の観察での問題点は「図鑑」である
東南アジアでも国によっては「蝶の図鑑」があるのだが基本的には英語か現地語の図鑑だ
ところがタイの蝶に関しては立派な日本語の図鑑が刊行されている(木曜社:タイ国の蝶)
従ってタイの蝶に関しては同定が容易ということになるのだが、実はこの図鑑3刊編成でまだ1、2刊しか発行されていない
アゲハ、シロチョウ、シジミチョウ、セセリチョウまではよいのだが、タテハチョウの仲間が未刊でこれが(現時点では)唯一の欠点なのだ
この図鑑の早期完結を願ってやまない

オオベニモンアゲハ Common Windmill
トップは今回初対面の蝶オオベニモンアゲハ
日本(南西諸島)にもベニモンアゲハが生息するが、こちらのほうがでかい
頭から尻尾の先まで胴体部分が真紅であることは日本のベニモンアゲハと共通だが、決定的な違いが一つあった
それは尾状突起  ベニモンアゲハの尾状突起は真っ黒なのだが、オオベニモンアゲハのほうは何と尾状突起の先端に真紅の斑紋があるのだ
そこが衝撃的で撮った写真は尾状突起にピントを合わせたものがほとんどになってしまった
b0144049_21584329.jpg
b0144049_21585391.jpg
b0144049_2159382.jpg


ナガサキアゲハ Great Mormon
日本のナガサキアゲハと同一種  ただタイで見たナガサキアゲハは有尾型だった
ナガサキアゲハは無尾型(尾状突起の無いもの)が普通だが、日本でも有尾型が発生する(♀限定)
自分でも長崎の平戸で有尾型を見つけ撮影も成功している
現地では別の蝶かとも思ったが、帰国してから図鑑を確認すると間違いなくナガサキアゲハであった
前翅の付け根の部分が赤いアゲハチョウはナガサキアゲハだけのようだ
b0144049_22125357.jpg

b0144049_2213322.jpg


ミズアオマダラタイマイ Great Zebra
こちらも初対面のアゲハチョウ  後翅端のオレンジ紋がチャームポイントだ
というか、撮影した時点ではアゲハチョウの仲間であることすらわからず、マダラチョウかタテハチョウだと思い込んでいた
図鑑を確認してみるとタイマイ、つまりアオスジアゲハの仲間であることが判明した
確かに地面からの吸水行動はアオスジアゲハの特徴でもある
一見アカボシゴマダラのような雰囲気の蝶がアゲハチョウだったとは、まさにビックリポンである
b0144049_22231092.jpg
b0144049_22231975.jpg
b0144049_22232984.jpg


アカネシロチョウ Redbase Jezabel
今回のタイツアーではアゲハチョウ科の蝶との出会いが少なかったので、ここからシロチョウ科になる
日本国内ではシロチョウ科の蝶の色といえば白か黄色に限定されていて派手な色使いはツマキチョウ、ツマベニチョウのオレンジ色しか思い浮かばないが、東南アジアには真紅色を使うシロチョウがいる
このアカネシロチョウもその一つだが、今回初対面というわけではなく、10年ほど前に一度香港で出会っていて今回は久しぶりの再会だった
赤、白、黄色、黒4色の蝶と桜の花の組み合わせは「異国情緒」を強く感じさせる
b0144049_14364267.jpg

b0144049_14365477.jpg
b0144049_14371079.jpg


ウラキカザリシロチョウ Redspot Jezabel
こちらも後翅裏面上端に赤色を配したシロチョウである
前出のアカネシロチョウは翅の表面、裏面が同じようなデザインなのだが、4枚目の写真のようにこの蝶は表面全体が白くまさにシロチョウ科の蝶である(翅表が白いのは♂だけで♀の翅表はかなり黒っぽい)
名前のように翅裏は黄色が目立つデザインになっている
b0144049_1552350.jpg
b0144049_1553518.jpg
b0144049_1554594.jpg
b0144049_1555888.jpg
b0144049_1561133.jpg


クロテンシロチョウ Psyche
東南アジアの常連
フィリピンでもインドでもどこでも見かけるシロチョウで、最近では日本の南西諸島にも定着してしまった
b0144049_15133564.jpg


タイワンモンシロチョウ Indian Cabbage White
タイにもモンシロチョウはいるらしいのだが基本的には野菜について入国した移入種のようだ
写真の蝶もモンシロではなくタイワンモンシロのようである
b0144049_15225062.jpg


ツマグロキチョウ Spotless Grass Yellow
日本国内のツマグロキチョウと同一種
英名が示すようにツマグロキチョウの裏面には他のキチョウにある茶色の斑点が見られない
後翅裏面の一本の斜線がツマグロキチョウであることを主張している
b0144049_15295033.jpg


キチョウ Common Grass Yellow
日本国内でもキチョウ類の識別は難しい
東南アジアには日本に棲むキチョウ類のほかにホシボシキチョウやレモンキチョウなど似たような蝶が多いので頭が痛くなる(乾季型、雨季型、中間型など同一種でも変異が多い)
とりあえず今回ははっきりしないものは普通のキチョウ(日本ではミナミキチョウ)ということにしておく
b0144049_1602264.jpg

b0144049_1603545.jpg
b0144049_161141.jpg


タイワンキチョウ Three Spot Grass Yellow
英名のスリースポットとは前翅裏面中室の斑紋の数が3個という意味
普通のキチョウは2個で、これが識別ポイントになる
斑紋が3個見えるものについては一応タイワンキチョウということにさせていただく
b0144049_169265.jpg
b0144049_16915100.jpg


メスシロキチョウ Yelow Orange Tip
この蝶も以前スリランカで出会っていて、今回タイでの再会となった
写真の蝶はメスで地味な色彩だが、オスは英名の通り翅の先がオレンジでかわいい
b0144049_16242463.jpg
b0144049_16243757.jpg


タイワンシロチョウ Chocolate Albatross
アルバトロスはアホウドリのことだが、蝶ではトガリシロチョウを意味する  日本国内ではタイワンシロチョウ、カワカミシロチョウ、ナミエシロチョウが南西諸島で見られるがいずれも前翅の先端が尖っていて精悍なイメージである
タイワンシロチョウは後翅裏面の黄色がチャームポイントだ
b0144049_1634132.jpg
b0144049_1634268.jpg


スジグロトガリシロチョウ
昔からタイワンシロチョウの亜種と考えられていたようだが最近では別種にスプリットされている
そのせいかどうか手持ちの図鑑(タイ国の蝶)には英名が載っていない
見た目はタイワンシロチョウとまったく異なるので別種扱いが当然のような感じがする
b0144049_1643132.jpg
b0144049_16433087.jpg


ヤマトシジミ Pale Grass Blue
名前がヤマトシジミだからといって日本の固有種ではない ヤマトシジミはアジアに広く分布する普通種だ
おまけに東南アジアには日本では絶滅危惧種になっているハマヤマトシジミが普通にいて海岸付近だけではなく山岳地でも見られる
両者は非常によく似ているので東南アジアでヤマトシジミを見かけると念のため撮影することになる
今回もいろいろ撮影したがどうもすべてヤマトシジミだったようだ
b0144049_16574866.jpg
b0144049_16575911.jpg
b0144049_16581330.jpg


ヒメシルビアシジミ Lesser Grass Blue
こちらもヤマトシジミによく似た蝶なのだが、後翅裏面の中央斑列第6室紋が内側にずれるという特徴があり写真撮影時に識別が可能である
この蝶は日本の南西諸島でも普通に見られる(日本本土のシルビアシジミとは10年くらい前にスプリットされた)
b0144049_17104542.jpg
b0144049_1711024.jpg
b0144049_17111284.jpg


ルリシジミ Hill Hedge Blue
このルリシジミも日本と共通の普通種
ところが東南アジアにはよく似たホリシャルリシジミとかタッパンルリシジミがいて、これらの蝶も日本で迷蝶としての記録があるためルリシジミを見つけるとまず写真を撮ることになる
結果的に普通種のルリシジミの写真が多数残ることになるのだが
b0144049_17221744.jpg
b0144049_17222989.jpg
b0144049_17224596.jpg


ホリシャルリシジミ Plain Hedge Blue
過去、与那国島に何回も採集記録があり、「日本の蝶」にこだわる採集者や撮影者には垂涎の的のようだがアジアでは普通の蝶である
後翅裏面中央部上端の大きな黒点が識別のポイント
個人的には今回が初対面だと思う
b0144049_17322621.jpg
b0144049_173237100.jpg
b0144049_17324969.jpg


ドウケシジミ Common Pierrot
以前スリランカで出会ったことがある蝶
タイではごく普通種のようで標高の低いところで何回か見かけた
日本のゴイシシジミにイメージが見ているがゴイシシジミは表面が真っ黒である
このドウケシジミは表面にも裏面と同じような模様があるのだが、いつも翅を閉じていて翅表を確認することができなかった
b0144049_17402188.jpg
b0144049_17403464.jpg
b0144049_17404683.jpg


オジロシジミ Gram Blue
日本でも南西諸島に行けば見られる蝶
といっても最近ではほとんど出会いがなくなってしまった
この蝶によく似たクロマダラソテツシジミ(略してクマソ)が急速に増えてしまい、オジロシジミを見かけてもただのクマソかと見逃してしまうことがあるのかもしれない
そういえば今回タイでは全くクマソを見かけなかった  食草であるソテツの存在もあまり記憶に残っていない
b0144049_1750536.jpg


アオモンキララシジミ Blue Gem
英名の「青い宝石」のように♂の翅表は美しいブルーのようだ
残念ながら写真の蝶は♀でしかも翅表の写真は撮れていない
それでも翅裏の複雑な模様から珍しい美しい蝶であろうとの推察はできる
初めての種類との出会いは海外ツアーの最大の楽しみである
b0144049_1812043.jpg
b0144049_1813570.jpg


スソビキフタオルリシジミ Fluffy Tit
「タイの蝶前編」の最終登場スターはこの蝶である
マイクロバス移動の途中に寄った普通の(タイ人しかいない)レストランの庭で小さな蝶が下草に止まっているのが目に入った
後翅のところに糸くずのようなもじゃもじゃしたものがついており、最初は信じられなかったがとにかくよく見ると蝶の尾状突起なのだ
日本でも(もちろんアジアにもたくさんいる)キマダラルリツバメのように2本の尾状突起を持つシジミチョウがいるのだが、こちらは2本のうちの1本がやたら長く微妙にねじれていてリボンのようになっている
周囲には蝶に興味がある人がいなかったので、あっけにとられながらも一人でシャッターを押した
すぐに飛んでしまったので一瞬の出来事ではあったが、今にして思えばまさに至福のひと時であった
b0144049_18215554.jpg

b0144049_1822662.jpg
b0144049_18221797.jpg


by mustachio | 2016-01-31 21:21 | Comments(0)
2016年 01月 27日

タイ北部の自然03

b0144049_1074871.jpg

1月15日
ドイインタノン国立公園
タイ北部の旅最終工程はドイインタノン国立公園
大都市チェンマイの南西側郊外に位置しリゾート地域で、今まで回ってきた地域に比べ観光客も多く洗練された雰囲気がある
1月15日はvol.2の続きとなるがリゾートのロッジにチェックインし、午後をゆったりと過ごした
b0144049_10291969.jpg
b0144049_10293472.jpg
b0144049_10294523.jpg
b0144049_10295382.jpg
b0144049_1030337.jpg


1月16日
ドイインタノン山頂
タイの最高峰ドイインタノン(インタノン山)に登った
といってもツアーのバス(ワゴン)が舗装道路を頂上まで運んでくれるので体力の消耗は全くない
標高は2565メートル、浅間山と同じ標高だ  日本でも乗鞍岳などは2700メートルの畳平まで車で登れるがマイカー規制がある
ドイインタノンのほうは規制がないので山頂の駐車場は大混雑だった

頂上に着く手前でも大渋滞があった 多数の車が路傍に駐車し、人が車から降りてスマホで周囲の写真を撮影している
チェックして見ると彼らは「葉の上の霜」を撮影しているのだ
タイでは高地でも気温が氷点下まで下がらないし雪も降らない  霜を撮影したり、5度程度の気温の電光表示と記念撮影したりすることがタイの人たちにとってイベントでありステイタスであることがやっと理解できた
b0144049_11132744.jpg
b0144049_11133749.jpg
b0144049_11134814.jpg
b0144049_11135786.jpg

頂上の周辺は標高の割には高い木が茂り密林を構成していたが、1月のせいか花はほとんどなくシャクナゲの仲間が少し見られた程度であった
b0144049_11215431.jpg
b0144049_1122821.jpg
b0144049_11223615.jpg


ワチラタン滝
ドイインタノン周辺はまさに観光地で外国人旅行者も多い
ワチラタンの滝では多数の観光客が記念写真を撮影していた (タイの人たちの記念写真はスマホと自撮り棒の組み合わせを利用するパターンが多い)
b0144049_11365596.jpg
b0144049_1137686.jpg
b0144049_11371990.jpg


ドイインタノン周辺の植物
山岳地帯からチェンマイ周辺まで降りてきているので気候は温暖
数は多くなかったが野生の蘭など東南アジアらしい南方系の植物が見られるようになった
b0144049_1145331.jpg
b0144049_11451590.jpg
b0144049_11453391.jpg
b0144049_11454697.jpg
b0144049_11455844.jpg
b0144049_11461538.jpg
b0144049_11463117.jpg


1月17日
北部タイツアー最終日
連泊したリゾート(ドイインタノンハイランド)で朝を迎え、ところどころで探鳥をしながらゆっくりとチェンマイに向かう
途中は水田が多く南国タイの雰囲気が感じられる
有数の歓楽街という「夜のチェンマイ」を体験できなかったのは誠に心残りであるが、一行を載せたタイ航空機はチェンマイを後にしバンコック(から羽田)へと向かった
b0144049_1204140.jpg
b0144049_121184.jpg
b0144049_1212458.jpg
b0144049_1213738.jpg

b0144049_1215164.jpg


以上が今回タイ北部ツアーの概要である
現在撮影した写真を整理中で今後は「蝶編」と「野鳥編」をアップしていくことになる
今回のルートでは西シマリスを何回か目撃した程度で残念ながら他に哺乳類との出会いはなかった
昆虫に関しては蝶の写真がそこそこ撮れているが、時期的には1月は少し無理があり3~4月が昆虫類のベストシーズンのようである
結果的に蝶以外は少しトンボの写真が撮れているので下記にご紹介しておきたい
b0144049_1216174.jpg
b0144049_12161273.jpg
b0144049_12162410.jpg
b0144049_12163655.jpg


by mustachio | 2016-01-27 10:30 | Comments(0)
2016年 01月 26日

タイ北部の自然02

b0144049_21512468.jpg


1月13日
ドイアンカン
ドイアンカン地域には2日ほど滞在してバードウォッチングをした
タイの北西部、ミャンマーとの国境線に沿ったあたりで自然豊かな山岳地帯である
タイの中でもこの地域の住民はタイ族ではなく山岳少数民族で文化的にも中国やミャンマーの影響を受けているようだ
b0144049_2295998.jpg
b0144049_2210772.jpg
b0144049_22101662.jpg
b0144049_2210242.jpg


ミャンマー国境
途中バンノーラという公園を訪れた
実はこの公園、タイの対ミャンマー前線基地跡、つまり砦の跡を公園化したものである
写真にもあるように目の前にミャンマーの砦があり緩やかな谷を隔てて向かい合う形になっている
塹壕や防空壕のあとはそのまま残されているが武器もないし兵隊もいないので至ってのどかでタイの人たちはお花見を楽しんでいた
(桜にはタイヨウチョウやハナドリなどが集まり我々もバードウォッチングを堪能した)
b0144049_22272891.jpg
b0144049_22273831.jpg
b0144049_22274734.jpg
b0144049_22275664.jpg
b0144049_2228451.jpg

b0144049_22281347.jpg


ドイアンカンの植物
山岳地域であり珍しい植物を期待したのだがお目にかかれなかった
シーズン的には乾季で野生植物はベストシーズンではないのだろうか?
b0144049_22361740.jpg

b0144049_22363043.jpg
b0144049_22364090.jpg
[#IMAGE|b0144049_22365781.jpg|201601/26/49/|mid|640|427#

1月14日
南へ移動
朝ロッジ周辺で探鳥した後、バスで南へ移動する
宗教(基本的には仏教)の影響だろうか、タイにはインドと同じように動物を大切にする傾向が見られるようだ
b0144049_22485830.jpg

b0144049_2249826.jpg


中国文化の影響
移動の途中(フォンタという地名だと思う)山の中のお寺(墓)に立ち寄った
写真で見られるようにこちらの建築物はタイの一般的な寺院とイメージが異なり、まさに中国のお寺の雰囲気だった
タイの言葉は全く理解できないが漢字が書いてあると何となく意味を感じ取ることができる
b0144049_22552843.jpg
b0144049_22554031.jpg
b0144049_2255543.jpg


チャンダオ国立公園
さらに南へ進んでチャンダオに入る
山岳部に大規模な寺院があって境内でオレンジ色の僧衣をまとった修行僧が多数働いていた
僧を直接写真撮影するのは気が引けたので人形のほうを撮らせていただいた
b0144049_23105010.jpg

b0144049_2373965.jpg
b0144049_2375263.jpg
b0144049_238569.jpg

b0144049_2382127.jpg


フォンタ~チャンダオの植物
タイの北西部は山岳地帯で標高が1000~1500mほどあって、朝晩はダウンが必要な状況だったが南へ移動するにつれて半袖シャツ対応になる
植物も東南アジア的なものが増えてくるようだ
b0144049_23193394.jpg
b0144049_23194720.jpg
b0144049_2320497.jpg

b0144049_23215992.jpg


1月15日
マタン親水公園
午前中水鳥などを観察 人工的な公園で鳥の距離が遠かった
b0144049_2337587.jpg

b0144049_23381077.jpg
b0144049_23382119.jpg
b0144049_23384112.jpg


チェンマイ郊外レストラン
チャンダオからドイインタノンに向かう途中チェンマイの北西部を経由する
昼食に立ち寄ったレストランはツアーの中では最高級のレベルで蘭などの花が飾られゴージャスな雰囲気を醸し出していた
ネイチャーフォトの領域からは逸脱するが園芸種でも「タイの花」なので掲載させていただく
b0144049_23473875.jpg
b0144049_23475332.jpg
b0144049_2348679.jpg
b0144049_23483713.jpg

b0144049_23495665.jpg
b0144049_2350623.jpg
b0144049_23502168.jpg
b0144049_23503497.jpg
b0144049_23504518.jpg
b0144049_23505923.jpg
b0144049_23511298.jpg
b0144049_23512419.jpg
b0144049_23513732.jpg


by mustachio | 2016-01-26 22:10 | Comments(0)
2016年 01月 25日

タイ北部の自然01

b0144049_15564393.jpg

バーダー(野鳥愛好家)である家内のお供でタイを旅行した
例によって野鳥には詳しくない小生が「タイなら東南アジアの蝶が見られる」と期待してバードウォッチングツアーに参加したわけである
今までトランジットなどでバンコックには何回か足を踏み入れているが、タイの国内旅行は初めて
1週間程度の短期間ではあったが、スケジュール・訪問地など撮影した植物(花)の写真と合わせご紹介することとしたい
蝶の写真と野鳥の写真は現在整理中のためしばらくたってからのブログアップになる

1月10日
羽田空港出発
出発は1月10日0時20分
バンコックまで6時間ちょっとの旅だ
b0144049_16295320.jpg

チェンライ空港到着
バンコック乗継で到着した空港はチェンライ、古都チェンマイは観光地として有名だがチェンライはさらに北に位置しミャンマーとの国境に近い
最近は東南アジアへの旅行が多いが、山間部もしっかり舗装されており交通事情などタイのレベルはかなり高いというのが第一印象だ (インドシナ半島は基本的にフランス方式と思っていたが車は左側通行だった)
b0144049_1630108.jpg


タトンフィールド
ロッジにチェックインした後、周辺の農地や河原などで探鳥する
南国のタイではあるが北部は標高があり1月がちょうど日本の春の気温である
フィールドにはコック川が流れており、河原で前にインド・アッサムで会ったヒメツバメチドリに再会した
b0144049_1649333.jpg
b0144049_16491369.jpg
b0144049_16492186.jpg
b0144049_16493185.jpg
[#IMAGE|b0144049_1649433.jpg|201601/25/49/|mid|640|427#

タトンフィールドの植物
歩いたところが農耕地主体だったので植物は平凡なものが多かった
特別といえばコリアンダーの群落、まったく自然な形で生えているのか栽培種が野生化したものかは定かでないが一面にコリアンダーの香りが漂っていた
ご承知のようにコリアンダーは中華野菜のシャンツァイ(香采)のこと、タイ料理にもよく使われていて独特の風味の1要素である
b0144049_1735833.jpg

b0144049_1741058.jpg
b0144049_174201.jpg
b0144049_1743346.jpg
b0144049_1744898.jpg


1月11日
ドイラン山腹
ドイはタイ語で山のこと 2日目はドイランの山腹を探索した(希少種の野鳥であるヤマドリやコジュケイを観察したのはこのあたりの林道である)
この辺りはドイパーホンポク国立公園に指定されていて自然は豊かであるが、自然保護のための注意書きも多い(英語なら意味が分かるがタイ語で書いてあるとチンプンカンプンである)
ミャンマーの国境が近いため兵士が駐屯しているものの緊迫感は全く感じられない
駐屯所の道路の脇に箒の材料にする植物が並べられているが警備兵が暇に任せて干しているらしい
全く平和そのものである
b0144049_17225369.jpg

b0144049_1723627.jpg
b0144049_17231863.jpg
b0144049_17233082.jpg
b0144049_17234043.jpg
b0144049_17235583.jpg
b0144049_1724643.jpg


ドイランの植物
林道歩きが主体で森(雲霧林)には入らなかったため植物は地味なものが多かった
1月という季節が花のためには少し早いのかもしれない
b0144049_17334275.jpg
b0144049_17335627.jpg
b0144049_17341047.jpg
b0144049_17342261.jpg
b0144049_17343529.jpg
b0144049_1734489.jpg


1月12日
ファン温泉からドイアンカンへ
 タイ人はあまり入浴の習慣がないようだがタイにも立派な温泉があった
間欠泉で一定時間ごとに温泉が吹き上がる
フィールドには小川のような温泉(50度Cくらい)が常時流れていて、なかなか雰囲気のある自然公園を形成していた
温泉の後、ドイアンカンへ移動し渓流沿いのレストランで探鳥しながらの昼食となる
b0144049_17511243.jpg

b0144049_17512495.jpg

b0144049_17551052.jpg

b0144049_1751353.jpg
b0144049_1752117.jpg


ドイアンカンの植物
3日目になると地域の自然環境も何となく見えてくるものだが、タイ北部の植物相は日本の南西諸島のものに近いというイメージがつかめてきた
沖縄など南西諸島には海浜性植物が多いのだが、タイ北部は山岳地帯でありながら沖縄と同じような植物を見かける
路傍にセンダングサが多いのでそのような錯覚を覚えるのかもしれない
b0144049_18284887.jpg
b0144049_1829048.jpg
b0144049_18291277.jpg
b0144049_18292412.jpg
b0144049_18293875.jpg
b0144049_18295549.jpg
b0144049_18301354.jpg


タイのお花見
夕方、といっても日が長いので明るい時間帯だがドイアンカンの植物園を訪ねた
正確には最後の写真にあるように Royal Agricultural Station なので植物園とは違うようだ
ただ広範囲に花一杯の庭園が広がり桜(ソメイヨシノではなく寒緋桜のような濃いピンクの桜)が満開で、大勢のタイ人がお花見に集まっていた
我々は鳥を探しに行ったのだが結果的に現地の人たちと一緒にタイの桜を楽しむことになってしまった
タイのお花見は4月ではなく1月のようだ
b0144049_212458.jpg
b0144049_21241734.jpg
b0144049_2124292.jpg
b0144049_21244181.jpg
b0144049_21245330.jpg
b0144049_21251370.jpg
b0144049_21252651.jpg


by mustachio | 2016-01-25 16:30 | Comments(0)
2016年 01月 06日

2016あけおめ(新春石神井公園散歩)

b0144049_175450.jpg


あけましておめでとうございます
「還暦からのネイチャーフォト」今年も続けていく所存ですのでよろしくお願いします

東京の新年は「春のような陽気」でスタートした
元日から3日間食い放題、飲み放題で過ごしてしまったので1月4日は腹ごなしに自宅から石神井公園まで歩き、ネイチャーフォトの仕事始めとした
以前(仕事現役の頃)は頻繁に通ったこともあったが、ここ10年くらいあまり足を向けることがなくなってしまった公園である
とにかく人が多い  天気が良いせいもあるが、人が大勢押しかけて(表現はよくないが)暇をつぶしている
冬なので野草や昆虫などは期待できないが、一昔前は池に冬鳥がたくさんいてうるさいほどだった
それが今では「自然」を探すのも一苦労といった状態である
冬鳥が減ったのは公園の管理上「餌やり」を禁止したからだという声も聞こえてくるが、真偽はいかがなものだろうか

10年前なら公園を一回りするだけで「ネイチャーフォトブログ」は簡単にまとめられたのだが、今回はあまりインパクトのない新年初ブログになってしまった

梅と紅葉
3月から4月にかけての気温とのことで、公園に冬のイメージがない
紅梅は見事に咲いているが一方で紅葉したままのもみじが残っており、春と秋が混在している
季節感のある植物は木の実くらいだ(写真はセンダンの実)
b0144049_1735383.jpg
b0144049_17354762.jpg
b0144049_17355534.jpg


カルガモ
季節感の無さの象徴がカルガモ
ご承知のようにカルガモは渡りをしないので冬鳥ではなく1年中見ることができる
冬の石神井公園で昔はあまり見られなかったカルガモが増えているのが「違和感」の原因だろうか
ところで3枚目の写真にあるように「緑のアイシャドーのお姐さん」のようなカルガモを見つけた
おそらくマガモとの交雑種だと思うが、カモの社会もグローバル化が進んでいるのかもしれない
b0144049_17493951.jpg
b0144049_17494944.jpg
b0144049_1750175.jpg


オナガガモ
20年前、冬の石神井公園(三宝寺池)といえばオナガガモと決まっていた
とにかく百羽を超えるオナガガモが池を埋め尽くしていたのは間違いない
当時はパンなどを与える人も多く岸辺にもエサを期待する鴨が群れていた
それが今では公園を一回りして2、3羽しか見つからない あの集団はどこへ消えてしまったのだろうか
b0144049_1883349.jpg

b0144049_1884253.jpg
b0144049_1885792.jpg


コガモ
三宝寺池の西寄りのところに多かったコガモも激減
岸から遠い場所にやっと1組のカップルを見つけた
b0144049_18132635.jpg


ハシビロガモ
普通に見られたマガモも見つからない
代わりに配色が同じようなハシビロガモが増えていた
昔はほとんど見られなかったのでこれは歓迎の方向である
野鳥の世界にも勢力分野の消張は避けられないのだろうか
b0144049_1819257.jpg
b0144049_18193734.jpg
b0144049_18194979.jpg
b0144049_1820682.jpg


ホシハジロ
数は多くなかったが至近距離でホシハジロを観察することができた
赤目防止機能のついたカメラで写真を撮るとどう写るのかいつも思うのだが、いまだ確認できていない
b0144049_18313021.jpg
b0144049_18314183.jpg


キンクロハジロ
キンクロハジロも勢力拡大中の鴨だ
20年前の石神井公園では見かけなかったような記憶がある
オナガガモなどの大集団が消えてしまったので公園の池を我が物顔で泳ぎまわっている
b0144049_18361255.jpg

b0144049_18372753.jpg

b0144049_1836361.jpg


カイツブリ
こちらは石神井公園の「常連」
この池で繁殖し何十年にもわたって世代交代している
なぜか新年のカイツブリは草陰に隠れて遠慮しているようだった
b0144049_18415612.jpg


カワウ
カワウも数が減った
昔は池の中の島がカワウの糞で真っ白になっていたが今では数羽が見られる程度
石神井公園のカワウは政党でいえば社民党的な存在になってしまった
b0144049_18453732.jpg

b0144049_1939358.jpg

b0144049_18455839.jpg


ホシゴイ(ゴイサギ)
三宝寺池の中の島にホシゴイを見つけた
もちろんホシゴイは鳥の種類ではなく、ゴイサギの幼鳥の愛称である
ゴイサギも数を減らしているが、それでも幼鳥がいるということは世代をつないでいるということであり、今後の楽しみでもある
b0144049_19444034.jpg


オオバン
オオバンもいた
この鳥はアジアでもヨーロッパでも到る所で見かける発展途上国のような元気な鳥だ
b0144049_19472959.jpg


バン
全く個人的な感想だが、今回の公園散歩で最大の収穫はバンの写真である
特に珍しい鳥ではないが、赤と黄色に光る嘴のアップを順光で撮影することができた
最後のカットがなければこの日の散歩はブログアップをパスしていた可能性が高い
b0144049_19521690.jpg
b0144049_19523078.jpg


年頭から勝手なコメントで顰蹙を買うかもしれないが、「自然の劣化」が急速に進んでいる
人類尊重思想が強くなりすぎて地球上の(生物学的に見た)バランスが崩れかけているのではないか
地球上から少しずつ人類を減らしていくことも一つの選択肢として考える必要があるように思う

by mustachio | 2016-01-06 17:36 | Comments(0)