還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 17日

2018もう一度道東へ(羅臼・落石クルーズ)

b0144049_14425758.jpg
冬の道東BWツアーのもう一つの楽しみが海鳥を観察するクルーズだ
12月のツアーでは根室の歯舞港から納沙布岬まで根室半島の南側を航行した
1月のツアーはクルーズの計画が二つ組み込まれていて一つは羅臼港から野付半島方向へ向かうクルーズ、もう一つは根室の西側の落石港からユルリ・モユルリ島周辺を航行するコース、どちらも12月のクルーズとは重複しないので敢えて2ヶ月連続ツアーを選択したという経緯もある

羅臼クルーズ
羅臼クルーズは2日目
つまりシマフクロウの撮影をした日の翌朝だった
ちょうどこのタイミングで低気圧が通過し朝から大雨だった(この時期雪ではなく雨が降るのは珍しいことのようだ)
船は装備のしっかりした遊覧船で運行に全く問題はなかったのだが霧で視界は悪く鳥の姿がほとんど見られない状態だった
普通の年であれば1月末ごろから流氷が港内に入ってきて運行が難しくなる
逆に内陸部の結氷等により餌が不足しオオワシやオジロワシが港に集結するのがこの流氷シーズンなのだ(観光客も集結してにぎやかになる)
流氷到来前のこの時期船の航行はフリーなのでウミガラスなどが近くで見られ、運が良ければ冬羽のエトピリカにも会えると期待していたのだが、悪天候には勝てず成果のないまま引き返す結果になってしまった
b0144049_14431998.jpg
b0144049_14442911.jpg
b0144049_14435929.jpg
オオセグロカモメ
羅臼港ではカモメの姿もほとんど見られなかった
湾内に浮いていたり灯台(標識灯)にとまっていたりするのにレンズを向けてみたが、周辺が暗くて絵にならない
b0144049_15180418.jpg
b0144049_15182011.jpg
ハシブトウミガラス
ハシブトウミガラスも港内で1羽だけ見かけた
距離が遠く色も出ていないが一応種が確認できる程度の写真は撮ることができた
b0144049_15183744.jpg
b0144049_15184963.jpg
b0144049_15185972.jpg
オジロワシ
先月のツアーではオオワシの飛び出しによる飛翔写真を撮影したが、オジロワシはそこそこの写真しか撮れていない
羅臼港では防波堤にオジロワシが止まっていて船が近づくタイミングで飛び立ってくれた
周囲は暗かったが一応飛翔を抑えることができた
2月に羅臼に来ればオオワシとオジロワシのアップはいくらでも撮影できるのだが残念ながら今年はその時期の北海道は予定していない
b0144049_16564760.jpg
b0144049_16570828.jpg
b0144049_16572788.jpg
b0144049_16575962.jpg
いずれにしても荒天の羅臼クルーズで撮影できた野鳥は上記の程度である


落石クルーズ

落石クルーズは4日目、東京へ戻る日の午前中である
天候は晴れ
気温は低かったがあまり風もなく快適なクルーズ日和だった
こちらの船は漁船
落石の漁港が管理する公式な運航だが漁船なのでトイレがない 極寒のなか2時間半のトイレなしは後期高齢者にとってちょっときついが我慢することにした
船は東へ向けて進みユルリ島・モユルリ島を目指す(この二つの島の間にエトピリカの繁殖地があるのだが野生保護のため一般人は上陸禁止になっている)
発電用風車が回らないほど風は穏やかだったが、寒さで断崖に打ち寄せる波が凍り付いていた
b0144049_17154794.jpg
b0144049_17160993.jpg
b0144049_17164616.jpg
b0144049_17173063.jpg
b0144049_17181074.jpg
b0144049_17192566.jpg
b0144049_17195721.jpg
b0144049_17203335.jpg
スズガモ
まずはスズガモ
日本では冬鳥として全国で見られる普通種
世界的に見ても普通種でユーラシアからアメリカまで北半球に広く生息する
関東でも千葉・茨城の海で見ることができる
b0144049_18191478.jpg
シノリガモ
北海道など北国で見られるカモ
漁港の中などで出会うチャンスが多く先月の道東でも撮影したが、今回のツアーではほとんど見かけなかった
b0144049_18193551.jpg
クロガモ
クロガモも千葉・茨城の海で見ることができる冬鳥だ
個人的なイメージとしては北のカモで納沙布岬など前回のツアーでも出会いが多かった
オスの黄色の嘴は順光でよく目立つ(逆光だとただの黒い鴨だ)
b0144049_18195231.jpg
b0144049_18200397.jpg
ヒメウ
クルーズ中海上をヒメウが何羽も飛んでいたが近くでは見ることがなかった
納沙布岬でヒメウの大群を撮影しているので今回は風景写真としてシャッターを押しただけだった
b0144049_18201867.jpg
アカエリカイツブリ
アカエリカイツブリも距離が遠かった
昨年は関東の銚子や波﨑の漁港で多数のカイツブリが見られ近い距離でも撮影できたので今回は証拠写真程度で我慢しておく
b0144049_18203317.jpg
コオリガモ
落石クルーズの目的の一つはコオリガモをアップで撮ること
このカモは北方系でいわゆる北海道鴨、北海道と東北北部でしか見ることができない
北国のカモは天候が悪いと漁港などに避難する傾向があり港湾内で写真が撮れるのだが、このコオリガモはなかなか陸地近くに寄りつかず地上から見る機会が少ない
船で沖へ出ればチャンスがあり、先月の歯舞クルーズでも出会いがあったが、今回も比較的近い距離で撮影することができた
御覧の通り個性的な顔立ちで白いアイリングと嘴のピンクが可愛い
b0144049_15200309.jpg
b0144049_15201579.jpg
b0144049_15203220.jpg
b0144049_15205535.jpg
b0144049_15211533.jpg
b0144049_15220577.jpg
ウミバト
クルーズ最大のターゲットはこちら    ウミバトである
アラスカからカムチャツカ方面の海に生息し、日本では北海道など冬の北日本でしか見られない
以前ノルウェーの北極圏でハジロウミバトを撮影しているがウミバトは初対面だ
図鑑で見るウミバトは夏羽の真っ黒なイメージなのだが、今回見たのは冬羽でかなり白っぽい鳥だった
揺れる船から望遠レンズで撮るため写真の出来がいまいちなのが残念だがうれしいご対面だった
b0144049_15424663.jpg
b0144049_15425773.jpg
b0144049_15430620.jpg
ケイマフリ
1枚目の写真はウミバトとケイマフリのツーショット写真
大きさもほとんど同じで、英語でいうGuillemotの仲間である
夏羽はどちらも真っ黒で足が赤いがケイマフリのほうは目の周りに白い勾玉状の斑がありわかりやすい
冬羽はどちらも白っぽくなり判別が難しくなるが、ケイマフリは冬羽でも白い斑が確認できるので何とか識別が可能である
ケイマフリはウミバトほどレアではないようで昨年の歯舞クルーズでも出会っている
b0144049_16115604.jpg
b0144049_16120605.jpg
b0144049_16121763.jpg
b0144049_16123176.jpg
b0144049_16123936.jpg
ラッコ
今回クルーズでの最大のイベントは「ラッコとの遭遇」だった
動物園以外でラッコを近くで見たのは初めてである
最初見つけたときはは腹を上にしたラッコ泳ぎの状態だった
船を恐れる様子もなく、短時間だったがこちらに手を振るように愛嬌を振りまいてくれた
b0144049_16341725.jpg
b0144049_16342814.jpg
b0144049_16344886.jpg
b0144049_16345762.jpg






by mustachio | 2018-01-17 15:00 | Comments(0)
2018年 01月 16日

2018もう一度道東へ(北の小鳥たち)

b0144049_14042269.jpg

フクロウやタンチョウは12月のツアーでそれなりの写真が撮れているため今回の道東訪問のターゲットバードではなかった
ターゲットバードの本命は「小鳥たち」
シマエナガやユキホオジロ、できればベニヒワなどが狙いだったのだが、撮影できたのはシマエナガだけ、それもチャンスはわずか2,3分という厳しい条件の下での撮影だった

シマエナガ
シマエナガは種名ではなくエナガの北海道版亜種名である
東京でも見られるエナガによく似た小鳥だが、頭からお腹にかけて純白で野鳥ファンには人気が高い
以前にも北海道で撮影した実績があるのだが、可愛い表情をアップで撮りたいというのが同行の家内の希望で、今回のツアーに申し込んだ動機でもあった
つまりツアー2泊目の宿舎は庭に餌場があって必ずシマエナガが訪れるという触れ込みだったのである

宿舎の庭にはヒマワリの種を入れた餌台と2枚の餅焼き網に挟んだ牛脂が枝からつるしてありカラ類などの小鳥が集まっている
2日目の午後から3日目の午前中いっぱい、ハシブトガラやシロハラゴジュウカラを撮影しながらBWツアー一行はシマエナガを待った
その主役が登場したのはあきらめて次の行程へ移動しようとした直前である
どこからともなく白いものが現れてつるしてある牛脂の網にふっととまった
「シマエナガだ」と皆が大声を上げ一斉にシャッターを切ったのだが滞在時間は2,3分程度、5~6羽の群はあっという間に飛び去ってしまい帰ってくることはなかった

牛脂にとまった状態の撮影チャンスしかなかったので自然を背景にしたショットが撮れなかったのだが、網どまりの1羽にピントを合わせていたため着地寸前のもう1羽の飛翔をカメラに収めることができたのはラッキーだったと思っている(離陸時の飛翔撮影は易しいが着陸時は難しいのだ)
b0144049_14043104.jpg
b0144049_14044543.jpg
b0144049_14045980.jpg
b0144049_14050909.jpg
b0144049_14052107.jpg
b0144049_14053349.jpg
シジュウカラ
シジュウカラは奄美・沖縄など南方系のものは別亜種になるようだが、北海道のシジュウカラは本州のシジュウカラと同一種(同一亜種)である
つまり東京の我が家の常連であるシジュウカラと同じ鳥なので北海道ではあまり撮影することがないのだが、とにかくシマエナガを待って2日間スタンバイしていたので今回に限りかなりの撮影枚数になった
b0144049_15284080.jpg
b0144049_15292192.jpg
b0144049_15295198.jpg
b0144049_15303057.jpg
b0144049_15310141.jpg
ゴジュウカラ
12月のツアーでも根室の公園でしっかり観察したゴジュウカラだが今回も宿舎の庭でこの鳥を十分撮影した
前にも触れたように北海道のゴジュウカラは胸が真っ白で亜種名をシロハラゴジュウカラという
といっても本州のゴジュウカラのお腹もかなり白いので「いわれてみれば白腹かな」という程度しか違いは判らない
b0144049_15501216.jpg
b0144049_15504379.jpg
b0144049_15511371.jpg
b0144049_15514340.jpg
b0144049_15521226.jpg
ハシブトガラ
こちらも12月にしっかり見ている鳥だ
本州で普通に見られるコガラそっくりの鳥だが、コガラとは亜種レベルではなく種が異なる
頭部に光沢があるとか嘴が丸くて太いとか相違点はあるのだが野外で見てはっきりと見分ける自信は全くない(ハシブトガラのいない本州では識別に苦労しないが北海道には両種が生息するので慎重さが必要である)
道東ではコガラの出る確率が非常に低いとのことなので写真はすべてハシブトガラということにしておく
b0144049_17240812.jpg
b0144049_17250288.jpg
b0144049_17254514.jpg
b0144049_17255992.jpg
b0144049_17261224.jpg
b0144049_17264568.jpg
b0144049_17265742.jpg
b0144049_17270772.jpg
ヒヨドリ
わが庭にも数が多いヒヨドリは留鳥でもちろん冬でも元気な姿が見られる
ただ北海道や本州でも山地に住むヒヨドリは南へ渡りをする夏鳥といわれ群をなして移動する
そのヒヨドリが餌台のある庭で元気に遊んでいた
真冬の北海道のヒヨドリは想定外だったがやはり温暖化の影響だろうか
写真はその真冬の道産子ヒヨドリだが背中のブルーの色合いが強く、東京で見る薄汚れたヒヨドリより元気溌剌という印象だった
b0144049_18175512.jpg
アカゲラ
「1日でこんなにアカゲラを見たのは生まれて初めて」という声がツアー参加者の中から聞こえた
アカゲラはそれほど珍しい鳥でもないが、かといって数が多い鳥でもない
シマエナガを待っていた餌場の牛脂にはカラ類などの小鳥もやって来るがアカゲラなどの中型の鳥も集まる
当日は4~5羽のアカゲラが周辺の木で遊んでいて時々牛脂を食べに降りて来ていた
よく見れば「赤をアクセントにして他は白と黒」というデザインでタンチョウと同じ色使いなのだ
あまりうれしいことではないのだが、牛脂を挟んだ金網にとまっている写真が最も鮮明で美しい
b0144049_18313029.jpg
b0144049_18320104.jpg
b0144049_18323087.jpg
b0144049_18330190.jpg
b0144049_18333600.jpg
b0144049_18340767.jpg
b0144049_18343772.jpg
b0144049_18350616.jpg
b0144049_18354272.jpg
コゲラ
キツツキの仲間ではアカゲラだけでなくコゲラも来ていた
こちらも牛脂が好きなようで金網にしがみついて食べていく
東京のわが庭にもたまには来ることがあるコゲラなので幼馴染みに再会したような印象だった
b0144049_21015625.jpg
b0144049_21020982.jpg
b0144049_21021723.jpg
b0144049_21023387.jpg
b0144049_21025000.jpg
ミヤマカケス
牛脂に集まる鳥たちの最後はミヤマカケス
カケスの北海道亜種で頭部が赤茶色なのが本土のカケスと異なる(本土のカケスの頭部は白と黒のロマンスグレーだ)
カケスは基本的にシャイな鳥で近接撮影が難しいのだが、餌につられて油断しているところを何とか撮影することができた
b0144049_21113379.jpg
b0144049_21114713.jpg
b0144049_21121558.jpg
b0144049_21122988.jpg
b0144049_21123807.jpg
エゾシカ
vol.2のトリは鳥でなく哺乳類
羅臼から南へ移動の途中ユキホオジロなどを期待して野付半島へ寄った
天候も良くなかったこともあってユキホオジロの群には出会えなかったが前回と同じようにエゾシカの群に出会った
12月のエゾシカは雄鹿が統率する集団だったが、今回出会った群はオスメスのバランスがとれた仲良し若者グループのように見えた
b0144049_21240689.jpg
b0144049_21245031.jpg
b0144049_21254586.jpg
 




by mustachio | 2018-01-16 15:00 | Comments(0)
2018年 01月 15日

2018もう一度道東へ(フクロウ・タンチョウ)

b0144049_15435750.jpg
2018年1月8日また二人で北海道へ出かけた
12月8日に北海道から帰ったばかりなのに、である  目的も前回同様野鳥観察(撮影)だ


実をいうと今回の旅行はずっと前から計画していたもので、旅行会社企画のBWツアーに予定通り参加しただけである

予定通りでなかったのは12月のほうで、友人から突然お誘いがありたまたま有効なマイレージもあったのでグループ旅行に急遽ジョインしたのだが、宿泊先・訪問先もシマフクロウ撮影地の「鷲の宿」が重複するだけで全く別のルートだったため2回続けての意図的な北海道(道東)旅行となった

道東地方はとにかく広い(四国4県と山口島根を合わせた合計6県の面積に匹敵するという)
今回は釧路空港ではなく中標津空港がベースだ
1月8日は昼の羽田発でその日は直接羅臼へ向かい、2日目はやや内陸の弟子屈町に宿泊、3日目は根室泊で4日目の午後東京に戻るという行程だ

ブログの第一部は前回と重複するシマフクロウ、エゾフクロウ、タンチョウの写真をアップしていくことにしたい
b0144049_15441586.jpg
b0144049_15443901.jpg
b0144049_15445704.jpg
b0144049_15452455.jpg
b0144049_16153052.jpg
b0144049_16154511.jpg
b0144049_16160770.jpg
b0144049_16163357.jpg
b0144049_16165579.jpg
b0144049_16171761.jpg
太平洋側に位置する道東地方の天候はおおむね良好だった
2日目だけは低気圧の通過で雪や雨が降り、羅臼のクルーズが「外れ」になってしまったが、着いた日も帰る日も晴天だった(最後の写真2枚は中標津空港のロビーから最終日に撮影したものだが、羅臼岳も国後の山も異常なほどクリアだった)

余談になるが天気は良くても北海道は寒い(気温は常に氷点下だ)
氷点下になることなどめったにない関東の冬が暖かく感じられ、東京に戻ると幸せな気分になる

シマフクロウ
先月のブログでもお伝えしたが羅臼に「鷲の宿」という旅館があり、夜になると庭先の生け簀にいる魚を獲りに野生のシマフクロウが飛来する(保護観察のため足輪を着けているのが残念だが)
野鳥観察者・撮影者には定番のコースになっていて、夕方から深夜まで食堂の窓にカメラの砲列が並ぶ
ただシマフクロウが登場する時間が不特定で、前回は夕方の6時前から待機していたのに撮影できたのは日付の変わる直前だった(前々回などは最後まで登場がなかった)
今回はラッキーで、夕方6時ごろに10分くらい姿を見せてくれたので早めに就寝し、翌日の早朝から再度撮影も可能だった(夜明け前の5時ごろが登場の可能性が高い時間帯のようだ)
撮影方法も先月のブログでご説明したように夜間つけっぱなしのLED照明を頼りに80分の1秒のシャッターを切る
結果は以下の写真の通りでシマフクロウの鋭い目つきはどうにか捉えることができた
b0144049_17181171.jpg
b0144049_17183141.jpg
b0144049_17185091.jpg
b0144049_17192058.jpg
b0144049_17194230.jpg
b0144049_17200556.jpg
b0144049_17201882.jpg
b0144049_17211728.jpg
b0144049_17214123.jpg
b0144049_17221738.jpg
b0144049_22090768.jpg
b0144049_22093607.jpg
b0144049_22100211.jpg
b0144049_22103153.jpg
b0144049_22110120.jpg
新年早々夫婦二人でフクロウ(不苦労)三昧の楽しい時間を過ごすことができたが、今年もまた充実した1年であることを願ってやまない

エゾフクロウ
シマフクロウに続いてエゾフクロウ
北海道に住む普通のフクロウの亜種だ
今回見たエゾフクロウは12月に見たものと同一個体、観察場所も前回と同じである(野生保護のため地名は伏せる)
12月に見た時は2羽のフクロウが仲良く寄り添っていたが今回は1羽だった
事情があって別れたものか、たまたま1羽が外出中だったのか詳細は不明である
環境面へのトラブルが起きないよう現地での撮影は5分程度で切り上げた(粘っても特に変化がないこともあるが)
b0144049_10444902.jpg
b0144049_10451072.jpg
タンチョウ
ブログも年頭第1号になるので縁起物の鶴(タンチョウ)を取り上げたい
12月のBWでは阿寒国際鶴センターでタンチョウを撮影したが、今回の撮影地は鶴居村のサンクチュアリだった
前々回の冬の道東訪問時にも訪れているので勝手もわかっているのだが、こちらのほうが鶴の個体数が多く撮影はしやすい
夕日の当たる午後に撮影したこともあって日本の鳥の代表格であるタンチョウを綺麗に撮ることができたと思う
b0144049_10495693.jpg
b0144049_10513844.jpg
b0144049_10524645.jpg
b0144049_10531936.jpg
b0144049_10542933.jpg
b0144049_10552451.jpg
b0144049_10562333.jpg
b0144049_10570541.jpg
b0144049_10584212.jpg
サンクチュアリは給餌場であってタンチョウのねぐらではない
日没前に鶴たちはねぐらへ帰っていくので夕焼けをバックにした飛翔写真がねらい目となる
(ネイチャーフォトというより風景写真のイメージが強いが)
12月は餌場にやって来る青空バックの上空飛翔写真を狙ったが、今回は風上で待機して飛び立ちを主体にタンチョウの群を撮影した
b0144049_11271677.jpg
b0144049_11274294.jpg
b0144049_11280956.jpg
b0144049_11283955.jpg
b0144049_11290777.jpg
b0144049_11294299.jpg










by mustachio | 2018-01-15 15:00 | Comments(0)