還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 06日

スリランカBW旅行

年末年始でスリランカへ行ってきました
2009年末から2010年正月にかけて家内とスリランカへ行ってきました
約1週間(現地での実働5日間)のバードウォッチング旅行です
全体としては首都コロンボから東南方向へのバス移動で、前半はシンハラージャを中心とする山岳森林地帯のトレッキング、後半はヤーラ国立公園など草原地帯のジープサファリです
参加者14名の団体旅行で見た鳥が約160種、森林地帯では蛭に悩まされ、1週間カレー味の料理を食べましたが楽しい旅行でした

スリランカの蝶
旅行の目的はバードウォッチングなので鳥の写真撮影がメインでしたが、私自身はバードウォッチャーではなくインセクトウォッチャーなので、チャンスを見つけて蝶の写真を撮りました
前半は少し雨が降り、後半はジープサファリのため地上に降りられないというハンディキャップがありましたが、数少ない撮影チャンスでは蝶を優先したので40種ほどの蝶の写真を撮りました
科ごとに分けてご紹介します

アゲハチョウ科
Common Rose (Pachilopta aristolochiae)
外国の蝶で日本語の資料がないため種名は英語と学名で記すことにしますが、これは日本でも見られるベニモンアゲハです
日本の南西諸島の蝶は東南アジアとラップすることが多いようです
b0144049_1746871.jpg
b0144049_1746337.jpg

Crimson Rose (Pachliopta hector)
ベニモンアゲハよりさらに派手なアゲハです 日本には該当種はいません
写真は撮れませんでしたがシンハラージャでBlue Mormonと思われる大きなトリバネアゲハを見ました
上半分が黒く下半分が光沢のある水色に輝く素晴らしい蝶でした
b0144049_188297.jpg
b0144049_1882169.jpg


シジミチョウ科
Common Cerulean (Jamides celeno)
日本のルリウラナミシジミにそっくりな蝶です 裏面は地味ですが、飛ぶと翅表がコバルトブルーに光り、印象的です
b0144049_18123034.jpg

Common Pierrot (Castalius rosimon)
一見ゴイシシジミ風のシジミチョウです
b0144049_18223433.jpg

Dark Grass Blue (Zizeeria karsandra)
日本のハマヤマトシジミです 非常に小さな蝶です
b0144049_18281533.jpg

Grass Jewel (Freyeria trochils)
個体は痛んでいるが「草原の宝石」という名前からして美しい蝶だろうと思います オジロシジミよりはウラナミシジミ系のようです
b0144049_21121394.jpg

Plains Cupid (Chilades pandava)
こちらは「平原の天使」 どこかで見たと思ったら、石垣島にうじゃうじゃといたあのクロマダラソテツシジミでした(最近では関東にも進出したようです)
b0144049_2120138.jpg
b0144049_21202820.jpg

Small Cupid (Chilades parrhasius)
クロマダラソテツより小ぶりのきれいなブルーのシジミチョウです
b0144049_21251780.jpg
b0144049_21252981.jpg

Striped Pierrot (Tarucus nara)
モノトーンの地味な容姿ですが英名は「縞々ピエロ」です
b0144049_2132368.jpg
b0144049_21324852.jpg

もう1種ゼフィルスに似たシジミチョウを撮りましたが、手持ちの図鑑に該当種がありません ご存知の方教えてください
b0144049_2135617.jpg


ジャノメチョウ科
Common Bushbrown (Mycalesis perseus)
リュウキュウヒメジャノメによく似た蝶でしたが、白線が細く直線的で鮮やかでした
b0144049_21451444.jpg

White Four-ring (Ypthima Ceylonica)
一見して日本の南西諸島に棲むマサキウラナミジャノメによく似ていますが学名にceylonの名があるので固有種かもしれません
英名の通り後翅に蛇の目が4個あり、後翅表面の下半分が純白なので、日本の各種ウラナミジャノメとは明らかに違っています トゥアーのあちこちで多数見かけました
b0144049_21452815.jpg

b0144049_21454293.jpg


シロチョウ科
Common Gull (Cepora nerissa)
南東部のサバンナ地帯にはシロチョウ類が多数飛んでいます ジープの上からでは蝶の撮影が難しいのですがかなりの種類を観察することはできました この蝶は日本には該当種がいないと思います
b0144049_2253790.jpg
b0144049_2254929.jpg

Common Jezebel (Delias eucharis)
ジープサファリで地上に降りることが許される休憩場所があり、この派手な蝶を見つけました 英名は(化粧の厚い)悪女という意味のようです
b0144049_22131353.jpg
b0144049_22132368.jpg

Lemon Emigrant (Catopsilia pomona)
日本の南西諸島で普通に見られるウスキシロチョウです(日本と同じように銀紋型、無紋型があるようです)
英名から推測できるようにインドからオーストラリアまで分布域の広い蝶です
b0144049_22294373.jpg
b0144049_2230769.jpg

Mottled Emigrant (Catopsilia pyranthe)
こちらはウラナミシロチョウ 樹林帯に多いウスキシロチョウより草原に多い蝶で、日本にいる蝶と全く同じ生態のようです
b0144049_2236797.jpg

Lesser Albatross (Appias paulina)
アホウドリという英名をもらっているようですが、これも日本と共通のナミエシロチョウです
b0144049_22413734.jpg

Striped Albatross (Appias libythea)
現地の図鑑から推定しましたが、この同定は自信がありません いずれにしてもナミエシロチョウの近似種です
b0144049_22463140.jpg

Little Orange-tip (lxias marianne)
日本のツマベニチョウの小型版がいました モンシロチョウくらいの大きさで草原ではオレンジが目立っていました
b0144049_2253273.jpg
b0144049_22533991.jpg

Small Salmon Arab (Colotis Amata)
モンキチョウに似た蝶でロッジの庭などでよく見かけました 黒帯の幅が少し広いようですが行動形態もモンキチョウそっくりです
b0144049_2304148.jpg
b0144049_2305292.jpg

Pioneer (Belenois aurota)
ロッジの近くで見つけました 日本には該当種がいないと思います
b0144049_2345962.jpg
b0144049_235961.jpg

Psyche (Leptosia nina)
日本の与那国島に定着しているクロテンシロチョウそのものです 最近では石垣島でも見かけますが、東南アジアには多いようです
b0144049_23104494.jpg

Three-spot Grass Yellow (Eurema Blanda)
日本でタイワンキチョウと呼ばれる黄蝶です 東南アジアに広く分布するようですが、八重山諸島が北限だと思います
b0144049_23162245.jpg


# by mustachio | 2010-01-06 18:31 | Comments(2)