還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 09日

2018オーストラリア北東部探鳥記10

b0144049_16562258.jpg
「オーストラリア北東部探鳥記」シリーズは実質的に先号で終わり
本号は「付録」のようなものになる
というのは写真がフィールドで撮影したものでなく蝶園(バタフライガーデン)の中で撮影したものだからである

旅程の最終日、ケアンズ郊外などを探索したが、その途中キュランダという観光地に立ち寄った
アサートン高原の雲霧林の入り口くらいにある村で、ケアンズから観光鉄道がありロープウェイなどもあって観光客が多い
そのキュランダに観光用のバタフライガーデンがあり、実をいうと13年前にそこを訪れたことがあるのだ

今回の旅行はヨーク半島で多くの珍しい蝶を期待して出かけたのだが、不本意な結果で意気消沈していたため、邪道ではあるが飼育された蝶を撮影することにしたのである
観光用であるため大型のアゲハとタテハ類が主体で、季節のせいか翅が傷んだものが多かったが1時間余りを蝶の撮影に没頭することが出来たので結果をご披露することとしたい

Orchard Swallowtail
バタフライガーデンにはこのアゲハがたくさんいた
オスはモンキアゲハ似、メスはナガサキアゲハ似でよく見るとこのオーストラリアのアゲハのほうが日本のアゲハよりデザインがこみいっている
名前のOrchardは果樹園のことだが何故そんな名前がついたかはわからない
日本名も不明でオーチャドアゲハとでも呼ぶのだろうか

個人的に興味を持ったのがこのアゲハの尾状突起
アゲハには尾状突起があるものとないものの2種類があるのだが、この蝶は一見「無尾(突起がない)」のように見えて、良く見ると当該部分にでっぱりがあり「有尾」のようにも見える
中途半端なところが魅力的だ
b0144049_16563771.jpg
b0144049_16572347.jpg
b0144049_16573130.jpg
b0144049_16573944.jpg
b0144049_16574880.jpg
b0144049_16580174.jpg
b0144049_16590281.jpg
b0144049_16592611.jpg
b0144049_17002543.jpg
b0144049_10221842.jpg
b0144049_10223346.jpg
b0144049_10224023.jpg
b0144049_10230536.jpg
b0144049_10231657.jpg
b0144049_10232878.jpg
b0144049_10241404.jpg
Cairns Birdwing
ご存知トリバネアゲハ
13年前、初めてオーストラリアに来てフィールドで生のトリバネアゲハを見た(撮影した)時の感動は今でも覚えている
実をいうとトリバネアゲハにはいろいろな種類があってケアンズにいたのはこの Cairns Birdwing である
ヨーク半島には New Guinea Birdwing がいるのだが、今回の旅行では全く姿が見えず、Cairns Birdwing との出会いもなかったので、バタフライガーデンで13年ぶりの再会を果たした(東南アジアで別種のトリバネアゲハには何回か出会っているが)
翅が緑色に光るほうがオスで黒いほうがメス
今回はメスをしっかり観察することができた
b0144049_11273325.jpg
b0144049_11274767.jpg
b0144049_11280064.jpg
b0144049_11281587.jpg
b0144049_11284644.jpg

b0144049_11290226.jpg

b0144049_11291557.jpg

b0144049_11292484.jpg

b0144049_11294288.jpg

Orange Migrant
バタフライガーデンにはシロチョウ科の蝶がほとんどいなかった
見たのはこのMigrant(ウスキシロチョウ)だけだが、前翅と後翅の色がはっきりと異なる翅表の写真まで撮影することができた
b0144049_12043766.jpg

b0144049_12045069.jpg

b0144049_12050497.jpg

b0144049_12051527.jpg

Orange Lacewing
バタフライガーデンのハレギチョウ(Lacewing)はOrange だった
オーストラリアのLacewingは北東部にRed、北部(ダーウィン周辺)にOrange と棲み分けができているようだ
b0144049_15374758.jpg
b0144049_15375919.jpg
b0144049_15380705.jpg
Cruiser
名前の通り大型のタテハチョウ
オスはただの豹紋蝶のようだがメスは重厚なイメージがある
1枚目の写真の開翅しているのがメスだが残念ながら翅が破れていて見苦しい写真になってしまった
なお、このCruiserは和名をチャイロタテハといい、今年タイで撮影しているのだが、学名が少し異なるので別種(または別亜種)になるのかもしれない
b0144049_15575548.jpg
b0144049_15580580.jpg
b0144049_15582618.jpg
Varied Eggfly
ガーデンの中ではこのリュウキュウムラサキ(Varied Eggfly)も数が多かった
ただ翅の傷んだものが多く無傷の個体を探すのは苦労させられた
b0144049_16030034.jpg
b0144049_16030854.jpg
b0144049_16032120.jpg
b0144049_16032860.jpg
b0144049_16033853.jpg
b0144049_16034596.jpg
b0144049_16053277.jpg
Blue-banded Eggfly
日本名はアオオビムラサキとでもいうのだろうか
初対面の蝶で、ライトブルーの帯が美しかった
最後の2枚はメス
オスがブルーでメスが茶色というのはアオタテハモドキのパターンだ
b0144049_16543003.jpg
b0144049_16543882.jpg
b0144049_16555269.jpg
b0144049_16560270.jpg
b0144049_16561169.jpg
b0144049_16562002.jpg
Lurcher
ヨーク半島で撮影したLurcher(キオビコノハ)にバタフライガーデンで再会した
フィールドの蝶ほどではなかったが、翅は傷んでいた
b0144049_17110349.jpg
b0144049_17111496.jpg
b0144049_17112371.jpg
Orange Tiger
この蝶は日本の蝶との共通種、南西諸島で普通に見られるスジグロカバマダラ(学名Danaus genutia を確認しているので間違いなく同一種である)
そういえばしばらく南西諸島に行っていない
スジグロカバマダラも数が減ってしまったのだろうか
b0144049_17113983.jpg
b0144049_17120013.jpg
b0144049_17122846.jpg
Blue Tiger
最後の蝶はBlue Tigerになった
日本名をミナミコモンマダラといい、迷蝶として日本でも記録があるので「フィールドガイド日本のチョウ」にも載っている
自分としては初めて見る蝶だと思う
b0144049_17124180.jpg
10回にわたった「2018オーストラリア北東部探鳥記」シリーズはこれで完結である
年内には旅行の予定もないので、そろそろ年賀状の準備でもしようかと思っている
(オフシーズン中にホームページのほうも手直しを検討しているのでご期待いただきたい)

















# by mustachio | 2018-12-09 10:00 | Comments(0)