還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 10日

オーストラリアの蝶

私の「家内」は年季の入ったバードウオッチャーである
一方、私は45年のブランクのあと再開した「蝶屋」で、採集はせず、写真専門だ
「鳥屋」さんには探鳥会やバードウオッチングトゥアーなど団体による観察会があるが、昆虫ではあまり聞かない
鳥は見るだけで採集しないが、昆虫は採集者が多く参加者の間に競合が発生するため、団体行動には向かないようだ(鳥と同じように一切採集を禁止してしまえば、蝶観察トゥアーなど普遍化すると思うが)

蝶より鳥のほうが年間の活動シーズンが長いので、家内につきあって鳥の写真を撮りに行くことが多い
2005年の12月、家内のバードウォッチング仲間と総勢5人でオーストラリアのケアンズ周辺へ出かけた
オーストラリアは車が左側通行で英語が通じるためレンタカーで自由に行動することができる
鳥の写真撮影が目的で、蝶の写真は全くの付録だったが、結構撮影することができたので紹介することとしたい
最初の5枚はトリバネアゲハ、次の4枚はオオルリアゲハ(パピリオユリシーズ)である
その他については今のところ名前がわからない 同定中ということでご容赦願いたい(ご教示いただけるようなら大変ありがたいと思います)
b0144049_1536298.jpg
b0144049_15404883.jpg
b0144049_15414031.jpg
b0144049_1542117.jpg
b0144049_15422090.jpg
b0144049_15424557.jpg
b0144049_15431117.jpg
b0144049_15432325.jpg
b0144049_15435240.jpg
b0144049_154444.jpg
b0144049_15441699.jpg
b0144049_15443148.jpg
b0144049_15445392.jpg
b0144049_1545931.jpg
b0144049_15454630.jpg
b0144049_15461475.jpg
b0144049_15462639.jpg
b0144049_15464947.jpg
b0144049_1547219.jpg
b0144049_15472196.jpg
b0144049_15473626.jpg
b0144049_15475631.jpg
b0144049_15481047.jpg
b0144049_15482393.jpg
b0144049_15483570.jpg
b0144049_15485556.jpg
b0144049_1549795.jpg
b0144049_15491864.jpg


ポータルサイト(古希からのネイチャーフォトライフ)へ

by mustachio | 2009-10-10 15:50 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2009-10-13 13:48 x
オーストラリアも魅力的な蝶がたくさんですね。
ケアンズは生徒が今年までホームステイに利用していました
トリバネアゲハは比較的楽に見ることが出来るのですか。
きれいな蝶が躍動感たっぷりで素晴らしいですね。
Commented by mustachio at 2009-10-25 12:11 x
書き込みありがとうございます
自分のブログページを見る習慣ができていないのでコメントを見逃していました
これから注意します
海外の蝶シリーズはまだ続きますのでご期待を(次回はパプアニューギニア編です)


<< パプアニューギニア撮影行      ブログ再開のご挨拶 >>