還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 08日

スリランカBW旅行(2)

スリランカの蝶(2)

マダラチョウ科
Plain Tiger (Danaus chrysippus)
団体旅行同行の鳥屋さんから「あのツマグロヒョウモンみたいな蝶は何ですか」と質問されました
「あれはカバマダラです 日本でも南の島にはたくさんいますよ」 (ツマグロヒョウモンは本当にポピュラーになりましたね)
スリランカにはカバマダラがたくさん飛んでいて、八重山諸島の雰囲気そのままでした
b0144049_11183883.jpg
b0144049_11185433.jpg

Common Tiger (Danaus genutia)
カバマダラよりだいぶ少ないように思いましたがスジグロカバマダラも飛んでいました
英名でマダラチョウ類はTigerだと改めて認識しました 元気でいるようなら12年後の年賀状に写真が使えるかもしれませんね
b0144049_1128323.jpg

Glassy Tiger (Parantica aglea)
旅行中にリュウキュウアサギマダラ(によく似た蝶)をよく見かけました
海外旅行に日本の蝶類図鑑は持っていかないので帰国するまでわかりませんでしたが、チェックしてみるとリュウキュウアサギではなくヒメアサギマダラでした
ホームページ(還暦からの蝶200種)にも記述していますが、現場での両種識別はかなり難しいと思います(並べて比較すれば簡単ですが)
b0144049_1218169.jpg
b0144049_12182765.jpg

Blue Tiger (Tirumala limniace)
ウスコモンマダラ 日本の図鑑には載っていますが「迷蝶」レベルで残念ながら国内では見たことがありません
スリランカでは普通種のようで写真はたくさん撮ってきました
b0144049_12251720.jpg
b0144049_12252775.jpg

Ceylon Tree Nymph (Idea iasonia)
文献がないので正確ではありませんが、和名はセイロン(スリランカ)オオゴマダラだと思います
シンハラージャの樹林地帯で何回か見かけましたが、良い写真は撮れませんでした
生態は日本(南西諸島)のオオゴマダラと全く同じだと思います
b0144049_12334720.jpg

Common Indian Crow (Euploea core)
雰囲気として日本でも見られるツマムラサキマダラに似ていますが、翅表には紫斑がなく、プレーンなこげ茶色で地味な蝶です
翅裏に帯状の白班列があるので現地ではシロオビマダラかとも思っていましたが、帰国後図鑑でガランピマダラと判明しました ミャンマー、タイでは普通種のようですが、日本では「迷蝶」の希少種です
b0144049_12473955.jpg
b0144049_12475674.jpg

Great Crow (Euploea Phaenareta)
前種とよく似ていますが後翅裏面の白班列はありません 日本にいないので和名は不明です
b0144049_12542337.jpg
b0144049_12543622.jpg


タテハチョウ科
Peacock Pansy (Junonia almana)
スリランカでは予想に反してタテハチョウが少なかったように感じました ツマグロヒョウモンなどいるはずですが、ヒョウモンチョウ類は1頭も見かけませんでした
割と多かったのが日本(南西諸島)と共通のタテハモドキです
b0144049_1495170.jpg
b0144049_1410531.jpg

Great Eggfly (Hypolimnas bolina)
これも日本(南西諸島)に定着しているリュウキュウムラサキです 一度しか見ませんでしたが、日本と同じようにテリトリーを張っていました
b0144049_141758100.jpg

Common Sailer (Neptis hylas)
もう一つの日本共通種がこのミスジ蝶です
現地では同定できませんでしたが、帰って調べてみるとまさにリュウキュウミスジでした
b0144049_14235935.jpg

Clipper (Parthenos sylvia)
個体がかなり傷んでいることもあって不鮮明な写真で恐縮ですが、モノトーンで名前(クリッパー)のように超大型の立派なタテハチョウでした
チャンスがあれば翅のきれいな新鮮な個体をぜひ見たいと思います
b0144049_14583447.jpg

Lemon Pansy (Junonia lemonias)
アオタテハモドキの雌によく似た蝶ですが、別種のようです 和名はわかりません
b0144049_153494.jpg
b0144049_1535953.jpg

Chocolate Soldier (Junonia iphita)
タテハモドキの仲間のようで地味な蝶です 樹林地帯でも草原でも見かけました
b0144049_1565133.jpg


ホソチョウ科
Tawny Coster (Acraea violae)
日本にはホソチョウ科(あるいはドクチョウ科 ホソチョウ族)の蝶が生息していません
しかし今回初めて見たわけではなく、以前にマダガスカルで何回も見ており、他でも見たことがあるように思います
英名の意味は「黄褐色の行商人」です おそらく世界を股にかけて活躍している普通種だと推定しています
b0144049_15341080.jpg
b0144049_15342073.jpg


セセリチョウ科
Pale Palmdart (Telicota colon)
手持ちの格安なスリランカ蝶類図鑑(ハンドブック程度の写真図鑑)にはセセリチョウが2種しか掲載されていません
帰国後確認できたのがこのセセリチョウですが、ネッタイアカセセリでした 日本では八重山諸島に分布しています
b0144049_15442414.jpg

ユウレイセセリ?
英名がわかりませんが日本の八重山諸島に生息するユウレイセセリ(Borbo cinnara)だろうと思います
写真しか判断材料がないので何とも言えませんが、普通種のチャバネセセリの可能性もあります
日本の蝶類図鑑によればどちらもスリランカに生息しているようです
b0144049_1553884.jpg

セセリチョウ(種名不詳)
最後になりましたがこのセセリチョウはどの図鑑にも該当種がなく種名不詳です 詳しい方がおられましたらご教示ください
b0144049_15564768.jpg


by mustachio | 2010-01-08 11:30 | Comments(0)


<< スリランカBW旅行(3)      スリランカBW旅行 >>