還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 22日

大月・富士5湖・朝霧高原

夏の蝶探索 山梨方面ドライブ

連日の猛暑の中の8月18日、夏の蝶に会いに中央高速で山梨方面へ出かけた
正直なところ、ツマジロウラジャノメやヤマキチョウを狙っての撮影行だったが、これは空振り
8月はなかなか日程が取れないので、この2種は来年へ持ち越しとなるかもしれない

この日は晴天(夕方雷雨)だったが、標高の高いところは気温も低く、全国的にも有名な「練馬の暑さ」を回避することはできる

蝶の種類、数はまずまずで、キベリタテハとアサギマダラは多かった
珍しい蝶としてはアオバセセリ、アサマイチモンジなど
植物はもう「秋の花」が始まっている

晩夏の蝶
アサギマダラ
アサギマダラは秋(晩夏)の蝶なのだろうか
初夏にも出会うことがあるが、初秋の山で多数のアサギマダラを見ることが多い
南の島でも近似種を含め数が多いので、季節のイメージがはっきりしない
写真としては絵になりやすいほうだが、いるときは数が多すぎてスポイルしてしまいがちだ
b0144049_16162429.jpg
b0144049_16164591.jpg


キベリタテハ
こちらは間違いなく8月の蝶
越冬蝶なので北海道では6月に多数のキベリタテハに出会うが、翅が傷んでいるものが多い
8月のキベリタテハは新鮮で、翅の縁の黄色い帯とライトブルーの水玉が鮮やかである
夏休みの終わりごろから登場するので、キベリタテハに会える昆虫少年は多くないが、少年時代から数えたこの50年間ではあまり発生数が減っていないように思う
b0144049_16261279.jpg


イチモンジセセリ
イチモンジセセリも夏の終わりの蝶
この季節になると数がやたらと増え、他のセセリチョウがどこかへ消えてしまう
b0144049_1633896.jpg


アオバセセリ
朝霧高原のサンショウの花にアオバセセリが来ていた
この蝶のイメージは「5月の蝶」で、これは第1化
第2化は当然夏の蝶になるが、なぜか出会うチャンスが少ない
翅が少し痛んでいたし、高い位置で望遠撮影となってしまったが、青緑の輝きと鮮やかなオレンジの斑紋は健在だった
b0144049_16594952.jpg


ジャノメチョウ
個人的な印象ではジャノメチョウも真夏の蝶だ
イメージ的に暑苦しいが、さわやかな高原を飛ぶので悪い印象はない
猛暑の都会にいるようだと目の敵にされそうな蝶である
b0144049_16475921.jpg


アサマイチモンジ
これも朝霧高原で、アサマイチモンジに出会った
この蝶は普通種のイチモンジチョウに大きさ・模様が酷似しており、静止した状態でないと見分けがつかない
イチモンジチョウと混生するうえに、ここに行けば必ずいるという産地固定の種類でもないので、意外と撮影が難しい
今年はどういうわけか新潟に続いて2回目の出会いであった
b0144049_16544948.jpg


ヒメキマダラヒカゲ
さして珍しい蝶ではないが、標高の高い所にしかいない
といっても高山蝶ではなく、登山口の蝶だ
b0144049_18234932.jpg


初秋の草花
キオン
初秋の林道で見かける花はマルバダケブキかキオン、ハンゴンソウなどが多い
キオンとハンゴンソウは姿形がよく似ていて、葉の形(切れ込みの有無)で見分ける
この日はキオンをよく見かけたが、ハンゴンソウは全く見なかった
b0144049_18275611.jpg


マルバダケブキ
この花の黄色も森の中で目立つ
鹿の食害にあわないので増えている植物だという
b0144049_18301275.jpg


センニンソウ
標高に関係なく平地も多い
季節的に初秋の花で8月がハイシーズンだと思う
b0144049_18342377.jpg


ヘクソカズラ
ついでに平地にも多い花のヘクソカズラ
中央が赤い日の丸構図の花は個性があるが名前がいかにも悪い
おかげで覚えられやすいというメリットもあると思うが
b0144049_18382399.jpg


コマツナギ
初秋というイメージではなく7月ごろから咲いているピンクの花
ミヤマシジミという蝶の食草なのでよく覚えている
b0144049_18472940.jpg


ゲンノショウコ
「現の証拠」というインパクトのある名前で下痢止めや腹痛に効く薬草
関東で見るゲンノショウコはほとんど白花だが、昔住んだことがある九州や岡山では赤い(ピンクの)花が普通だった
b0144049_1858144.jpg


タチフウロ
フウロソウ科の花は基本的には夏の花
ハクサンフウロ、アサマフウロなど目立つ花が多いが、タチフウロはゲンノショウコに似て地味な雰囲気があり、秋を感じさせる
b0144049_2221404.jpg


ツリフネソウ
この花も夏の花だが、秋の雰囲気が漂う
b0144049_22253440.jpg


ハコネギク
キク科の花は同定が難しい
もしかすると間違っているかもしれないがとにかく野菊だと思って見ればよいと思う
b0144049_22293939.jpg


ヒメトラノオ
トラノオにはサクラソウ科のオカトラノオとゴマノハグサ科のヒメトラノオがある
薄紫のヒメトラノオは秋の花だ
b0144049_2235479.jpg


ミヤマアカネ
赤トンボは間違いなく季節のシンボル
今回の散策では珍しくミヤマアカネが多かった
アキアカネもナツアカネもノシメトンボも見かけず、赤トンボはこのミヤマアカネだけだったような気がする
b0144049_22404066.jpg


by mustachio | 2010-08-22 17:03 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2010-08-25 18:29 x
ツマジロウラジャノメはいませんでしたか。
ポイントが狭いのでなかなか難しいかも知れませんね。
Commented by mustachio at 2010-08-27 18:51 x
ダンダラ様
なかなか難しいものですね
今後の課題に残しておきます
情報がありましたらご教示ください
(5日ほど留守にしましたのでレスポンスが遅れました
失礼しました)


<< ガラパゴス諸島探訪記(1)      上高地 >>