還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 22日

コスタリカの鳥(蝶)たち(5)

コスタリカの蝶たち

コスタリカの鳥の写真は前回で掲載を終わりました
参加したツアーはバードウォッチングが目的のものでしたので、鳥に詳しいガイドが同行されましたし、バードウォッチャーの家内からも指導と協力が得られましたので、ほとんどの鳥の写真に名前を付けることができました
最後の回はタイトルを「コスタリカの蝶たち」とします

個人としては鳥よりも蝶が詳しいのですが、とにかく外国の蝶はお手上げです
台湾など東南アジアの蝶はある程度日本の蝶と共通項があるのですが、中南米の蝶となると全く名前がわかりません(図鑑はあると思いますが結構高価で手が出ません)

いつものことですが、海外のバードウォッチングツアーに参加するときは鳥用のカメラ(400ミリ)と蝶用のカメラ(100ミリマクロ)の2台を持参します
参加者の皆さんが鳥を見ている時でも、蝶が出ればそちらを優先します
今回のコスタリカは思ったより鳥が多く、逆にいえば蝶を撮影する機会がほとんどありませんでした
有名なモルフォ蝶は近くで観察することはできましたが、良い位置に止まってくれず、写真は撮れませんでした

そんな訳でコスタリカの蝶の写真をアップしていきますが、残念ながらほとんどの蝶の名前がわかりません
詳しい方がおられましたら是非ご教示ください

ベニモンアゲハ系のアゲハ
尾状突起のない無尾型のアゲハでした
b0144049_16181724.jpg


ベニモンタテハモドキ 1
「世界チョウ図鑑500種」で名前が判明しました
b0144049_16203338.jpg


ベニモンタテハモドキ 2   記憶によると「前の蝶の裏面」のはずです
b0144049_16232650.jpg


オレンジのタテハ
b0144049_16251851.jpg


アオタテハモドキ♀
斑紋の大きさ等微妙に違いますが日本の南の島で見られるアオタテハモドキのメスとそっくりです
種のレベルで同一なのか亜種なのかはわかりません
その後、図鑑で該当種を見つけました 「カリブタテハモドキ」のようです
b0144049_1643381.jpg


ミスジ系の蝶
b0144049_16535915.jpg

b0144049_16542950.jpg


メタリックグリーンの蝶
日本の蝶でいえばメスアカミドリシジミのグリーンに似た金属光沢の模様のある蝶です
「世界チョウ図鑑500種」で該当種を見つけました
「ミドリキンシジミタテハ」です
分布が南米になっていますが、色と模様が完全に一致していますので間違いないと思います
b0144049_170327.jpg


メタリックブルーの蝶
形状的にはダイミョウセセリのイメージです
ブルーの色合いはムラサキシジミとルーミスシジミの中間くらいでしょうか
b0144049_1774646.jpg


ライトブルーのタテハ
類似した日本の蝶は思いつきません
信じられないような色の組み合わせですよね
b0144049_17115931.jpg


ジャノメチョウの仲間
イメージとしてキマダラモドキです ジャノメチョウの仲間は間違いないでしょう
と、思いましたが、その後の検討結果でアメリカの南部にも棲息する「ウスベニタテハ」のようです
b0144049_17155085.jpg


小型のシジミチョウ
非常に小さいシジミチョウです ヒメウラナミシジミに近い種かと思われます
b0144049_17274577.jpg


シジミチョウ
こちらは大型です 日本でいえばトラフシジミでしょうか
b0144049_17312765.jpg


セセリチョウ
写真には撮りましたが模様がはっきりしません 同定は無理ですね
b0144049_17341084.jpg


尾状突起のあるセセリチョウ
見た目は完全なセセリチョウです しかし、尾状突起のあるセセリチョウに出会ったのは初めてです
アメリカ大陸にはオナガセセリという蝶がいることを帰ってから勉強しました
b0144049_17381584.jpg


トンボマダラ
撮影時はドクチョウまたはホソチョウの仲間かと思っていました(日本にはドクチョウもホソチョウもトンボマダラもいません)
種名まで特定できませんが、間違いなくトンボマダラ科キオビマダラ属の蝶だと思います
b0144049_18142469.jpg


by mustachio | 2011-02-22 16:30 | Comments(0)


<< 2月の鳥(ルリビタキとサカツラガン)      コスタリカの鳥たち(4) >>