還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 23日

2月の鳥(ルリビタキとサカツラガン)

2月の鳥(ルリビタキとサカツラガン)

2月は短い
アウトドアに蝶がいないのでどちらかというとインドア派に転身してしまう

インドア作業では未公開だった2年前のコスタリカの写真をアップしたが、ネイチャーフォトグラファーとしてはさびしいのでリアルタイムの(今年の)写真を載せることとしたい
被写体は(家内に付き合って)鳥ということになる

2月18日に軽井沢へ出かけた ルリビタキなど冬の鳥がターゲットだ
2月21日は館林の多々良沼に行った サカツラガンが入っているという情報もあり、水鳥の写真を撮りに行った

軽井沢のルリビタキ
ルリビタキは軽井沢にしかいないわけではない
さすがに都会の鳥ではないが、東京の郊外にも出没する
軽井沢の友人が軽井沢の雲場の池周辺に定着していることを確認しているので、遊びのつもりでポートレートを撮影しに出かけた
胸の部分にかすかにブルーが入っている個体と、胸が真っ白な個体がいて、真っ白なほうは人見知りするタイプ
雪の上でポーズをとっているいるのは慣れているほう
ヒタキ類は目が可愛い鳥で、遊んでいると時間がたつのを忘れてしまう
b0144049_17492098.jpg
b0144049_17494672.jpg
b0144049_1750533.jpg
b0144049_17502481.jpg
b0144049_1750428.jpg
b0144049_1751316.jpg


ジョウビタキ
先月メスがテリトリーを張っていた場所にオスが居座ったようだ
b0144049_182614.jpg

ツグミ
東京の我が庭にも遊びに来る普通の鳥だが雪の上だと何となく存在感がある
b0144049_1842674.jpg

セグロセキレイ
こちらも雪の上 2月の鳥らしく雰囲気を出した
b0144049_186666.jpg

ミソサザイ
先月も撮ったが、ミソサザイは軽井沢のイメージを持つ鳥だ
b0144049_18895.jpg


多々良沼のサカツラガン
サカツラガンは珍鳥の部類に入るらしい
数十年前は東京湾にも飛来していたようだが、最近ではめったに見られない
(もっとも多摩動物園などに行けば飼育されたサカツラガンをいくらでも見ることができる)
鳥の情報は(蝶と違って採集者がいないので)比較的オープンでネットでもすぐ紹介される
現地に行けばたいてい何人かのカメラマンがいて鳥の所在はすぐ確認できる
当日は光線状態も良くまさに「図鑑写真」を撮ることができた
b0144049_18212998.jpg

資料を確認したわけではないので勘違いかもしれないが、サカツラガンのサカツラは「酒面」のことだと思っている
「コスタリカの鳥たち」にサカツラハグロドリが登場したが、目の周りが赤いいかにも「のん兵衛」に見える鳥である
こちらのサカツラガンのほうはどう見ても酒飲みに見えないが、どうしてこのような名前が付いたのだろうか
b0144049_1825166.jpg
b0144049_18253561.jpg
b0144049_1826010.jpg
b0144049_1826216.jpg

最後の写真はコハクチョウに小突かれているサカツラガンである

オオハクチョウとアメリカコハクチョウ
コハクチョウが登場したので当日撮影したオオハクチョウとアメリカコハクチョウを載せておく
オオハクチョウは嘴のかなりの部分が黄色くアメリカコハクチョウは嘴全体が黒い
b0144049_2059712.jpg
b0144049_20593251.jpg


2月の鳥・追加(キガシラシトド)
2月中にもう一度鳥見に出かけたので写真を追加しておきたい
日にちは2月25日、気温が20度近くまで上昇した日である
場所は松戸の江戸川河川敷
日本では迷鳥となるキガシラシトドの撮影に出向いた
現場には15人程度のカメラマンが集結しており1時間に1回程度の珍鳥の登場を根気強く待っている
(餌付しているので待っていればスターは必ず舞台に現れる仕組みだ)
誰が撮っても同じように写ると思うが、可愛い鳥なので5枚ほどアップさせていただく
b0144049_17111379.jpg
b0144049_17114434.jpg
b0144049_17351243.jpg
b0144049_17354038.jpg
b0144049_17361099.jpg


キガシラシトド撮影現場の近くでキチョウ、キタテハ、ウラギンシジミと越冬蝶を3種見かけた
「蝶の季節」が近づいたようだ

by mustachio | 2011-02-23 15:52 | Comments(0)


<< サイパンの鳥と蝶      コスタリカの鳥(蝶)たち(5) >>