還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 29日

カナダの冬鳥(2)

b0144049_10571755.jpg


カナダヅル (Sandhill Crane)
水鳥編はまず大型の水鳥から (といっても鶴は水鳥に分類していいかどうかは疑問が残るが)

アメリカには鶴の種類が少ないようで、このカナダヅルが実質的にアメリカを代表する鶴だ
(他にアメリカシロヅルというのがいるが生息地がピンポイント限定の希少種のようだ)
カナダヅルは北アメリカ大陸の中で渡りをするため、冬場はカナダを留守にするのが基本のはずだが、バンクーバーのライフェル野生動物保護区では餌付もしているため、元気な姿を見ることができた
b0144049_11112952.jpg

ナキハクチョウ (Tranpetter Swan)
ナキハクチョウは長距離の渡りをしないのでアメリカ(北西部)の固有種
日本には2度ほど飛来実績があるようで「日本の野鳥590」という図鑑には載っている
日本のオオハクチョウやコハクチョウはクチバシに黄色い部分が目立つが、こちらのナキハクチョウはクチバシが真っ黒で識別ポイントになっている
b0144049_11242244.jpg

コブハクチョウ (Mute Swan)
こちらはアメリカの白鳥というより、ユーラシアの白鳥
アジアでは中国東部・朝鮮半島までが棲息域だったものが、自然のものでない飼い鳥の籠脱けが日本でも繁殖し日本でも見られるようになった
北アメリカにも2次的に移入されたようで東部アメリカには完全に定着してしまっている
特徴はオレンジのクチバシとクチバシ基部の黒い瘤   英名の mute は tranpetter との対比が面白いが、おそらく物静かな白鳥なのだと推定する
b0144049_1146155.jpg

アメリカコハクチョウ (Tundra Swan)
北アメリカやユーラシアの北部(ツンドラ地帯)で繁殖するので英名はツンドラスワン
日本にも数が多いコハクチョウとは亜種レベルで相違があるが同じ種類だ
アメリカコハクチョウは日本に定期的に飛来するものがあり、群馬県館林の城沼などで見ることができる
識別のポイントはクチバシの黄色い部分の大きさで、コハクチョウよりはるかに面積が小さいが、明らかに黄色が確認できる
b0144049_12102094.jpg

カナダガン (Canada Goose)
カナダガンも北アメリカの象徴のような鳥だ 夏のスタンレー公園でも多くのカナダガンが遊んでいたが、冬も相変わらず元気な姿が見られた
バンクーバーは海流の関係もあって比較的暖かいので、彼らの繁殖地にも避寒地にもなっているらしい
b0144049_1224185.jpg
b0144049_12241343.jpg

オオアオサギ(Great Blue Heron)
日本で見られるアオサギと姿形も動作も全く同じ   大きさが少し大きいのでオオアオサギの名前が付けられているが写真では大きさがわからない
あちこちで姿を見かけたが、どの個体も直立したまま動かない普通の「アオサギ」だった
不思議に思うのは英名  オオアオサギはBlue Heronなのに、ユーラシア(日本も含む)のアオサギはGrey Heronという  見た目は同じ色の鳥なのに
b0144049_13432717.jpg

ゴイサギ (Black-crowned Night-Heron)
こちらは新大陸旧大陸の区別なくアフリカにも南米にも棲息するグローバルバード
つまりカナダのゴイサギも自宅近くの石神井公園にいるゴイサギも全く同じ種類ということだ
b0144049_143897.jpg

ミミヒメウ (Double-crested Cormorant)
日本で見られるヒメウはアリューシャン海域を介してアラスカ・カナダとつながり、日米共通種のようだ
こちらのミミヒメウはアメリカ固有だが向こうでは平凡な普通種らしい
b0144049_14145454.jpg

ハシグロアビ (Common Loon)
英語の別名は Great Nothern Diver
基本的には北アメリカの鳥だが冬の渡りではアリューシャン列島やヨーロッパのイギリス、ノルウェーまで遠征する (日本にも迷鳥として飛来実績がある)
写真はもちろん冬羽だが、夏羽になると頭部が真っ黒になり精悍な感じに変わる
b0144049_14341677.jpg

ミミカイツブリ (Horned Grebe)
ミミカイツブリと次のハジロカイツブリは冬鳥として日本でも見られる
どちらもユーラシアから北アメリカにかけて分布域の広い鳥だ
夏羽になると目から後頭部にかけて金栗色の飾り羽(golden horns)が出るのでわかりやすいが、冬羽では次のハジロカイツブリとの見分けが難しい
ミミカイツブリのほうが黒い頭と白い顔の境界がはっきりしているというが、写真でわかるだろうか
b0144049_1575841.jpg

ハジロカイツブリ (Eared Grebe)
日本名がハジロカイツブリなのに英名が eared というのがややこしい
ear に該当するのは夏羽の耳の部分の飾り羽だが、ミミカイツブリの飾り羽のように帯状ではなく、金髪のように見える
夏羽ではハジロカイツブリは首の部分が真っ黒で Black-necked Grebe の別名もある(ミミカイツブリの夏羽の首は褐色だ)
冬羽は写真のようにミミカイツブリそっくり   頭と顔の境界線がぼやけている点や横顔で見ると額が垂直で絶壁状になっている点などで見分けるしかないようだ
b0144049_15223885.jpg

カワアイサ (Common Merganser)
カワアイサも北半球限定だがグローバルバードでアジア・ヨーロッパにもアメリカにもいる
日本でも結構多いのだが、たいてい遠いところにいるので良い写真が撮れない
カナダではもちろん望遠レンズが必要だがかなり鳥が近く、良い写真を撮ることができた
首が白く頭が青緑でクチバシがオレンジ色(上の写真)はオス、顔が赤茶色でクチバシが赤いの(下の写真)がメスだ
b0144049_16132530.jpg
b0144049_16134453.jpg

オウギアイサ(Hooded Merganser)
オウギアイサは北アメリカの固有種
日本では過去に記録があるが完全な迷鳥  もし間違って日本に今頃飛来することがあれば大騒ぎになること必至の美しい魅力的な鳥である
メスは他でも見かけたがオスにはなかなか巡り合えずライフェル保護区でやっとカップルの撮影に成功した

(ブログの区切りで水鳥をカモ・カモメとその他に分離したが正確にいううとアイサはカモの仲間である  分類にうるさい方からお叱りを受ける可能性もあるのでここでお断りしておく)
b0144049_16252792.jpg

アメリカオオバン (American Coot)
額板やクチバシが淡黄色で全身が黒いオオバンは東南アジアなど海外で普通に見られるので、軽く見てしまい、アメリカオオバンのしっかりした写真を撮りそこなってしまった
アメリカオオバンは新大陸(アメリカ大陸)、日本にもいるオオバンは旧大陸(ユーラシアアフリカ大陸)の鳥で完全に種類が異なることを事後に確認した
アメリカオオバンの額板(クチバシの上の額部分)には赤茶色のルビーのようなボタン状の付属物があるのだが、一応写真には写っているので確認いただきたい
b0144049_1653472.jpg

オオキアシシギ (Greater Yellowlegs)
確か日本でも見られるはずの鳥なので現地では意識しなかったが、オオキアシシギもコキアシシギもアメリカの鳥だった
どちらもカナダなど北米で繁殖し冬は南米(メキシコ以南)へ渡る
夏鳥のオオキアシシギが冬に見られるのは不思議なことだが、バンクーバーはそれだけ気温が高く餌が豊富ということなのだろう
b0144049_174212.jpg

クロキョウジョシギ (Black Turnstone)
シギの仲間は小さな身体で強い飛翔力を持つタフな渡り鳥
かなりの種類が北半球で繁殖し冬は南半球へ渡る 日本でもよく見られるキョウジョシギは夏はユーラシアやアメリカの北部、冬(北半球の)はアフリカ、オーストラリア、南アメリカで過ごす
(シギの仲間はお互いによく似ているので名前が覚えにくく苦労するが、黒・白・茶色の三毛猫色を持つ「狂女鴫」だけは例外で私が一発で識別できる数少ないシギである)
さてクロキョウジョシギのほうだが、こちらは夏はアラスカ西海岸で、夏はカナダ・アメリカの西海岸で過ごすローカルバードだ
世界的には珍しい鳥なのでかっちりした写真が撮りたかったが、被写体が遠く、証拠写真程度しか撮れなかった(橋げたに7羽ほどのシギが写っている)
b0144049_1730015.jpg

クロミヤコドリ (Black Oyster)
ミヤコドリは旧大陸のユーラシアオイスターキャッチャー(日本で見るミヤコドリ)と新大陸のアメリカンオイスターキャッチャーの棲み分けがしっかりと行われている
加えてアメリカにはクロミヤコドリがいて、こちらはアラスカ・カナダ・アメリカの西海岸にしかいない地域限定版だ
ミヤコドリもクチバシが赤いが、クロミヤコドリはさらに赤みが増して、真っ黒な全身との対比で妖艶なイメージが強い
b0144049_1743267.jpg
b0144049_17434382.jpg


by mustachio | 2012-02-29 11:24 | Comments(1)
Commented by Dan Kurahashi at 2019-02-11 15:41 x
Towheeの日本語名を探していてたどり着きました。短い滞在で良くこれだけ見られましたね。私は長年バンクーバーに住んでいますが、これほどいろいろは見られません。


<< カナダの冬鳥(3)      カナダの冬鳥(1) >>