還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 12日

飛騨・信濃「林道の花と蝶」

b0144049_16155552.jpg

乗鞍岳でイワヒバリと高山植物を撮影した翌日(8/1)、周辺の林道を探索した
探索の対象はフジミドリシジミだ
この蝶は北海道から九州まで分布するのだが、山地性で背の高いブナ系の植物を食草とするためなかなか地上に降りず、撮影のチャンスが限定される
これまでに何回もトライしてみたが、出会いがなかった
とにかく彼らが地上で活動するのは早朝とわかっているのだが、今までに早朝探訪の機会がなかったからである
今回は時期的に遅いことは承知していたが、家内の鳥(ライチョウ)撮影の都合もあり、8月に入ってから挑戦のチャンスが訪れた次第である

フジミドリシジミ
予想通りタイミングが遅かったので出会った個体はかなり汚損されていたが、それでもオスとメスの写真を撮ることができた
タイトルに使った写真はメスで割と新鮮な個体だったのだが、位置が遠く、あわててしまってフォーカスが十分ではなかった(私の400ミリはすでに生産中止となっている10年以上前のマニュアルフォーカスなのだ)
それでも裏面の太い白帯が確認され、フジミドリとの初めての出会い写真である
美しいフジミドリシジミの写真は来年以降、改めて挑戦したい
b0144049_16351629.jpg
b0144049_16354246.jpg
b0144049_16355823.jpg

アイノミドリシジミ
林道で出会ったもう1種のゼフィルスはアイノミドリシジミだった
肛角橙色斑が完全につながっていて、白条があまり太くないことなどから判断したが、写真だけで行うゼフィルス類の同定作業は確かに難しい
b0144049_16485170.jpg
b0144049_16483256.jpg

オオウラギンスジヒョウモン
オカトラノオに各種のヒョウモンが来ていた
オオウラギンスジはオスメスのそろい踏みである(オレンジ系の明るい色がオス、オリーブグリーン系のほうがメスだ)
b0144049_16533417.jpg
b0144049_16535153.jpg

ウラギンスジヒョウモン
ウラギンスジとオオウラギンスジは良く似ている
特に銀筋のある翅裏の模様などはそっくりで判定が難しい
一言でいえば翅の形が違っていて、ウラギンスジのほうは丸みを帯びるが、オオウラギンスジのほうは前翅先端が突出する
特にメスのほうは大型であることが多く、大きいのがオオウラギンスジとは限らない
b0144049_1774474.jpg

ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモンもよく似た蝶だが、後翅表面外縁の模様が違うので表面写真だけでも区別はつけられる
(ウラギンとウラギンスジでは裏面の模様は全く異なる)
こちらはギンボシヒョウモンとよく似ているのだが、後翅裏面基部のデザインが違うので写真ではここを押さえておく必要がある
b0144049_17163740.jpg

ミドリヒョウモン
もう一つのヒョウモンはポピュラーなミドリヒョウモン
明るいオレンジのイメージ(オス)はどこへ行っても出会うことができる
b0144049_17263748.jpg

ミヤマカラスアゲハ
アゲハ類ではミヤマカラスアゲハの美しい姿が見られた
この蝶は地面などで吸水していることが多く、訪花写真は珍しい
b0144049_17301399.jpg

モンキチョウ
普通種だが、開翅状態の写真が撮れたので、アップしておきたい
b0144049_17313585.jpg

スジボソヤマキチョウ
もう一つのシロチョウ科はスジボソヤマキチョウ
林道の常連だが最近は数が減ったようで、どこへ行っても会えるというわけにはいかなくなった
b0144049_17382281.jpg

アカセセリ
もともと希少種なのだが、このアカセセリも数が減っている
コキマダラセセリとかコチャバネセセリなどはむしろ数が増えているような印象だが、食草(ヒカゲスゲ)が限定される蝶の宿命なのだろうか
b0144049_1752520.jpg

コキマダラセセリ
こちらはその「党勢拡大」のコキマダラセセリ
ススキやノガリヤスなどイネ科の植物はたいていのものを食べるらしい
生き残りのためには何でも食べることが必要条件のようだ
b0144049_184961.jpg

キバネセセリ
この蝶はある時期ある場所に限定するとウジャウジャといる印象が強い
時期が7月末、集まるのは写真にもあるイケマの花であることが多い
それ以外にはめったに出会いがないので、珍しい蝶の部類に入るのだろう
今年もキバネセセリの集団と再会することができた
b0144049_18105679.jpg

アサギマダラ
蝶のファイナリストはアサギマダラ
大型なので「林道の女王」に推薦される資格はあると思うが、少し平凡すぎるか
b0144049_18153640.jpg


林道にはそろそろ秋の気配が見られた
野草の写真もかなり撮影したが、ブログが長くなるので、種名と写真だけを紹介したい

シモツケソウ
b0144049_18205867.jpg

ソバナ
b0144049_18214465.jpg

クサボタン
b0144049_18222212.jpg

トリアシショウマ
b0144049_18225783.jpg

ハナチダケサシ
b0144049_18233413.jpg

オニシモツケ
b0144049_18241179.jpg

ウバユリ
b0144049_18244917.jpg

オミナエシ
b0144049_18252688.jpg

サワギク
b0144049_18255989.jpg

ヤマジノホトトギス
b0144049_18264176.jpg


by mustachio | 2012-08-12 16:36 | Comments(0)


<< 夏休みの昆虫観察      乗鞍岳の高山植物 >>