還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 27日

北陸路自然探索

b0144049_16354219.jpg

私も家内も関東育ちで昔から日本海側との縁がなかった
家が関越道の入り口近くにあるため新潟までは頻繁に出かけるのだが、富山・金沢となると日帰りはムリで白山や立山に登る中継地として利用するだけのイメージが強い

そこで今回は一泊で北陸(富山・金沢)探索をしてみようということになった
もう少し追加的に説明すると北陸へ行けば未撮影蝶の一つヒサマツミドリシジミがクリアできるのではないかという淡い期待があったからである

群馬県にある山荘を出発点にすると志賀高原を越えて長野道の豊田飯山インターに1時間半ほどでアクセスできる
ビジネスホテル宿泊費と高速料金の負担は痛いが、時間的には富山・金沢は近い
今回は富山の神通川周辺と石川の医王山のドライブを堪能したが、蝶のほうは期待外れでヒサマツミドリシジミは確認できなかった

普通種の蝶の写真ばかりでブログをアップするのは気が引けるのだが、個人の活動記録でもあるのでお許しいただきたい

ササユリ
最初に野草の写真を1枚
この美しいピンクのユリは西日本のユリである
九州や岡山に住んだことがあるので初見ということはないが、自分の野草写真のストックの中にササユリがない
新潟や福島などに分布するヒメサユリの写真は多いが、このササユリはヒメサユリより大きく存在感がある
特に今回見たササユリは花の外側のピンクが濃く妖艶なイメージだった
(野草写真の整理が十分でなかったが、去年岡山の草間台地でササユリを撮影していることを確認した)
b0144049_17252524.jpg


スジグロシロチョウとヤマトスジグロシロチョウ
ヒサマツミドリシジミの発生場所については事前に情報を得ていたのでそのポイントで1日目の午後の大半を過ごした
確かに青緑色のゼフィルス(ミドリシジミ)が時々飛ぶのだが、残念なことに全くとまってくれないので写真が撮れないし種名の確認もできない
少しいらいらしながら撮影したのがスジグロシロチョウの仲間である
写真だけで種別判定は結構難しいのだが、後翅裏面基部肩脈の形状から前者はスジグロ、前翅表面黒紋の形状から後者はヤマトスジグロと推定した
b0144049_17395220.jpg
b0144049_17392677.jpg


テングチョウ
新潟でたくさん見かけたテングチョウは富山・石川にも多かった
越冬蝶ではなく新鮮な「今年の蝶」である
b0144049_1751392.jpg


アカタテハ
アカタテハもヒサマツミドリシジミのポイントに多かった
ウエイティングで暇だったのでイラクサへの産卵シーンなどゆっくり観察した
b0144049_17571148.jpg
b0144049_17572979.jpg
b0144049_17573662.jpg


ルリタテハ
ルリタテハは金沢近郊の医王山で撮影した
「医王山(イオウゼン)」の名前は昔から良く聞いていたが訪れるのは全く初めてである
東京でいえば高尾山に当たるような山だが金沢の街の中心からはもっと近く山の規模はもっと大きい
頂上近くの峠まで伸びる林道は舗装されているが結構狭く、土日など車の離合に苦労しそうだが、ウィークデイでは車もほとんど入ってこない
まことに自分勝手ないい方で心苦しいが「車で行ける自然の宝庫」である
b0144049_1895377.jpg


ヒオドシチョウ
こちらも越冬蝶ではなく今年の個体
医王山のあちこちで見かけた (ヒオドシチョウのオレンジは緑を背景にすると目立つ)
b0144049_18152170.jpg
b0144049_18152448.jpg
b0144049_18154824.jpg


ミドリヒョウモン
自然の宝庫医王山で最も多く見かけた蝶はミドリヒョウモンだった
道路脇のウツギの花に群がっている
1,2枚目がオス、3,4枚目がメスである
後は集団吸蜜シーンでウラギンヒョウモンの姿も見える
b0144049_18413971.jpg
b0144049_18424818.jpg
b0144049_18415857.jpg
b0144049_1843748.jpg
b0144049_18421797.jpg
b0144049_18432847.jpg
b0144049_18424698.jpg


クロヒカゲ
あまりきれいでない普通種の写真をアップするのは気が進まないが、ゼフィルスの撮影に時間をかけ、それも結果が得られなかったので、他の写真が撮れていない
(枯れ木も山のにぎわいということでアップした)
b0144049_18492073.jpg


ウラクロシジミ
道路沿いのブナの樹冠を白く光る蝶が数頭飛んでいた
チェックしてみると今月新潟・中越でやっと撮影できたウラクロシジミである
残念なことに破損した個体だったため粘って撮影することはしなかったが、北陸地方でウラクロシジミは難しい蝶ではないようだ
b0144049_18563221.jpg


ジョウザンミドリシジミ
医王山ではゼフィルスを探して回った
土地勘がないので良い撮影場所がわからず、ひたすら樹冠をチラチラと飛ぶ蝶を見つけとまるのを待つだけだったので撮影できた数は少ない
写真の蝶は後翅裏面の橙斑の形状からジョウザンミドリと見当をつけている
b0144049_1915812.jpg


エゾミドリシジミ
最後のゼフィルスはエゾミドリシジミと推定している
ミドリシジミの仲間は翅表と翅裏の両方がわからないと写真からの同定が難しい(標本なら全く問題はないのだが)
写真の個体は青みの強い翅表で前翅の黒帯が細く、後翅の黒帯は太い
エゾミドリかジョウザンミドリのどちらかだと思うが、同一個体の翅裏の写真がないので確定はできないと思う
b0144049_1982366.jpg


特に予習もせずぶっつけ本番で富山・石川地域に乗り込んだが、成果はいまいち(というかワールドカップ出場の日本チームレベル)だった
自然が濃く、魅力的な地域なので来年以降またチャレンジしたい

by mustachio | 2014-06-27 17:07 | Comments(0)


<< 会津のキマダラルリツバメ      栃木のオオヒカゲ >>