還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 21日

7月の池の平湿原

b0144049_20481751.jpg


7月15日、山荘から1時間ちょっとの池の平湿原に出かけた
池の平湿原は湯の丸高原から高峰高原に続く浅間山系にある標高2千メートル程度の湿原である

この時期はアヤメの花が多く他にもカラフルな花が咲き乱れる
鳥はビンズイやホシガラスなど山地性のものが見られるが、蝶は8月にベニヒカゲが見られるくらいで珍しい蝶はいない
湿原の周囲に適当なトレッキングコースがあるのでマイフィールドの一つになっているが、基本的には花のフィールドである

ビンズイ
カラマツのてっぺんでビンズイが鳴いていた
そろそろ梅雨が明けて夏山シーズンが始まる気配だ
b0144049_21102586.jpg
b0144049_21102310.jpg


モンキチョウ
まずはモンキチョウ
シャジクソウで吸蜜していた
湯の丸山周辺にはミヤマモンキチョウがいるのだが、この湿原で出会ったことはない
b0144049_21184156.jpg


ゴイシシジミ
笹の葉の上にゴイシシジミがいた
笹は繁殖力が強く放っておくと山の斜面を笹がカバーしてしまう
その点ではゴイシシジミはしばらく安泰ということだろうか
b0144049_21221966.jpg


ギンボシヒョウモン
アヤメに絡んでいたヒョウモンはギンボシヒョウモンだった
後翅裏面が確認できればギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンの識別は簡単である
b0144049_2126195.jpg
b0144049_21261188.jpg


クジャクチョウ
クジャクチョウはシャジクソウで吸蜜中
クジャクチョウにはマツムシソウが似合うように思うのだが、この湿原ではまだ咲いていない
b0144049_21295119.jpg


クロヒカゲ
いつも出てくるクロヒカゲはパスしようと思ったがシャクナゲの花がきれいでシャッターを押してしまった
b0144049_21362115.jpg


コチャバネセセリ
コチャバネセセリは夏の蝶
7~8月の山に行くと必ず出てくるが今年は初めての出会いのような気がする
b0144049_21393457.jpg


キアゲハ
蝶のラストはキアゲハ
こちらもアヤメに絡んでいた
けして珍しい蝶ではないのだが貫禄があり、山岳地域ではいつもでかい顔をしている
b0144049_21481626.jpg

b0144049_214632.jpg
b0144049_2146292.jpg


アヤメ
高地の湿原に咲くアヤメの仲間は数多いが、ここの湿原はただのアヤメがメインである
この時期は湯の丸高原などにもアヤメが多く紫の群落が目立つ
b0144049_21514290.jpg
b0144049_21515866.jpg
b0144049_2152384.jpg


ウスユキソウ
この時期キク科の花は意外と少ない
地味なウスユキソウが少し見られた程度だった
b0144049_215710100.jpg


オンタデ
オンタデはけして湿原の花ではない
周辺のトレッキングコースには砂礫地があり、オンタデやコマクサなど山岳地帯の植物が見られる
b0144049_2211384.jpg


トリアシショウマ
特に珍しい植物ではない
近似種のチダケサシによく似ているがこちらのほうが穂が細くすっきりしている
b0144049_229369.jpg


オオヤマフスマ
ハコベの仲間
この仲間には山岳地固有の希少種が結構多いのだが、オオヤマフスマはそれほど珍しいものではないようだ
(似たような植物が多く識別は難しい)
b0144049_22152061.jpg


ゴゼンタチバナ
山の花の常連  名前はすぐに覚える
白い花は結構写真が難しく、アンダー気味で撮らないと花びらの質感が出ない
b0144049_22171180.jpg


カラマツソウ
地味な花なのだが造形的には個性があり、写真にすると面白いのでシャッターを押すチャンスが多い
b0144049_2221595.jpg
b0144049_2222872.jpg


ムカゴトラノオ
タデ科の花
湯の丸山近くの烏帽子岳には結構多いムカゴトラノオだが、この湿原ではほとんど見られなかった
b0144049_22291670.jpg


シュロソウ
高山の草原に見られるユリ科の花
ユリ科といっても色が暗紫褐色でけして美しい花ではない
もともと目立たない花なのだが、最近ほとんど見なくなった
b0144049_22395713.jpg


ネバリノギラン
目立たない地味な花という点ではこの花もトップクラス
数は多くあちこちの山で普通に見られる
b0144049_22405344.jpg


ヒメクワガタ
オオイヌノフグリに近いゴマノハグサ科の植物
地味だが高山植物の1種である
b0144049_22472032.jpg


ヤマオダマキ
こちらはキンポウゲ科の花
近似種のミヤマオダマキのほうは高山植物だがヤマオダマキのほうは山岳地の林道で普通に見られる
形状が個性的で写真にすると美しい
b0144049_2256484.jpg

b0144049_22564329.jpg


シャジクソウ
漢字にすると車軸草
北海道以外では長野・群馬くらいにしか見られない植物というが、湯の丸山などの周辺には数が多いので希少種というイメージは全くない
マメ科でレンゲの花に似たイメージである
b0144049_2392096.jpg


カワラナデシコ
ただナデシコと呼ばれることもある
ここの湿原ではこの花(個体)しか見られなかったが草原の中で際立っていた
b0144049_23135911.jpg


ハクサンフウロ
フウロソウの仲間は種類が多いが長野県・群馬県で見られるのはたいていハクサンフウロである
浅間山近辺に濃紅紫色のアサマフウロという種類が見られるというが残念ながら出会ったことがない
b0144049_2324102.jpg

b0144049_23245196.jpg


グンナイフウロ
花の中央が突出した個性的なフウロソウ
北海道では似たような花にチシマフウロがあるが、群馬・長野周辺では高山地帯のタカネグンナイフウロを除けばたいていグンナイフウロである
b0144049_2336786.jpg
b0144049_23362636.jpg
b0144049_2336312.jpg


ハクサンシャクナゲ
シャクナゲにはアズマシャクナゲとハクサンシャクナゲがあって咲く時期が異なる
7月に咲くのはハクサンシャクナゲのほうで池の平湿原ではちょうど満開であった
写真を見て気がついたのだが花びらにオリーブ色の斑点がある
b0144049_2344384.jpg
b0144049_23445982.jpg


テガタチドリ
この花は何故かミヤマシロチョウの吸蜜植物というイメージが強い
ハクサンチドリによく似ているがテガタチドリのほうが柔らかい印象である
ピンクの花が緑の草原で際立っていた
b0144049_23522639.jpg
b0144049_23523980.jpg
b0144049_23525660.jpg


コマクサ
草津の白根山では毎年コマクサ祭が開催されるが、火山活動で入山規制がある今年はどうなるだろうか
池の平湿原の周辺の砂礫地ではコマクサがきれいに咲いていた
b0144049_23574377.jpg
b0144049_23581740.jpg


by mustachio | 2014-07-21 21:14 | Comments(0)


<< 野反湖/ニッコウキスゲの頃      信州峠の蝶 >>