還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 16日

2014/09長崎旅行(1)

b0144049_10211553.jpg

9月9,10,11日の3日間、長崎・佐世保・平戸・西海など長崎を旅行した
観光目的ではなくこちらは絶滅危惧Ⅰ類のタイワンツバメシジミ撮影、同行の家内は佐世保烏帽子岳でのアカハラダカの渡り撮影が目的である
特にタイワンツバメシジミについては具体的な撮影場所を表示できないが、9月10日に保護・調査の現地活動がありそれに参加させていただく形となった
ちょうど3年前になるが家内と同じ長崎県の対馬へアカハラダカの渡りを見に出かけている
この時のこちらのターゲットはツシマウラボシシジミで悪戦苦闘の末なんとか1頭見つけて撮影に成功したが、その後この蝶は本当に絶滅寸前になってしまったようだ  原因は野生鹿による食草(ヌスビトハギなど)の食害である
ブログのほうは第1部を蝶編、第2部をその他(鳥・昆虫・植物)編の形でアップして行きたい

タイワンツバメシジミ
生物多様性・種の保存が謳われる昨近だが、実際に絶滅を懸念される生物は非常に多い(蝶では草原性のものが極端に減って来ている)
このタイワンツバメシジミの食草はシバハギという小さな萩で、成虫の活動範囲は食草が近くにある草原に限定されるようだ
この蝶は今回初対面で、自分の(国内における)撮影種としては241種目になる
普通に見られるツバメシジミよりは後翅の橙斑が鮮やかで、黒点は4つだけ濃い(ツバメはすべての黒点が濃い)等の特徴がある
今回撮影したのはほとんどがメスでオスのほうはぼけた飛翔写真しか撮れなかった
b0144049_1193131.jpg
b0144049_1192210.jpg
b0144049_1194765.jpg
b0144049_1193717.jpg

b0144049_11102554.jpg
b0144049_1110165.jpg


ヤマトシジミ
絶滅の心配がない普通のヤマトシジミ
希少性というより写真としての美しさを狙った1枚である
b0144049_1117728.jpg


ヒメジャノメ
アカハラダカを待って時間を潰している間、佐世保の烏帽子岳を歩き回っていて、草の上にじっと静止しているヒメジャノメを見つけた
全国区(北海道の大半と南西諸島を除く)の蝶なのだが、今まであまり出会いのチャンスがない蝶である
b0144049_11242037.jpg


ツマグロヒョウモン
その烏帽子岳山頂付近にやたら多かったのがご存じのツマグロヒョウモン
最近では「東京都の蝶」に指定されてもおかしくないほど数が増えてしまった
食草が園芸種のパンジーを含むスミレ類と多彩なのが、種族保存のためには強みのようだ
b0144049_11342434.jpg


リュウキュウムラサキ
リュウキュウムラサキは南太平洋から東南アジアに広く分布する南国の蝶
日本では南西諸島限定なのだが迷蝶として九州には出現することがある
そのリュウキュウムラサキが烏帽子岳の山頂でテリを張っていた
後翅裏面の白帯が太く明瞭なので最初はメスアカムラサキかと思ったが、やはりリュウキュウムラサキのようだ  (この2種のオス同士は非常によく似ている メスアカムラサキも南国の蝶で国内未撮影のため個人的には非常に残念である)
b0144049_11455848.jpg
b0144049_11463185.jpg
b0144049_11463217.jpg
b0144049_11465631.jpg
b0144049_11465667.jpg


アサギマダラ
アサギマダラは越冬のため長距離を移動する
この蝶は他から移動してきたものかどうかは不明だが、長崎なら十分越冬が可能なはずである
b0144049_11545784.jpg
b0144049_11551449.jpg


モンキアゲハ
今年は蝶の数が少ないといわれているが長崎には蝶(特にアゲハ類)が多かった
モンキアゲハは今月千葉県でも撮影しているが、南国の蝶は九州が良く似合う
b0144049_1204719.jpg
b0144049_121723.jpg
b0144049_1212046.jpg
b0144049_1214413.jpg


アゲハ
昔からなじんでいるアゲハ
子供の頃ヤブカラシで吸蜜する姿をよく見てきているが、最近都会ではヤブカラシを見る機会が減ってしまった
長崎では昔懐かしい光景に出会うことができた
b0144049_128511.jpg
b0144049_1284135.jpg


キアゲハ
外見は似ているのにアゲハとキアゲハは棲息環境が異なる
キアゲハは高いところが好きで佐世保でも烏帽子岳山頂でテリを張っていた
b0144049_12115369.jpg


ジャコウアゲハ
この蝶も関東近郊では数を減らしているようだ
(食草のウマノスズクサが外来種のホソオチョウと競合していることも影響があるらしい)
九州では競合相手がいないせいか元気な姿を見せてくれた
b0144049_12154968.jpg


カラスアゲハ
カラスアゲハは全国区の蝶なのだが奄美諸島以南になるとオキナワカラスアゲハ、ヤエヤマカラスアゲハと別種になってしまう
個人的な印象かもしれないが沖縄や八重山のカラスアゲハは地味な感じなのに、九州のカラスアゲハはエメラルドグりーンの光沢が素晴らしかった
b0144049_12332740.jpg
b0144049_12334689.jpg

b0144049_1349192.jpg


ナガサキアゲハ
長崎の蝶の最後はご当地の「ナガサキアゲハ」
この蝶はオスが地味でメスが派手という生物界では少数派である(人類もその少数派かもしれないが)
オスは翅の付け根に赤い班があるがそれも裏面だけで表は真っ黒だ
b0144049_1246264.jpg
b0144049_12462175.jpg
b0144049_12463422.jpg
b0144049_12465849.jpg
b0144049_124718.jpg


有尾型ナガサキアゲハ
同じ種ではあるが非常にレアな有尾型のナガサキアゲハを見つけた
遺伝的に劣勢のため発生するチャンスは非常に少ないようだ
もしオスの有尾型がいればクロアゲハと区別がつかないように思うが有尾型はメス限定だという
シロオビアゲハのベニモン型に雰囲気が似ているがそれよりはるかに大きく一見してナガサキアゲハだとわかる
b0144049_1301697.jpg
b0144049_1301453.jpg
b0144049_1303324.jpg
b0144049_1303214.jpg


by mustachio | 2014-09-16 10:41 | Comments(1)
Commented by reikogogogo at 2014-09-16 23:49
素晴らしく奇麗ですね.


<< 2014/09長崎旅行(2)      9月の千葉・蝶鳥散歩 >>