還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 07日

白馬村の春/2018GW

b0144049_11171863.jpg
2018年5月7日(月曜日)
GWが終わり周囲が急に静かになった
朝から雨でパソコン仕事には絶好の天気、GWの写真を今日中に整理して明後日は東京に戻る(中部タイ撮影記のブログアップも再開する)

GW恒例行事の白馬遠征は5月1日
群馬の山荘からは2時間半ほどかかるが高速を使わない下道なので渋滞を気にしなくて済む
それでも白馬は観光地なので休日を避け連休の合間に出かけた

ここのところ毎年のように(GWに)出かけているが、年によって季節進行の変化があり非常に興味深い
今年は季節が2週間ほど早く白馬の桜は完全に終わっていた
参考までに昨年の状況にリンクを貼っておく

ギフチョウ
白馬通いの発端は例によって蝶の撮影
白馬には日本では数少ないギフチョウとヒメギフチョウの混生地がある
ギフチョウの発生時期は桜の開花にリンクするのが普通なので、桜の終わった白馬でギフチョウに会えるかどうか心配だったが、いつものフィールドで何頭かのギフチョウを確認することができた(ヒメギフは未確認)
現場にはカメラを持った撮影者の数が多く蝶のほうはかなり傷んだ個体が多かったが、それでも今年3回目で最後になる「春の女神」との再会を楽しむことができた
b0144049_11175023.jpg
b0144049_11180531.jpg
b0144049_11181639.jpg
カタクリ
白馬のカタクリは完全に終わっていた
それでも咲き残っているいくつかの株を探して撮影したがこちらも今年の見納めかもしれない
カタクリが終わってもギフチョウが残っていたということは、昆虫のほうが植物より季節への対応力が鈍いということだろうか
b0144049_12042835.jpg
b0144049_12043844.jpg
ヤマエンゴサク
カタクリの咲く白馬村のフィールドには同じころ延胡索の花も咲く
ジロボウエンゴサクかヤマエンゴサクかの識別が難しいが花の下の苞に切れ込みがあるのでヤマエンゴサクのほうだと判定した
b0144049_12044702.jpg
b0144049_12045691.jpg
キクザキイチゲ
イチゲも同じころ同じような場所に咲く
毎年アズマイチゲとキクザキイチゲの両方が咲くフィールドだが今年はキクザキイチゲしか見つからなかった
b0144049_15181399.jpg
b0144049_15182870.jpg
b0144049_15183951.jpg
シロバナエンレイソウ
林の中にはシロバナエンレイソウが咲いていた
近くにはエンレイソウもあったがシロバナのほうがはるかに美しい
同じユリ科なのでに似ていて当然なのだが白百合のイメージそのものだ
b0144049_15393119.jpg
b0144049_15394008.jpg
b0144049_15395133.jpg
スミレサイシン
スミレサイシンは日本海側に分布する美しいスミレ
4月中旬に訪れる日本海に近い新潟県のフィールドにも咲いていてギフチョウはこの花でも吸蜜する
白馬のフィールドは日本海からはちょっと遠いが、川は日本海側へ流れ、スミレサイシンも多い
b0144049_16090980.jpg
b0144049_16141888.jpg
b0144049_16143013.jpg
b0144049_16145354.jpg
タチツボスミレ
タチツボスミレはあちこちで群落を形成していた
ただ同じタチツボ系のスミレにオオタチツボスミレがあって本州の日本海側に分布するので識別が難しくまだ十分理解できていない
(写真はオオタチツボスミレの可能性もある)
b0144049_16401564.jpg
b0144049_16402442.jpg
ツボスミレ
このツボスミレも春の白馬でよく見かける
似たような花にアギスミレというのがあるが分布域が東北地方以北で、この地域では間違うことはない
b0144049_16403521.jpg
b0144049_16404154.jpg
ヒカゲスミレ
このギフチョウのフィールドでは毎年花が白く大きいスミレを見る
最初のころはスミレサイシンの白化型かと思っていたがどうも違うようだ
(昨年はタチツボスミレの白化型とコメントしたがそれも納得がいかない)
花が白く全体に粗い毛が多いのでヒカゲスミレが順当だと思うが側弁に毛がない点が少し気になる
詳しい方がおられたらご教示いただきたい
b0144049_17224951.jpg
b0144049_17230621.jpg
b0144049_17232083.jpg
ヒトリシズカ
数は多くないがヒトリシズカはこのフィールドで毎年見る花
もっとも糸のように白いのは花(花弁)ではなく雄蕊の花糸だそうだ
b0144049_18024496.jpg
ラショウモンカズラ
このフィールドでラショウモンカズラを見つけたのにはびっくりした
基本的にこの花は5~6月の花だと思っていたからである
クモマツマキチョウを探す谷筋や近くの林道に咲く花で、ギフチョウのフィールドには似合わない
b0144049_18032485.jpg
b0144049_18033590.jpg
フクジュソウ
ギフチョウのフィールドでしばらく遊んだ後、姫川源流へ移動した
通常の年はこの時期この地域はフクジュソウが満開であたり一面が黄色に染まっている
ところが今年は黄色い花が全く見られない
花が終わってフクジュソウは緑の葉に変わってしまっている
過去に花がピークを過ぎていた経験はあるが今回のように全く花がない状態は初めてだった
(あちこち歩き回って1株だけ残っているフクジュソウの花を見つけた)
b0144049_18180473.jpg
ニリンソウ
フクジュソウに変わって勢力をふるっていたのはこちらのニリンソウ
例年、GWに少し咲き始めているのだがフクジュソウの勢力に押されてほとんど目立たない
今年は同じフィールドが黄色から白色に塗り替えられていた
b0144049_18181226.jpg
b0144049_18181846.jpg
b0144049_18224380.jpg
ユリワサビ
姫川源流で毎年見るユリワサビは健在だったが川の流れの中に咲くバイカモは全く見られなかった
b0144049_18483199.jpg
ミツガシワ
姫川源流のすぐ近くに親海湿原という湿原がある
季節が早い年はミツガシワが咲くのだが、去年はこの時期全く花が見られなかった
ところが今年はちょうど見ごろを迎えていて白い花が一面に広がっていた
b0144049_20311643.jpg

b0144049_20313277.jpg

b0144049_20314662.jpg

b0144049_20335913.jpg
ネコノメソウ
湿原にはネコノメソウも咲いていた
ネコノメソウの中では最もポピュラーな種類だと思う
b0144049_20472274.jpg
フッキソウ
親海湿原の周辺にはいろいろな野草が見られる
フッキソウは木本だがこの時期白い花を咲かせる
b0144049_20473761.jpg
マルバスミレ
こちらの白いスミレは花と葉の形からケマルバスミレかマルバスミレ
葉や葉柄に毛が見えないのでマルバスミレでよいと思う
b0144049_20475040.jpg
ミミナグサ
花弁の先が小さく割れて耳のように見えるのがミミナグサ
珍しい植物だとは思わないが、長い間見ていなかったような気がする
b0144049_20480431.jpg
オオヤマフスマ
こちらのハコベはオオヤマフスマ
ハコベやウシハコベは花弁が二つに割れて5弁が10弁に見えることが多いが、このハコベはオーソドックスな5弁花である
b0144049_20481868.jpg
カキドオシ
薄い紫地に濃い赤紫の斑紋を持つシソ科の唇型の花はカキドオシ
明るい緑の中の薄紫は良く目立つ
b0144049_21131366.jpg
b0144049_21132146.jpg
ムラサキサギゴケ
色も花の形状もカキドオシとよく似ているムラサキサギゴケ
こちらはシソ科ではなくゴマノハグサ科
カキドオシのほうは茎が直立するがムラサキサギゴケはべたっと地を這っている
b0144049_21144194.jpg
シロスミレ
この白いスミレはシロスミレのようだ
似たような花にアリアケスミレがあるがこちらは平地の湿ったところに多い(埼玉県さいたま市などで見かける)
葉柄にひれが見えるのがシロスミレとする根拠である
b0144049_21275979.jpg
キジムシロ
キジムシロはごく普通の植物だがしばらく出会いがなく探し続けていた
同じバラ科キジムシロ属に属するミツバツチグリはどこでも見られるのだが、どういうわけかキジムシロが見つからない
両者の基本的な相違点は葉の枚数でキジムシロは5、7、9枚構成の羽状複葉
一方ミツバツチグリのほうは名前の通り三つ葉である
証拠写真として5~7枚構成の葉を入れて撮影した
b0144049_21281258.jpg
b0144049_21282291.jpg
b0144049_21283177.jpg
サクラスミレ
白馬で昼食をとった後、帰りは大町方向へ南下し居谷里湿原に寄って帰宅する
湿原の遊歩道ではサクラスミレを見かけた
最初の1枚は通常のサクラスミレだが、2枚目以降は葉に赤紫の葉脈が見える通称チシオスミレと呼ばれるスミレだった
b0144049_21471202.jpg
b0144049_21474756.jpg
b0144049_21475788.jpg
b0144049_21480512.jpg
b0144049_21481351.jpg
ヤマルリソウ
林道脇で見つけた淡青紫色の小さな花はヤマルリソウのようだ
b0144049_21542613.jpg
ヒナスミレ
根本が心形で先が三角形になる葉の形からヒナスミレと推定できる
ピンク色で可愛いスミレだ
b0144049_21543879.jpg
フモトスミレ
葉脈に沿って葉に白い斑が入るのがフモトスミレ
花は白地で濃い紫色の筋が目立つ
b0144049_21544758.jpg
リュウキンカ
居谷里湿原ではGWの時期にミズバショウ、ザゼンソウ、リュウキンカといった春の水辺の花を同時に見ることができる
今年のリュウキンカはまあまあで湿原の一部は黄色く染まっていた
b0144049_22273887.jpg
b0144049_22274611.jpg
b0144049_22290989.jpg
ザゼンソウ
一方、こちらのザゼンソウは完全に花が終わっていた
トレードマークである苞が崩れてしまっているのだ
残った数少ない花が次の写真だが、青々と育った葉が印象的だった
b0144049_22324370.jpg
b0144049_22325347.jpg
ミズバショウ
締めくくりの花はミズバショウ
定番の春の花だ
GWに戸隠へ出かけてミズバショウを楽しむことも多いのだが、今年はラストチャンスになってしまうかもしれない
b0144049_22330615.jpg
b0144049_22331437.jpg
以上でGWレポートは終わり
「中部タイ撮影記」の再開準備に取り掛かることとしたい













by mustachio | 2018-05-07 12:00 | Comments(0)


<< 蝶鳥天国中部タイ撮影記(野鳥編1)      十日町の春/ 2018GW >>