還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 18日

蝶鳥天国中部タイ撮影記(野鳥編4)

b0144049_14525708.jpg
中部タイの野鳥については整理が終わっているのでvol.1~vol.4まで一気にブログアップをしたい
vol.4のスタートはチメドリ科の積み残し、ガビチョウ類からになる

ヒメクビワガビチョウ
クビワガビチョウとヒメクビワガビチョウ
お互いによく似ていて識別が難しい(大きさはヒメのほうが小さいのだが、
写真ではツーショットでなければ判断ができない)
ヒメのほうは過眼線が黒く鮮明で白い頬と喉が繋がっている
クビワガビチョウのほうは頬と喉が黒い帯ではっきり分離されている(逆にいえば白い頬がくっきり孤立している)
といったところがポイントのようだ
b0144049_15310328.jpg
b0144049_15312045.jpg
クビワガビチョウ
こちらが大きいほうのクビワガビチョウ
嘴の付け根から後方へ向かって黒い帯があるのがお分かりいただけると思う
どちらのガビチョウも生命力の強い鳥のようだ
b0144049_15420158.jpg
b0144049_15421815.jpg
b0144049_15424366.jpg
b0144049_15430275.jpg
キガシラムクドリ
英語名はGolden-crested Myna
Mynaというのはムクドリというよりもハッカチョウの仲間のことだ
写真ではとトップの頭が黄色いのがオス、2枚目以降の目の周りだけ赤いのがメスである
動きの速い落ち着かない鳥だったが1枚だけ飛翔シーンを撮ることができた
b0144049_16522724.jpg
b0144049_16524430.jpg
b0144049_16525899.jpg
b0144049_16530600.jpg
インドハッカ
別名カバイロハッカ
移入種として日本の南西諸島でも見られる
アジアではごく普通の鳥で市街地にも多い
b0144049_17105892.jpg
ホオジロムクドリ
こちらも国立公園ではなくバンコクに近いところで撮影した(市街地や農耕地のような平地に棲む鳥のようだ)
日本のムクドリのように白黒構成で嘴は赤いが、本種は目の周りが赤いのが特徴である(喉の部分が真っ黒なので頬の白いのが目立つ)
目つきはあまりよくない
b0144049_17111954.jpg
b0144049_17113323.jpg
アカハラシキチョウ
いわゆる(ただの)シキチョウはアジアに多い鳥なのだが(自分は)今回は出会いがなかった
こちらのアカハラシキチョウとの出会いは2度目で、前回は北部タイのお寺の境内で出会っている
英語名をWhite-rumped Shamaというが、これは尻が白いという意味である
前回遭遇時はその白い尻を確認できなかったが、今回はどうにか写真でも一部を撮影することができた
b0144049_17280243.jpg
b0144049_17281130.jpg
ノドアカヒメアオヒタキ
ヒメアオヒタキはなかなか愛らしい小鳥だが似たような種類がいて紛らわしい
写真でご覧いただく通り喉から胸にかけてがオレンジ色の青い鳥がノドアカヒメアオヒタキだ
水浴びが好きな鳥のようで水場での写真が多い
b0144049_18080783.jpg
b0144049_18081927.jpg
b0144049_18083075.jpg
b0144049_18084276.jpg
b0144049_18085236.jpg
ムネアカヒメアオヒタキ
一方こちらのヒメアオヒタキは喉から胸の上部までが頭部と同じ青で胸の下半分がオレンジ色なのでムネアカという
よく見ればはっきり違うのだが感じがよく似ていてまるで兄弟のようだ
b0144049_18131340.jpg
b0144049_18132823.jpg
b0144049_18134266.jpg
キビタイコノハドリ
コノハドリ(Leafbird)とはよく言ったものでこの鳥の色はまさに「木の葉」の色である
1枚目の写真は個人の庭園で撮影したものだが、木の中に鏡が設置してあり鳥のほうは鏡に映る自分の姿をしきりに気にしていた
今回見たキビタイコノハドリは額の部分が真っ赤で「アカビタイコノハドリ」といってもいいほどだった
b0144049_18242801.jpg
b0144049_18245377.jpg
b0144049_18251020.jpg
イエスズメ
分類順で行くとスズメは終盤近い登場となる
こちらはイエスズメ
グローバルに見ると標準的な普通のスズメだが日本では迷鳥になる
国立公園ではなくバンコク近くで撮影した
1枚目はツーショットだが普通のスズメ(Tree Sparrow)と違ってオスメスの違いははっきりしている
b0144049_21193247.jpg
b0144049_21194760.jpg
キンイロコウヨウジャク
ハタオリドリの仲間には今年の春タンザニアでたっぷりお目にかかった
英名はWeaver  木の葉を細かく割き巧みに織り込んで球形の巣を作ることから機織鳥という
全世界に109種というハタオリドリの大半はアフリカに分布するが、一部は南アジアに生息し漢字名では紅葉雀と呼ばれる
そのコウヨウジャクがバンコクに近い田園地帯に生息し、今回3種を確認することができた
一番派手なタイプがこのキンイロコウヨウジャクでオスは顔と尾と羽以外は全身が真っ黄色である
b0144049_21280124.jpg
b0144049_21280893.jpg
b0144049_21282293.jpg
b0144049_21284150.jpg
コウヨウジャク
二番手はただのコウヨウジャク
一部黄色い部分もあるが印象としては「ほとんどスズメ」である
もちろんハタオリドリの仲間で球形の精密な巣をしっかり作っていた
(他種との識別点は胸の部分の縦斑だ)
b0144049_21584035.jpg
b0144049_21585467.jpg
b0144049_21590839.jpg
b0144049_21592804.jpg
キムネコウヨウジャク
3番手のコウヨウジャクは中間的な存在
黄胸というほど黄色い胸ではないが胸に斑点はない
4枚目の地味なタイプがメスである
b0144049_22082524.jpg
b0144049_22083833.jpg
b0144049_22085564.jpg
b0144049_22090508.jpg
シマキンパラ
タイ中部の野鳥のラストバッターはシマキンパラ
東南アジアでは見かけるチャンスが多い可愛い小鳥である
b0144049_22135489.jpg

以上で野鳥編は完結
これからタイで撮影した蝶の写真の整理が始まる



 











by mustachio | 2018-05-18 15:00 | Comments(0)


<< 軽井沢野鳥の森/2018GW      蝶鳥天国中部タイ撮影記(野鳥編3) >>