還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 20日

軽井沢野鳥の森/2018GW

b0144049_15234092.jpg
タイ中部の野鳥シリーズが終わって蝶シリーズを始める前に「2018GW」の写真を整理しておきたい

5月9日、群馬の山荘から東京へ引き上げる途中軽井沢の友人宅に寄って、友人と二人「野鳥の森」の探鳥を楽しんできた
連休中の軽井沢は車の渋滞が激しいため近寄らないようにしているが、連休明けは閑散と思いきや、野鳥の森はバードウォッチャーが結構詰めかけていた

狙いはオオルリ、コルリの「青い鳥セット」だったが、短時間の滞在でもそこそこの写真が撮れたので2018GW03としてアップしておく

オオルリ
毎年GWには白馬や戸隠などへ出かけるので必ずオオルリに出会うのだが今年は縁がなかった
今年は季節の進行がやたら早く植物や昆虫などは2週間ほど出現が早いような気がする
ところが野鳥に関しては逆の傾向でなんとなく夏鳥の来訪が遅いように感じるのだ
(春が早いので日本に渡って来る途中寄り道をしているのかもしれない)
それでも野鳥の森の沢筋には濃いブルーのオオルリオスが姿を見せてくれた
(オオルリは高い木のてっぺんなどシンギングポストで囀っているシーンが多いように思うが軽井沢のオオルリは森の中の低い枝で歌っている)
b0144049_15235662.jpg
b0144049_15240368.jpg
b0144049_15241566.jpg
b0144049_15242419.jpg
b0144049_15243210.jpg
b0144049_15244277.jpg
b0144049_15245143.jpg
コルリ
コルリはオオルリよりちょっとだけ小さいが見た目はほとんど変わらない
背中や羽のブルーも全く同じような色なので紛らわしいが、基本的に違うのが喉の部分である
オオルリ♂は喉が真っ黒でコルリ♂は真っ白と対照的だ
コルリを下から見上げるとほとんど真っ白に見える
b0144049_16241941.jpg
b0144049_16243008.jpg
b0144049_16244259.jpg
b0144049_16245466.jpg
b0144049_16251314.jpg
b0144049_16253212.jpg
野鳥の森にはオスだけでなくメスのコルリもいた
こちらは巣作りに忙しいようで枯葉や草などの巣材を運んでいた
コルリは地上性で人前に現れず写真が撮りにくいそうだが、今回はオスもメスもしっかり撮影できてラッキーだったと思う
b0144049_16391930.jpg
b0144049_16392641.jpg
b0144049_16394466.jpg
b0144049_16400128.jpg
b0144049_16401772.jpg
b0144049_16403240.jpg
b0144049_16404741.jpg
b0144049_16410568.jpg
ノジコ
倒木の上にノジコがいた
アオジによく似た小鳥で個人としては識別に自信がない
(ノジコは夏鳥だがアオジは冬に見ることが多いと思う)
b0144049_16433156.jpg
b0144049_16434847.jpg
キビタキ
当日出会ったもう1種の野鳥はキビタキ
この時期の定番である
群馬のわが山荘にも毎年訪れてくるキビタキがいてGWにはテリトリーが確定しているのが通例だが、今年は来訪が遅くオス同士がじゃれあっていてテリトリーは未定のようだった
b0144049_16531112.jpg
b0144049_16532054.jpg
ルリソウ
野鳥の棲む森の下草の中にブルーの花を見つけた
色が濃いのでヤマルリソウではなくルリソウだと思う
オオルリ、コルリ、ルリソウと瑠璃色に満たされた一日になった
b0144049_17044260.jpg
b0144049_17045705.jpg
b0144049_17051212.jpg
ヒメウズ
(ノジコの写真にもあるように)フィールドではたくさんの白い小さな花が下向きに咲いていた
なんとなくキンポウゲ科の花だと推察したが現地では種名がわからない
帰宅後、植物図鑑をチェックしたがこれだと確信できる植物が見つからない
葉の形状から判断してトウゴクサバノオと推定しその旨ブログにアップしたのだが、同行した友人からこの植物はヒメウズではないかとの指摘があり検討した結果
訂正することとした
葉の形状はトウゴクサバノオもヒメウズもよく似ているが花がすべて下向きなのでヒメウズで間違いないと思う
b0144049_18022285.jpg
b0144049_18024069.jpg
b0144049_18025324.jpg
シロバナエンレイソウ
おなじみのシロバナエンレイソウ
群生とまではいかないが数がまとまっていて存在感があった
b0144049_18294496.jpg
ユキザサ
同じユリ科のゆユキザサも咲き始めたところだった
どちらも純白で緑の葉との対比が清々しい
b0144049_18301668.jpg
クリンユキフデ
タデ科の植物かなと思って適当にシャッターを押したが帰ってからチェックしてみるとどうもクリンユキフデらしい
過去に出会ったのは櫛形山や白馬などの高山なので多少疑問は残るのだが
b0144049_18440794.jpg
ルイヨウボタン
林下に黄緑色の花を見つけた
ルイヨウボタン、漢字で書くと類葉牡丹である
メギ科なのでイカリソウなどに近い植物のようだ
b0144049_18461811.jpg
b0144049_18463331.jpg
b0144049_18465185.jpg
カキドオシ
こちらは普通種のカキドオシ
フィールドにはスミレなど色の鮮やかな花が見られなかったのでシャッターを押した
b0144049_22585987.jpg
ムラサキケマンとトラマルハナバチ
ムラサキケマンは数が多かった
吸蜜に来ていた蜂は最初クマバチかと思ったが腹部にも胸部と同じような毛が生えているのでトラマルハナバチのようだ
b0144049_22592206.jpg
b0144049_22594351.jpg
b0144049_23000478.jpg



by mustachio | 2018-05-20 15:00 | Comments(0)


<< 5月の箱根・湿生花園      蝶鳥天国中部タイ撮影記(野鳥編4) >>