還暦からのネイチャーフォト

mustachio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 25日

初冬の鳥たち(伊豆沼・蕪栗沼)

b0144049_14575804.jpg
伊豆沼・蕪栗沼の撮影行はマガンの数に圧倒されてvol.1をマガン特集にしてしまったが、もちろん他の鳥も撮影した
結果としてvol.2はマガン以外の鳥となってしまったが、マガンよりレアな鳥も多いので内容的にはこちらがメインになるかもしれない


カリガネ
マガンは英語でGreater White-fronted Gooseだが、こちらのカリガネはLesser White-fronted Gooseという
つまりカリガネはマガンの小型版なのだ
大きさ以外、外見はほとんど変わらず、額の白色部分が少し大きく目の周りに黄色いアイリングがあるのがカリガネの特徴である
マガンに比べると圧倒的に数が少なく、しかもマガンの群に交じって同一行動をとっているため探し出すのは大変だ
以下の写真でもマガンの群と同居しているが3羽だけ目の可愛いカリガネがいるのがお分かりいただけると思う
b0144049_14581987.jpg
b0144049_14583571.jpg
b0144049_14590640.jpg
b0144049_14592801.jpg
ハクガン
こちらのハクガンもマガンの群に交じって同一行動をとる
カリガネと違って外見が純白なのですぐ見分けることができるのだが残念ながらか数が少なくマガンと一緒に飛んでいるところを2、3回見かけただけだった
(地上に下りている群れの中にハクガンがいないか必死に探したが1度も見つからなかった)
実は2年前このハクガン(幼鳥)が東京に現れて冬の間滞在している
その時のブログにリンクを貼るのでご参照ありたい

b0144049_15292576.jpg
b0144049_15293318.jpg
シジュウカラガン
個人的にシジュウカラガンは初対面ではないかと思う(7年前に伊豆沼を訪れた時には1羽も見なかった)
この鳥によく似たカナダガンのほうはカナダなどで何回も見ているが両者は微妙に違う(シジュカラガンは黒い首と茶色の胸の間に白い輪があるのだがカナダガンにはこの輪がない)
もともと冬鳥として日本に渡来する数は多かったようだが、繁殖地のカムチャツカ地方で数が激減し一時期日本ではほとんど見られなくなってしまった
ところがロシアでシジュウカラガンを保護再生する活動が功を奏して最近では数が増え日本にもかなりの数がやってくるようになったという(キツネの食害を避けるためキツネのいない島に繁殖地を移したと聞いている)
そのシジュウカラガンもマガンの群と同一行動をとっていたが、数が多いのでグループ内小グループを構成しかなり存在感があった
b0144049_17160252.jpg
b0144049_17162402.jpg
b0144049_17164226.jpg
b0144049_17170496.jpg
b0144049_17173469.jpg
b0144049_17175917.jpg
オオヒシクイ(ヒシクイ)
ヒシクイは亜種のレベルでオオヒシクイとヒシクイに分かれる
オオヒシクイのほうが個体数が多くヒシクイは探しても見つからなかった
この鳥もマガンと大きさがほぼ同じで全体の色も似ているが、嘴が黒と黄色(オレンジ)の2色構成で額の白色部もないことから見た目はだいぶ異なる
こちらはマガンと同一行動はとらず群れも全く分離していて生活場所も別だ
現地で観察した限りでは、昼間でも田んぼのほうに移動せず池の中でじっとしていることが多かった
b0144049_17553091.jpg
b0144049_17555352.jpg
b0144049_17562912.jpg
b0144049_17570474.jpg
b0144049_17581184.jpg
b0144049_17583135.jpg
b0144049_17585400.jpg
b0144049_17591431.jpg
b0144049_17592927.jpg
b0144049_17594537.jpg
b0144049_18004001.jpg
ヘラサギ
オオヒシクイの群の近くに1羽のヘラサギがいた
英名Eurasian Spoonbillが示すようにユーラシア大陸の鳥で嘴がスプーンのように平たい個性的なサギである
海外で見る機会は多いが日本では数が少なく、鳥屋さんには人気がある鳥だ
b0144049_21531049.jpg
b0144049_21531767.jpg
アオサギ
こちらもユーラシア・アフリカ系の鳥だがいわゆる普通種で日本でもたいていの地域で見られる(我が家に近い石神井公園でも見ることができる)
たまたま小魚を捉えたところだったのでシャッターを押した
b0144049_22021322.jpg
b0144049_22022653.jpg
b0144049_22035093.jpg
マガモ
普通種といえばこのマガモも典型的な普通種なのだが3日間で見かけたのは1、2度しかない
マガンの勢力にマガモが圧倒されてしまったのだろうか
b0144049_22040690.jpg
オナガガモ
7年前の伊豆沼訪問時にはマガモと同じくらい数が多かったオナガガモも数えるほどしか姿が見えなかった
激変である
観光客の餌やり規制が原因ではないかと思われるがここまで数が減ってしまうと規制緩和も必要ではないかという気がしてくる
(我が家近くの石神井公園など東京の公園でも同様の現象が起きている)
b0144049_22165693.jpg
b0144049_22171919.jpg
b0144049_22174192.jpg
オオホシハジロ
蕪栗沼にオオホシハジロがいた
近似種のホシハジロは旧大陸(ユーラシア・アフリカ)の鳥なので日本では見る機会が多いが、オオホシハジロは主として北アメリカに生息するため日本ではめったに見られない
嘴が黒く頭頂から嘴先端へのラインがなだらかなことがホシハジロとの識別ポイントのようだ
b0144049_11411736.jpg
カンムリカイツブリ
こちらも珍しい鳥
というか、カンムリカイツブリ自体は最近数が増えていて冬の茨城の海では成鳥が普通に見られる
写真の鳥はなぜ珍しいかというと顔や首の斑紋からわかるように幼鳥なのだ
カンムリカイツブリの繁殖地はユーラシア大陸の内部で日本で繁殖するケースは少ない つまり日本国内で幼鳥を見るチャンスがめったにないということである
b0144049_11412786.jpg
ツルシギ
オオヒシクイの群の中でツルシギが3羽泳ぎながら魚を取っていた
冬羽なのでぱっとしないがこの鳥の夏羽は背中に白斑のある黒装束でチャーミングだ(黒い顔に白いアイリングがある)
旅鳥として日本に来るが渡来数は激減しているという
b0144049_11414696.jpg
b0144049_11415690.jpg
エナガ
ブログタイトルを「初冬の鳥たち」としたがエナガは留鳥(または漂鳥)で渡り鳥ではない
それなのに寒くなりかけた頃の出会いが多く個人的には「初冬の鳥」のイメージなのだ
可愛い小鳥だが動きに落ち着きがないので撮影は結構難しい
b0144049_12175561.jpg
b0144049_12180788.jpg
モズ
モズも留鳥(または漂鳥)なのに初冬の鳥のイメージが強い
山地に住むモズが冬になると平地に下りてくるからだろうか
b0144049_12181964.jpg

b0144049_12182663.jpg
ムクドリ
こちらも留鳥で夏でも周辺に見られるのだが、寒い季節に目立つような気がする
マガンのように集団行動をとることが多いのだが一匹狼的な個体もいる
b0144049_12183800.jpg
b0144049_12185256.jpg
ミヤマガラス
ハシブトガラスやハシボソガラスもいるのだが1度もレンズを向けなかった
こちらのカラスはミヤマガラス
渡り鳥(冬鳥)でハシボソガラスより少し小さく嘴の基部が白っぽい
b0144049_14512336.jpg
b0144049_14515806.jpg
b0144049_14525986.jpg
チョウゲンボウ
ホバリングしている小型の猛禽がいた
チョウゲンボウである
どちらかというと国内では北国の鳥のようだが繁殖地を南のほうに拡大中と聞く
b0144049_14530906.jpg
b0144049_14532253.jpg
ノスリ
マガンの群が採餌している刈り取り済の田んぼにはノスリが多かった
猛禽らしい精悍な表情を比較的近い距離から捉えることができた
b0144049_16163663.jpg
b0144049_16170723.jpg
b0144049_16173799.jpg
b0144049_16181002.jpg
b0144049_16184661.jpg
コハクチョウ
最後の鳥は「白鳥」
伊豆沼・蕪栗沼(登米市)周辺ではコハクチョウが全く見られなかった
帰路、古川市の周辺でマガンと混在するコハクチョウの群を見つけた
オオハクチョウと比べると嘴の黄色い部分の割合が小さい
コハクチョウはオオハクチョウより南で越冬するといわれるが、それほどシビアな棲み分けが行われているのだろうか
b0144049_16542668.jpg
b0144049_16545074.jpg
オオハクチョウ
マガンの里でマガンの次に存在感があったのはやはりオオハクチョウである
雁よりも大きく純白なので飛翔中でも採餌中でも目立つ
まだ日本へ来たばかりだろうと思うがすでに求愛活動を始めている個体もいた
春になって北へ帰るときはカップルを固定して出発するのだろうか
b0144049_17070807.jpg
b0144049_17074735.jpg
b0144049_17081799.jpg
b0144049_17083681.jpg
b0144049_17085835.jpg
b0144049_17092885.jpg
b0144049_17095678.jpg
b0144049_17103516.jpg
b0144049_17110736.jpg
b0144049_17113188.jpg






by mustachio | 2017-11-25 15:00 | Comments(0)
2017年 11月 22日

マガンの里(伊豆沼・蕪栗沼)


b0144049_20591139.jpg

11月14、15,16日の3日間、宮城県登米市を中心に探鳥をした
有名なバードウォッチングのポイントである伊豆沼と蕪栗沼周辺の地域である
(以前訪れたのは確か7年前、東北大震災より前だった)
冬になるとこの地域にはマガンの群が飛来し刈り取りの終わった田んぼで落穂を採餌する
その数は8万羽ともいわれ、とにかく半端な数ではない
14日の午後から16日の午前中まで実質2日間、写真を撮って回ったので2回に分けてご紹介したい

マガンの棲む環境

マガンは冬鳥、繁殖地は北極海沿岸で冬になると南に渡ってくる
「雁が渡る」シーンは子供のころから馴染み深いが、実際のところ関東地方では雁の渡りを見る機会は非常に少ない
宮城県の伊豆沼と石川県の鴨池がマガンの終結地として有名で、そのあたりが生息地(越冬地)としては南限のようだ
(今年は関西でもマガンが飛来しているとの情報があり、少しは様子が変わるかもしれないが)
今回訪れた登米市は東京から車で4時間程度、伊豆沼や蕪栗沼はラムサール条約の対象となる生物の保護地域である

周辺は水田が広がり、マガンや白鳥などの水鳥は昼間稲刈りの済んだ田んぼで採餌し、夜は外敵に襲われることのない沼に集まって眠る
棲息環境は写真の通りだ

b0144049_22013147.jpg
b0144049_22020940.jpg
b0144049_22024101.jpg
b0144049_22030373.jpg
b0144049_22031771.jpg
b0144049_22033842.jpg
周辺の動植物
11月の東北はもう冬の世界、それほど寒い日ではなかったのに周辺では野草も昆虫もほとんど見られなかった


セイタカアワダチソウ
唯一元気だったのがセイタカアワダチソウ
最近、都内では全く見かけなくなってしまったが、この地域ではまだまだ勢力が衰えないようであたり一面を黄色に染めていた
b0144049_17044233.jpg

b0144049_17135415.jpg

オオマツヨイグサ
夏の花のイメージがあるのに意外と元気に咲いていたのがオオマツヨイグサ
こちらも帰化植物だが、外国の植物は日本の植物よりタフなのだろうか

b0144049_17151224.jpg
ヒメジョオン
日本の植物でもキク科の花は晩秋に咲くものが多い
撮影時にはヤマジノギクかと思っていたが、帰宅して調べてみると東北には分布しないようなので、この花はただのヒメジョオンのようだ
b0144049_17155335.jpg
トキワサンザシ
蕪栗沼など野鳥観察ゾーンには季節がら赤い実が多く見られた
ツルウメモドキなどの実は数が疎らで写真写りが良くないため、実をたくさんつけた植物を撮影したが、帰って図鑑を調べてみると西アジア原産のトキワサンザシらしい
わかりやすくいうとピラカンサのことでピラカンサなら東京の我が家の庭にもある

b0144049_18031501.jpg
アキアカネ
昆虫類はモンシロチョウを1頭と写真のアキアカネのペアを確認した
この時期のアキアカネは終末が近いはずなのだが、健気に種族維持活動に励んでいた


b0144049_18035293.jpg


マガン/朝の飛び立ち
前置きが長くなってしまったがマガンの話に入りたい
マガンは夜の間、猫などの外敵から襲われにくい湖面で眠り、朝になると周辺の田んぼなどに採餌に出かける
数千羽単位の雁が一斉に飛び立つのでその羽音は大変な迫力である
カメラマンは5時起きで暗いうちから現場に待機するのだが、朝焼けの空をバックにした飛翔風景は素晴らしく、1時間ほど興奮状態でシャッターを切り続けることになる
b0144049_14590826.jpg

b0144049_14593996.jpg

b0144049_15000526.jpg

b0144049_15004395.jpg


b0144049_15012198.jpg


b0144049_15015044.jpg


b0144049_15021942.jpg


b0144049_15025012.jpg
マガンの群
人間もそうなのだが、動物にも植物にも群を作るタイプとそうでないタイプがある
イメージ的に浮かぶのは動物でいえばアフリカのヌーの大群、鳥ではフラミンゴの大群などである
昆虫ではバッタの異常発生などがあるが大群と呼べるような群れをつくるのは蚊ぐらいだろうか
群を形成していると外敵から襲われても被害が限定的になるというメリットがあるが、食料確保という点では明らかにディメリットだ
種族保存のためのメリットとディメリット双方のバランスで群の大きさが決まるのだと思うが、8万羽以上という雁の群を冬の間食べさせてくれるだけの十分な穀物(落穂)がこの地域にはあるのだろうか
b0144049_15381062.jpg
b0144049_15385096.jpg
b0144049_15392386.jpg
b0144049_15401049.jpg
b0144049_15404141.jpg

b0144049_15411808.jpg
b0144049_15414673.jpg
b0144049_15425791.jpg
b0144049_15433223.jpg
b0144049_15440170.jpg
マガン/昼の生活
朝、水面を飛び立ったマガンは昼の間も群を形成して行動する
採餌場の競合を避けるため連隊は中隊、小隊レベルに分散するが、それでも結構まとまった数での行動になる
マガンの群の中にシジュウカラガンやオオハクチョウが混在するケースも多々ある
農作業をする人や耕運機などの機械には慣れているので近づいても平気なようだが、カメラマンなどには敏感なため近距離での撮影は車の中からになることが多い
猫などの動物やオジロワシなどの猛禽類の動きには非常に敏感で、採餌中の群が一斉に飛び立つことも多い
b0144049_17291013.jpg
b0144049_17285141.jpg
b0144049_17294490.jpg

b0144049_17301542.jpg

b0144049_17320452.jpg

b0144049_17324104.jpg

b0144049_17333399.jpg

b0144049_17342364.jpg

b0144049_17345402.jpg

b0144049_17351430.jpg
マガン/個々の表情
とにかく数が多いので写真も群の撮影が主体になってしまうが、個体もなかなか可愛い
ただ日本は越冬地で繁殖地ではないため求愛行動など特殊な動きは全く見られない
彼らは日がな一日、食っているだけなのだ
次号(vol.2)で近似種との識別ポイントにも触れるが、マガモの基本形は脚と嘴のオレンジ色、額(嘴の基部)の白、胸のまだら模様などがチャーミングポイントになる
アイリング(目の周りの黄色いリング)はマガンにはない

b0144049_18083314.jpg
b0144049_18085180.jpg
b0144049_18114148.jpg

b0144049_18130038.jpg
b0144049_18120034.jpg
b0144049_18132352.jpg
b0144049_18133936.jpg











by mustachio | 2017-11-22 17:00 | Comments(0)